• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 86 ページ 「勝ちと負け」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 25 号)

Business Opening Cake (by Cake Girl by Hyeyoung Kim)
(チキン型のケーキなんてあるわけが──あった)

今週号の『バクマン。』は、サブタイトルが「勝ちと負け」でした。

──ん? どこかで見たことがあるタイトルだな……。そう、『HUNTER×HUNTER』のサブタイトルが「勝負」なんですね。

その前にも、『バクマン。』で「シリアスな笑い」の話題が出れば、『H×H』で「ゴンさん」と登場させて応える──。

ううむ、何というシンクロニシティなのでしょうか! これは、そのうちに何かが起こりそうですね。

──たとえば、誰かが休暇に入る、とかね……(ジャンプのネタバレはマジかんべんな!)。

これで お願いします

編集者の中で港浦が評価しているだけだと、「太鼓判(太鼓のようなハンコ)をおす」というよりも、「判太鼓(ハンコのような太鼓)を叩く」という感じで、いかにも頼りない。

今回、相田が大笑いしている場面を見て、やっとひと安心しました。

──そういえば、いつも辛口の相田(「15 ページ」)だったはずですが、あまり彼の批評を聞きませんね。主人公である亜城木夢叶の担当が相田班なので、身内かわいさに口も甘くなるのでしょう。

相田も「丸くなった」というところですね(ツッコミ待ち)。

やったな !

このページは、マニアックな層に指示を受けそうです(?)。いい年したオッサンが顔を上気させながらマンガを読んでいたり、『釣りバカ日誌』に出てきそうな港浦が喜んでいたり──。

相田が言うように、感想が長々と書いてあったり、解説になっていたりすると、その作品自体がつまらなく感じてしまう。

──自分も、マンガや映画の感想を書いている。ダラダラとした筋書き紹介になりがちなので、これからも気をつけます。

それにしても──、港浦が『完全犯罪クラブ』(仮題)の原稿をまっさきに見せるべきなのは、服部でしょう。それなのに、原稿の進行状況も港浦は伝えずに、締切日にも服部は後回しです。

──それはそれで、裏方に徹している、服部らしいエピソードですケド。

『完全』を読んだ服部の感想は、かなり手応えがありましたね。珍しく、服部まで顔が赤くなっている。

ここまで相田・服部の評価が高いとなると、たんなる身内びいきではなく、『完全』が本当に面白いということですね。できれば、その面白いネームと原稿を、自分も読んでみたいものです。

本当に いいのかよ

結婚して 初めての クリスマス イブ──なんて、ステキやん? 小説の書き出しか、タイトルに使えそう。

この 3 人のやり取りも、コントのようでいて自然で、見ていて微笑ましいです。カヤがのろけて──サイコーがとまどって──シュージンは「ほがらかな夜神月」みたいに落ち着いている。

普通の恋人同士であれば、クリスマスに会えないなんて、寂しいはずですよね。まわりの人間も、すこし気を使ってしまう。

ところがサイコーと亜豆は、そんな世間の意識とは、良い意味でズレています。離れていても通じ合う仲だなんて、ステキにもホドがある!

マジ 美味!

カヤは料理が得意です。そのため、サイコーと同じく、てっきりカヤがケーキを焼いたのかと思いました。

オクサマが運んできたのは、たんなるケーキではなく──

──恋心だったのです。

いわば、『恋の宅配便』ということで、これまた作品のタイトルにピッタリですね(自分で書いていて照れるけど)。

今週号の前半は、メルヘンの目白押しコンボやー!(あの人の声で)

どうでもいいけれど、このページのシュージンは、「アゴとんがり病」が発症している……!

あたしも 聞いてない

うれしいサプライズは、まだ続きます。

この場面では、メモリースティックを使うという、現代的なアイデアが洒落ていますね。SD メモリだと間違えて食べてしまいそうだし、メールだと味気ない。

──一昔前だったら、ケーキの中にビデオテープをムリヤリ押し込んだのでしょうか。

シュージンがパソコンに USB メモリをセットする場面では、なぜか下の書き込みを思い出しました。

J( 'ー`)し たかしへ:アルファルファモザイク

──あ、『スーパーハカー・亜豆さん』というのも、マンガのタイトルに持って来いだな……。

[2] このページの一番上へ戻る