• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 89 ページ 「タイトルとキャラデザ」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 28 号)

FIBONACCI KIMONO -- A Young Geisha Wears a Kimono Pattern Ahead of its Time (by Okinawa Soba (In Asia and Africa until August))
(こういう人のウチワなら──右でも左でもあおいで欲しい)

今回は、『ラッコ 11 号』のフィギュアが売れて、平丸が調子に乗る──という場面があります。

ちょうど今週号の『銀魂』にも、アニメとグッズの話が出てきました。平丸以上にエゲツナイ話をしていて──ちびっこたちはドン引きだったかもしれない。でも、知っておいてソンはしないと思う。

好きなマンガ家を支えるには、本当はどうしたらいいのか──という話でもあります。

世の中には「お金がすべてじゃない!」と言う人が多いけれど、そういう人ほど──お金の話しかしていなかったりする。

「すべてじゃない」のであれば、もっと好きな作家にドンドンとお金を稼いで人生を楽しんでもらいたい──と自分は思う。

アドバイスは 全てした

亜城木の本気に押されたのか、服部がケンキョな態度になっています。服部はどことなく──熱心な学生か修行僧のようなフンイキがあるから、もっと勉強するよという言葉が似合っている。

人生は、日々是勉強──です。

サイコーはキャラクタのデザインを頑張るつもりですが──、何かで特別に勉強はしないのでしょうか。実際のマンガ家が、どうやってキャラクタを造形しているのか、それをこの作品で読みたかったです。

小畑健さんは、どうやって新妻エイジを生み出したのだろう……?

前回の打合せでは軽口をたたいていた港浦は、かなり恐縮しています。新妻も岩瀬も、黙っていれば美男美女なんですけどね……。

そういえば、一時期、「ジャンプ」の表紙をマンガ家が飾ることがありました(黒歴史?)。そこに『+NATURAL』のコンビが載れば──さらに人気が出るはずです。最近の声優業界でもあるまいし、そういう売り方は──しないと思うケド。

ふざけないでください

港浦に作品を見る目がないことは──いまさら言うまでもないけれど、それにしても岩瀬は怒りすぎです。そんなに服部が良かったのか。

でも──、自分の(にごった)目から見ると、これはこれで──、

──岩瀬は港浦を気に入っているように見えます。

本当に駄目な人間だと見下しているのであれば、あなたももっと成長しなさい! などとは言わないはず。それに、ここまで岩瀬が表情を変えたのは、服部に対して赤面しながら愛の告白モドキをした時くらいなんですね。

当の港浦は、服部が岩瀬の担当から外れた理由を知らないようです。どうも、「岩瀬がコワイから」相田に担当替えを申し出た──と勘違いしている。まぁ、ある意味では当たっているけれど。

新妻エイジの目から見ても、今回の原稿はファンタスティックだった。これは、上の考えを入れると「港浦のために頑張った」などと書きそうな感じですが──、ただたんに、「マンガの原作で一番になる」という岩瀬の宣言が本気だった、ということでしょう。

エイジだって、やる気がない時もある(レッツ ホスピタルの直前など)。どんなマンガ家──創作活動をしている人だって、同じでしょう。でも、大事なのは──、

──不調からどう抜け出すか。

岩瀬の場合は、失恋がキッカケでした。マンガ的には面白いけれど、『バクマン。』的には──「マンガが好きだから」という理由ではないことが、ちょっと気になる。同じことは平丸にも言えて、彼もマンガが好きではない。

屈折しながらもマンガと共に歩んできたサイコーと、小さなころからマンガが好きだったエイジが、主人公とライバル──これはアリです。名誉とお金が出発点とはいえ、今は純粋にマンガ家となったシュージンも良い。

でも──、平丸と岩瀬の存在が、なんとなく『バクマン。』のバランスを崩している気がする。それが逆に「頑張っていれば誰でも人気作家になれる──わけではない」という事実を描いているのかも。

そして、基本的には人生で一回こっきりの成人式(「なんちゃって」もいそうだけど)も──、バッサリとカットですよ。これが『バクマン。』クオリティ!

この調子だと、知らぬ間にスポポーンと──カヤが二児の母になっていそうだなぁ……。

あっ 携帯

着物用のカバン(何という名前だっけ?)から携帯電話を取り出す、カヤの仕草がグーです。電話をする時に失礼とことわったり、後ろを向くのも素晴らしい。「オンナノコ」してますね。

時代が変われど──女性蔑視(べっし)につながろうとも──、「奥ゆかしさ」を持った女性は好ましく見える。「女らしくするべきだ」なんて押しつけるのは良くないですが、もともと女らしい人を好きになることくらいは、認めて欲しいものです。

よく考えると、マンガを描くことを優先せずに、エイジが新年会に参加しているのも不思議な感じがする。欠席できることを知らなかったのでしょうか。

いや、なんだかんだ言って、エイジは社交的な一面を持っていますからね。それこそ、サイコーよりも。だから、大げさに言えば「担当者の顔に泥を塗る」ようなことはしたくないのでしょう。

まぁ、社交性のある人間が、ドテラを着て新年会に参加するかどうか、アヤシいところだけれども……。

久しぶりに見た気がする蒼樹は、デフォルメ顔で一コマだけ──とすこし残念な感じでした。彼女はこのまま、「ネタキャラ」扱いになっていく気がする──平丸と一緒に。

なにしろ平丸は、あの服部からも──平丸くんはともかく、などと格下扱いを受けています。収入はかなり多いはずなのに、平丸は「格下クン」と見られそう。

「格下婚」はピッタリな名前! - 亜細亜ノ蛾 - ダイアリー

私はこの世界で トップになります

新年会にエイジがやってきたのは、岩瀬──「秋名先生」に会うためだったのかもしれません。もちろん、男女としてではなく、同じマンガ家として。

岩瀬はすでに、服部に見向きもしていない。本当に、マンガ一筋で生きていくつもりのようです。それは彼女にとって、良かったのかどうか──分かるのは、これから先の話でしょう。

サイコーは、主人公のキャラクタデザインを完成に近づけました。主人公の変身の前後が、どことなくサイコーとシュージンに見えます。そうやって見ると、自分に似ているから完全犯罪モードを見てカッコイイとシュージンは言った──と思ってしまう。

あとは、主人公の名前とタイトルですね。今までマンガの中に出てきた作品名は、どれもビシッと決まっていました。作者である大場つぐみさんのセンスが光っています。

『走れ! 大発タント』はギャグマンガだけに、わざと力を抜いたタイトルでしたが、次回作はシリアスですからね。格好いいタイトルになることでしょう。

次回は──どうなる !?

[2] このページの一番上へ戻る