• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 88 ページ 「表現力と想像力」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 27 号)

Spinning Top (by Keith Barlow) (「間」に困った時には、とりあえず回そう)

今回の服部が言った、エイジの勝っているところ──マンガとしての 表現力とは、基本中の基本のことでした。

マンガを読むだけではなく、描き方まで知っている人には、「そんなことなの?」と拍子抜けしたでしょう。

──それでも、基本こそ大事です。

基本ができていなければ論外だし──、基本だけできていても面白くない。マンガは──創作は、「基本・プラスアルファ」の繰り返しです。

例えば 遠近感のつけ方

新妻エイジのように、子どものころからずっとマンガ一筋で、デビューしてすぐに人気作家となった人が、いまだに、

──キャラに入り込んで描けている

飽きたりせず、妥協したりせず、計算高くもならずに、ずっと(公私ともに)キャラクタになりきってマンガを描き続ける事は、ムズカシイ。だからこそ、エイジは天才なのです。

『+NATURAL』の原作を持ってくる、と服部は言う。いくら原作者本人──岩瀬(秋名愛子)が見せたがっているとは言え──、

──何かの規約違反なのでは?

人気を取るためならば、本当に手段を選ばないつもりなのか、服部──!

やる気出して くれたってことだ

──と思ったら、公表して何の問題もない「原作」だった。

小説版の『+NATURAL』は、『DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件』に似ている。──と思って本のデザインを調べたら、ぜんぜん似ていませんね。

──どちらも「黒い」というだけだった。

──原作者の「腹の中」──ではなく本が。

岩瀬の原作を読んだサイコーは、エイジの想像力を評価しています。ほかの編集者たちと同様に、

「この原作からあのマンガに仕上げられる──新妻エイジはスゴイ!」

という結論になりそう。

おそらく、岩瀬は自信満々で、原作を亜城木夢叶に──シュージンに読んで欲しかったに違いない。マンガ『+NATURAL』が世間に評価されているのは、原作の──自分の力だ、と。

しかし、現実には、よりいっそう──エイジの評価が高まっただけでした。

省けるところは省き

原作を完全に自分の マンガにしているところが、エイジの優れている部分ですね。原作以上の作品に仕上げている。

ただし、だからといって「岩瀬はダメだ」というわけではありません。

エイジをここまで熱くさせた原作者は、いまのところは、ほかにいない。それに、まったく話を変えているわけではないのだから、やはり、岩瀬の書いた原作も面白いはず。

サイコーが発見した、亜城木作品の弱点は、間のコマがないことでした。

これまた基本的なことのようで、案外ウマく間を取っているマンガは少なかったりします。

──間のコマを意識して入れることは、技術でできる。

──入れた間によって、作品に深みを出すには──、

──センスが必要だ。

『HUNTER×HUNTER』を見れば分かるとおり、冨樫義博先生は、間のコマの入れ方が絶妙にウマい。単純な「状況の説明」で終わっていないのです。

ちゃんと引き継ぎもせず

元気に去っていく港浦の姿が、頼もしい。

ただ、この場でもうすこしだけ、ネームの作り方や打合せの方法を学んだ方が──、港浦にとっても良かったと思います。

──こういう点が、港浦には抜けている……。

おかげで 迷いが晴れたよ

港浦が言うとおり、服部は、秋名へ港浦をちゃんと紹介するべきですね。いつものように、そういう場面はあったとしても、カットされているのでしょうか。

でも、港浦を紹介する服部と──、無言でキッとにらむ岩瀬を、ちょっと見たかった(悪趣味)。

本当に 頑張らないと、という港浦の決意は、これで何度目だろうか……。

[2] このページの一番上へ戻る