• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 89 ページ 「タイトルとキャラデザ」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 28 号)

ジャンプの主人公の中には、二面性を持ったキャラクタが多いですね。このあたりは、xx-internet 氏がまとめていたはず──、そうそう、これだ。

ジャンプ漫画の主人公と二面性 - イン殺 - xx

上のページの一覧を見ると、いまのジャンプは D タイプ──ほとんど二重人格な主人公ばかりですね!

下のページで序盤に書いた条例の中の人たちか、名前に P と T と A が付く団体から、悪い意味で「マンガ脳」とかなんとか言われそう。

バクマン。 #88-2 「表現力と想像力」 石灰岩と定石 : 亜細亜ノ蛾

その目に気付く者

正月2008 104 (by merec0)
(猫「正月だからテンション上がってきた」)

『完全犯罪クラブ』の主人公である地光計(ちみつ けい)は、ネームの段階だと──もっと暗い少年に感じました。とても、友だちと楽しく会話しながら 給食を取っている──なんて思えない。つまりは──、

──二面性がある──ということか。

この主人公も、急にパワーアップしたり変身したりして、フ女子人気にグッズ爆売れでウハウハ!(?)──となったりして。

ところで、作者の大場つぐみさんとシュージンは、似たようなネームを描いている──となんとなく思っていました。

──何と失礼な!

大場さんは、「とっても」かわいらしい味のあるネームを描くことは、コミックスを読めば分かります。それに対してシュージンは──、いまだに棒人間のネームだったのか……。

間もコマ割りも 自由に取れる…

たしかに、この棒人間に引きずられたネームを描くのは、作画担当のサイコーからしたら、イヤでしょうね。サイコーの力が、知らぬ間に制限されていたのかも。いま、そのリミッタが外される──、おお、主人公っぽい!

サイコー自身が、サラッと重要なことを言っています。

──原作はネームじゃなきゃ ダメと決めつけたり、

──王道でトップを獲ると言って原稿を捨てたり、

──連載を急にやめたいと言い出したり──、

いつもいつも、サイコーのワガママに、まわりの人間が振り回されている。サイコーは自分のことを「M」だと自称していましたが──、

──「マイペース」とか「マイルール」の M だと思う。

文章の原作は、作品をより良くするためには、最高の手段だったようです。しかし、今まで以上に時間がかかる。『走れ! 大発タント』ほどは苦労しないと思うけど、これから先、大丈夫か?

正月なんて暇じゃん

現在は「絶賛求職中(休職中)」の自分です。いままで働いていた場所は、すべて年中無休でした。そのため、自分も正月はほとんど出勤していましたね。サイコーが言うとおりにヒマだし、仕事は楽だし、その上(気持ち程度の)ボーナスが付いたりする。

そういえばちょうど、ウェブ上で「土日・祝日・祭日は、国民全員が休むべきであり、24 時間年中無休のコンビニエンスストアも閉めるべきだ」といった主旨の文章を読みました。

──まぁ何というか──、微笑ましい意見ですね。

国民が──自分が、「いつ働いていつ休むか」を自分で決められることは、豊かさです。全員が足並みを揃え「なければならない」という思想は、それこそ、「軍靴の音が聞こえる」ような話でしょう。

そう考えると、正月返上というのもオカシナ話です。誰にどうやって、「正月」を「返上」するのだろう。

という、慣用句(?)に無粋なツッコミは置いておいて……。

このページのカヤが、すごく輝いて見えますよね!

でもそれって──、ダンナの言うことに物わかりの良い、「貞淑なツマ」だから、よく見えるのかなぁ──と思ってしまいました。

──ああ、また、軍靴の足音がドタドタと……。

いやいや、そんなに小難しく考えなくても、「自分の愛しい人」が頑張っている姿を見て、少しでも応援したくなる──という感情は普通です。

じつは最近、京極夏彦氏の著作を再読していて、ちょうど『絡新婦の理』を読み終わったところです。だから、上のような考えが出てきました。

もう休み ですよね?

服部は、「自宅でコタツに入って本を読みながら、思い出したように」──という状況でシュージンに電話を掛けているようにしか見えませんが、一般的な編集者の基準からすると、「仕事熱心」になるのでしょうね(なんかイヤミっぽい)。

ところが、仕事──マンガに対する情熱ならば、亜城木夢叶のほうが上です。その仕事ぶりに、服部すら驚いている。

サイコーもシュージンも、「服部のためにも頑張ろう」という気持ちがあって、編集者として最高にうれしいでしょう。

──ここも、港浦との違いだなぁ……。

そういえば、(『バクマン。』世界の)服部の実家はどこでしょうね。今回の話からすると、来年の正月は実家に帰れなさそう。

忙しい 年の瀬 だな

ひょんなことから売れっ子作家の担当になった港浦ですが──、そういえば、「マンガ家のグレード」と「編集者としての出世」とは、まったく関係がないのでしょうか。

まだまだ新人に近く、班長でもない服部が、けっこう前から(今も?)『ONE PIECE』を担当している──という事実が、しっくりと来ません。

なんとなく、「ベテラン作家にはベテラン編集者」と相場が決まっていそうな気がしませんか? どうも、「ジャンプ」は違うらしい。

ここまで長々と「港浦のターン!」を描いて来て、「担当の編集者によって、マンガの出来はかなり左右される」ことを、『バクマン。』の作者は示しました。

──それはあくまでもマンガの中での話──とは、

──とても思えない。

それだけ重要な担当者を、マンガ家からは指名できず、変更も許されず、編集部側の都合で勝手に「あてがわれる」。もしも仮に、担当者と意見や性格が合わず、作品に影響が出て、人気が落ちたら──打切り。

──ものすごく理不尽に感じる。

しかし、「それが『ジャンプ』のやり方だ」と編集長に言われたら──、誰も何も言い返せない。その不条理さ・やりきれなさを、作者は──「新人作家」大場つぐみさんは描きたいのかもしれません。

「編集者の善し悪しをアンケートで決められる」ことができたら面白いな──と思いました。

[2] このページの一番上へ戻る