• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 88 ページ 「表現力と想像力」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 27 号)

NY Yankees Are Pussies (by Pro-Zak)
(彼とタッグを組んだら強そうだ……!)

「表現力」とは何だろう。

いかにも「辞書辞書した」意味あいはともかくとして、マンガにおける「表現力」とは──、

──分かりやすさ

この一語に尽きると思います。

一般的に「マンガの表現力」として例に挙げられるのは、絶対に自然界にはあり得ない擬音や、斜めに切り取った構図や、妙な立ちポーズなどでしょう。

ようするに──、

──ジョジョっぽい、ぶっ飛んだイメージ。

自分が思うに、『ジョジョ』がスゴイのは──荒木先生の素晴らしいところは、一般ピーポー(×ウェカピポ)な読者にも「何か──スゴイ!」がストレートに伝わるように、分かりやすく描いているところです。

まずは、読者に分かりやすい「表現力」を身につけて、それから自分なりの個性を出す「表現方法」を見つけ出す。それが一番ではないでしょうか。

(──と個性について書いておきながら、今回の文章は、京極夏彦先生みたいな「──」の使い方を多用して失敗している、というメタ的な構造)

いいんでしょうか?

前回のラストから引き続き、浮かない表情をしている服部ですが──、

──その髪型だけは主人公レベルだ……!

纏(てん)”状態(ムリヤリに原稿をまとめ上げる)・あるいは「スーパー編集人」というところです。

──それはさておき……。

悩んでいた理由がまた、服部らしいですね。以前に、仕事は 大胆なことをする、と服部のことを雄二郎は評価していました。しかし、他人を利用することを、服部自身は快く思っていません。

──服部はどこまでも、優しい。

──その優しさが、作家を育てる。

──しかし、その優しさは──、

──オトメゴコロを傷つけてしまう……。

ともあれ、傷の浅い内に岩瀬と服部は離れて良かった、と思います(この点については、また最終ページの感想の時に書く)。

あと、席を立とうとする服部が──乙女チック(乙女ちくね)でアフロ噴いた。

新妻師匠レベル

福田の出番が減っている、と前回の感想で書いたら──、久しぶりに「福田組組長」が登場です!

相変わらず、福田の帽子の中身(もしかして: )と蒼樹嬢への想いについてはトップ・シークレットですが、マンガに対する彼の熱い思いは変わっていない。煮え切らない順位に甘んじるよりは、新作への移行を福田は目論んでいます。

そういえば、連載中の作家さんが描く読み切りマンガが、たまに「ジャンプ」に載ります。今回の福田のように、普段よりも熱のこもったペンで描いているのでしょうね。

もしも『KIYOSHI』の連載が終了すれば、ほぼ同時期(幅はあるけれど)に連載を始めた「福田組」作品の中で、残っているのは──『CROW』と『ラッコ 11 号』だけです。

──あらためて、平丸のスゴさを思い知る……!

服部 半年だ

服部の真意を知ってか知らでか──、非常に高い基準を編集長は要求してきました。

勢いに乗って(乗らされて)シュージンの口から出た言葉が、どこまでも亜城木夢叶を追い詰めますね……。「男の言葉に二言はない」などという時代がかったセリフが、このゲンドu ──編集長の好みなのでしょう。

振り返って考えてみると──、『疑探偵 TRAP』が高い順位にいたのは、すこしの間だけでした。読者の視点──亜城木をヒイキして見ると、

「『TRAP』は面白いのに、順位が落ちたのは運が悪かった」

と思いますよね。でも、実際は、

「そこそこ面白いし、ほかに似たジャンルがなかったから」

という理由だけで『CROW』と並ぶところまで来た──のではないでしょうか。そうではないと、休載から復帰後に、人気が急落した理由が分からない。

つまりは──、あの当時の亜城木では、サイコーが入院する前・退院した後のどちらでも、『CROW』とは差があった、と思うのです。一時期は近い順位に並んでも、いつかは離されていた。

だから、サイコーもシュージンも、

「『TRAP』は『CROW』に並んだこともある……!」

といった過去のことは忘れて、『完全犯罪クラブ』に集中して欲しいです。

半年で競える作品に

服部にとっても亜城木にとっても、苦しい状況になりました。

しかし──、これは亜城木夢叶の望んだ結果──いや出発点です。追い込まれてこそ、二人は実力が発揮できる。

それなのに、服部が沈んでいては──ダメでしょう。それこそ、亜城木にとっては出鼻を くじかれた形になってしまいます。

連載の立ち上げ方などは大胆なのに、真面目過ぎる──。亜城木夢叶と服部は、本当によく似ていています。そんな彼らを、雄二郎と港浦が支えてくれる。

マジメな亜城木・服部と、イーカゲンな雄二郎・港浦とは、お互いに支え合うことでバランスが良くなります。非常にありがたい関係ですね。

──「強敵」と書いて「とも」と呼ぶ者同士で戦い合い、

──「仲間」と書いて「とも」と認める同志は助け合う。

──それが、漢(おとこ)の生きる道──。

あの 2 人の 喜びようを

担当が港浦から服部に戻ることを聞いて、サイコーとシュージンは喜びました。

それは、港浦にとっては──ちょっとツラかったはず。『走れ! 大発タント』を立ち上げる前の独りよがりな港浦だったら、ヘンに落ち込んだり、ねたんだり──したかもしれません。

港浦は、『タント』の連載中に、自分のことばかりではなく、他人のことまで考えられるようになりました。そのおかげで、今は「服部先輩」のことを思いやっている。

──亜城木の事務所に初めてやってきた時の──、

──勢いだけで自己中心的な港浦は──、

──もう、いない。

[2] このページの一番上へ戻る