• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『ウォンテッド』(Wanted)

Wanted! (by Bramus!)
(とりあえず、西部劇や海賊モノではないようだ)

これは自分が自信を持ってお勧めする、満点に近い映画です!

タイトルだけ聞くと、サッパリとジャンルが分かりませんが、

「超ウルトラメチャメチャど派手なサスペンス・アクション映画!」

というところでしょうか。

まるで肉弾戦のようなカーアクションがテンポ良く展開し、スローモーションの使い方も上手で、そしてなんといっても、

「スーパアルティメットそんなんありえへんやろ逆再生!!」

が見どころです。映画の中で、これほど特徴的な逆再生シーンを使ったのは、本作以外には見たことがありません。

また、アクションばかりに注目されがちですが、ストーリィも良くできていました。ちょっとした「犯人は誰だ」的なミステリィ要素もあり、最後にどんでん返しまであります。

とにかく盛りだくさんの内容なのに、中だるみもなく、さりげなく

「人は──自分は、何のために生きているのか」

みたいなスパイスまで利いている。

これはぜひとも家族や恋人・友人たちと週末に観て、感想で盛り上がって欲しい映画です!!(日曜日の夜中に書くことではない)

あと、「洋画は字幕派!」という人も、一度は日本語版の音声を聞いてみてください。主人公の声は、なんとタレントの DAIGO さんが担当しています。これがまた、聞いたら一生忘れられなくなるような声でした。

迫力のアクションシーン

映画が始まってすぐに、

オヤジが全力疾走して──空を飛び──銃を撃ちながら──ビルに突っ込む

という場面があります。

──もう、この時点で DVD を取り出したくなりますよね? 自分は思った。

ところがところが、この直後に、上で書いた「超・逆再生」が登場するのです。これがビックリした! 何が驚いたのかというと、

「え、そんなムチャクチャなことを、大真面目な顔でやっちゃうの……?」

と正気を疑ったのです。

──『バクマン。』のシュージンは、この映画を観て「シリアスな笑い」を勉強したほうがいいと思う。

てっきり、「なるほど、超能力者の戦いなのか」と思いながら見ていましたが、

スパイダーマン』よりはリアル寄り、『ダークナイト』よりは SF(すこし・ふしぎ)気味

という感じでしょうか(余計に分かりにくい?)

そういえば、同じくモーガン・フリーマンが出てくる『ダークナイト』もカーアクションが派手で良かったですね。『ウォンテッド』も負けておらず、

「スタイリッシュなようでいて、野獣と野獣との戦いのような」

車のぶつかり合いには、目を見張りました。

アンジェリーナ・ジョリーが出演しているため、『Mr.&Mrs.スミス』を思い出しますね。

『Mr.&Mrs.スミス』 ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー : 亜細亜ノ蛾

ガンアクションについても書きたいのですが、あまり書くとネタバレになるので、このあたりにしますね。続きは DVD・ブルーレイで!

声優・DAIGO の実力

自分は、テレビを観なくなってから、もう何年にもなります。そのため、芸能人の情報にはウトい。

主人公・ウェスリーの声を担当した DAIGO さんのことも、くわしくは知りませんでした。意識して声を聞いたこともないと思う。下記リンクのネタで笑ったくらいですね。

VIPPERな俺 : DAIGOだらけのバイオハザード

それで、ウェスリーの声を聞いた時には DAIGO さんとは知らずに、

「な、なんという──キモくてムカつく声なのか……!」

と逆に感動しました。

「スゴイ、さすがは声優さんだけあって、主人公の気持ち悪さを見事に表現している」

と感心したのです。DAIGO さんをよく知っている人でも、ウェスリーには腹が立ってくるのでは?

──ん? なんだか悪口を書いているような気がしてきましたが──、この声は大正解でした!

なぜかというと、この映画には「ダメダメなボク」が表現できて、初めて成り立つのです。それに、後半はビジュアル的にも(筋肉ムキムキ)声質も、主人公は格好良くなる。ニクい演出です。

観たキッカケ

近所のレンタル店で、レンタルのランキングが 1 位の棚に、この映画の DVD が置いてありました。

──という、オナジミの展開です。過去に何度か痛い目にあって、『地球が静止する日』はまあまあだったけれど、M・ナイト・シャマラン(ツマラン)監督の『ハプニング』はサイアクでしたからね!

地球が静止する日 - キアヌ・リーブス主演の少し不満足な SF 大作 : 亜細亜ノ蛾

そんなワケでとくに期待もせず、なんだったら見終わるまでは、タイトルすら覚えていなかったという。

DVD を再生し始めて数分後に、ようやく「──あ、コレ、映画館で告知を見たことがある」と気がつきました。時期的に考えて、『DEATH NOTE』の“L”が主人公の映画を観た時でしょうか。

『L change the WorLd』 L と子役が神がかりの演技 : 亜細亜ノ蛾

『ウォンテッド』の予告編を見た時には、「ああ、これはスベルな……」と思ったものでした。

──明らかに、「B 級くさい」のです。

そう思って(気分的にはスクリーンにポップコーンを投げつけるように)映画を見つづけていると──、

これは面白い!

設定も演出も、たしかに B 級以下に落ち着きそうなのに、キセキ的に「面白映画」の位置へと着地しているのです。一つ一つはよくあるマンネリな部品なのに、組み立て方が良かったのでしょう。

『ウォンテッド』というタイトルについて

それにしても、よく『ウォンテッド』なんてタイトルが、ほかとカブらなかったな──、

と思ったら、ありまくりだった。

ウォンテッド - Wikipedia

まぁ、「さくら」というタイトルの歌謡曲よりは少ないケド。

同じタイトルの曲で一番多いのは? - varusu.com

おわりに

かなり楽しく観られたので、自分の庭であるウェブで『ウォンテッド』の評価を探してみると──、ものすごく低評価なのです。

自分くらいにこの映画を絶賛している人は、あまりいないようですね……。

──ああ、良かった! 自分がマイナな人間であることを再認識できて(こういうマイナ志向の人って多いよね)(←矛盾)。

[2] このページの一番上へ戻る