• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 91 ページ 「票と表」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 30 号)

The Bouquet
(ステキな花のメッセージ)

前回の感想で、しきりに「面白い!」と自分のオススメしていたマンガが──、なんと、今回アッサリと終わってしまいました。

バクマン。 #90-4 「芸術と商品」 道徳的と『完全犯罪党』 : 亜細亜ノ蛾

ええっ !? そんな、終わりそうな──打ち切られそうな要素って、ありましたっけ? 残念だ……。本当に、「次回作に期待」しています。

これでまた、「めだかちゃん大勝利」ですなぁ……。

このように、ジャンプ歴 20 年という自分でも、なかなかマンガの人気は読めません。

今回の『バクマン。』の感想では、亜城木夢叶の新連載・『PCP』(完全犯罪党)の順位を知る場面が出てきます。そう、マンガ家や編集者たちは、アンケートの順位がハッキリと分かるんですよね。

──たとえ、悪い順位でも……。

考えてみると、「ジャンプ」好きにはキツイ状況だけど、いつしか──慣れてしまうのだろうな。

反応見てくか?

コンビニの雑誌コーナで、立ち読みをしている人が何人もいる──。という何気ない風景でも、「ジャンプ」で連載をしている作家──亜城木夢叶には気になるところです。

そういえば、読者の反応を亜城木が直接知る場面は、ファンレターをもらった時以来ではないでしょうか。それにしては──冷めている。カヤも、けっこう冷静に人のジャンプをのぞき込んでいます。

いつもより 「ジャンプ」の 立ち読み多くない?、とシュージンが言っていることから、これまでも「ジャンプ」の売り場を見る機会は、当然あったのでしょう。それに、高浜という「いい読者」が近くにいたことも大きい。

うーん、『疑探偵 TRAP』を連載している頃に、立ち読みしている読者を見て、「うわっ オレたちのマンガ 読んでるよ!」──みたいな場面を見たかったです。

──ういういしい亜城木は、もういない。

自分がマンガ家だったら、自分が描いた作品を飛ばし読みされないか心配で、本の売り場なんて見られないな……。

そういう意味では、間接的に読者からの反応を知ることができる、アンケートは必要なのでしょうね。

森屋と白鳥は、なんだかすでに「丸く」なっています。これから先も、サイコーやシュージンたちとの会話は──少なそう。アシスタントの濃さを、これ以上は前面に出さないようです。

──ああ、高浜のふてぶてしさが懐かしい……。

速報 取ってるのか

読者アンケートの速報を集計する場面は、初めてですよね! こんな風に、編集部で普通に数えていたのか……。専門の部署か、依頼した外部で集計しているのかと思っていました。

「ジャンプ」の編集者は、私服ですよね。速報の集計は、番号を読み上げてノートに書く──という方法です。この風景を見ると──、

──まるで大学生たちだ。

なんだかノンビリした社風みたいで、居心地が良さそうですが──入社するまでのハードルは、メチャメチャ高いのだろうな……。

速報とはいえ、『ロードレーサー淵切』の票が多いですね。多いというか、この場面に出てくるハガキは、すべて『ロードレーサー』に票が入っている。それに比べて、『PCP』は差を付けられています。

『True human』の作者である静河流と、担当者の山久は──、最近、出番がありません。今回の速報でも票が集まらないらしい。これは──、ちょっと厳しい状況かも。

なにより、主人公のサイコー・シュージンと静河とは、まったく交流がない。そのせいか、静河の登場は優先順位が低そうです。まぁ、縁が深いはずの福田やエイジと疎遠になっても、亜城木は平気ですケド。

本ちゃんて 今日よね?

いよいよ、『PCP』の順位が分かる日です。

このページは、「カヤだけがソワソワしている」という場面に見えますが、じつはサイコーもさすがに 落ち着かない、と内心では思っている。

すこし先で分かりますが、シュージンは冷静なんですよね。それがなぜかは、最後まで分かりませんでした。なぜだろう?

読みました

サイコーが読んでいる亜豆からのメールは、よく見ると 4 日前の日付(2015/02/16)です。このシーンは金曜日のデキゴトなので、月曜日──「ジャンプ」の発売日に、亜豆は感想のメールを送っているワケですね。

私もあんな事されてみたい、と亜豆らしからぬ、ダイタンなメールの内容になっています。「あんな事」自体はロマンティックな「完全犯罪」ですが、亜豆のほうから積極的に希望を言うのは珍しい。

前から何度も書いているとおり──、亜豆は普通に恋人付き合いがしたい──のだと思います。アニメ化うんぬんとかいう「夢は夢」で置いておいて、現実的な思い出が欲しいように見える。

ただ、そうするとサイコーの夢を壊すことになるから、亜豆はガマンをしている──のでしょうね。

亜城木夢叶の作品が載っていなくても、亜豆は毎週毎週「ジャンプ」を買い続ける──とは思えないため、どこかのタイミングで『PCP』のことを知ったはずです。おそらく、サイコーがメールで知らせたはず。

──その時の、甘酸っぱい場面も見たかったな。

ダントツだ

この結果にはビックリしました! 2 位とは大差を付けて 1 位を獲る。これは、最高の結果ですね! そりゃ、服部も駆けつけてくるよなぁ……。

本ちゃんの前は「1 話目は 1 位で当たり前」なんて言っていても、実際に結果を出したら──うれしくて仕方がない。カヤの喜んでいる表情が見られて、本当に良かった。

[2] このページの一番上へ戻る