• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 91 ページ 「票と表」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 30 号)

Hokuto No Ken Raoh et M Vegeta (by Pathien)
(ある意味「ライバル同士」)

ご存じのとおり、『バクマン。』はマンガ家を描いたマンガです。

そのため、メタな視点からの読み方──つまりは、「マンガ家の視線から見た──マンガ業界のバクロ」として読んでいる人も多いでしょう。たしかに、出版業界の暗部を、本作品を通して見ているような気もする。

また、メタと言えば──『バクマン。』自体が、作者自身のサクセス・ストーリィと見る人もいます。作中に出てくる主人公と作者とは、両者とも「原作者と作画」のコンビですからね。

今回は、サイコーとシュージンが、ようやく成功への足がかりをつかんだ──といったシーンが出てきます。これも、なんだか作者と置き換えが可能そうに見えますが──、実際はどうなんだろう……。

渡しては いけない

このページでは、「サイコーがアンケート表を見せたいのは誰か」が謎になっています。なぜかサイコーは、誰に見せるのかを言わないんですよね。

そのせいで、シュージンはそうか 亜豆に…と思い込んでいる。しかし、まだまだアニメ化まではほど遠く、亜豆に会うとしたら、時期的にオカシイですよね。

これは──ミステリィ好きの血が騒ぐぜ! ──というほど、分かりにくい相手ではないですケド。

アンケートの結果を持って、一緒に来て欲しい──というサイコーの願いを聞いて、服部は察したようです。さすが、長年の付き合いですね。

ところが──、シュージンは話についていけない。

Σ(゜Д゜;≡;゜д゜) というアスキーアートみたいな、シュージンの表情が面白いです。察しと思いやりがあるシュージン──だったはずなのに、この時はなんだか鈍感ですね。急に 1 位を獲ったので、調子がオカシクなっているのかな。

墓地?

サイコーとシュージン・服部は、どういうわけか──墓地にやってきました。こんなところに 3 人でやって来て、いったい、どうするつもりなのでしょうか(棒読み)。

そうか、『2015 TOKYO』という写真集を作る気なのだな──とは思わなかったケド。

参考: 篠山紀信 #事件 - Wikipedia

おじさんが獲りたかった

この場面は、ぜひともカラーで見たかったな……!

川口たろう先生──真城信弘が眠る墓石と、サイコーの顔が夕焼けに照らされて、本当に美しい光景ですね。このページはモノクロですが、色が目に浮かびます。

喜んでるだろうな

『北斗の拳』のアンケートが 1,000 票中の 700 票以上を取った──というのは事実なんでしょうね。現在の「ジャンプ」では考えられない結果です。今後も、あり得ないでしょう。

「月刊少年ガンガン」に掲載され、先日、惜しくも最終回を向かえた『鋼の錬金術師』であれば── 1,000 票のうち 980 票くらいは取ったりして(ほかのマンガに失礼)。

いままで、亜城木夢叶の作品は、本誌では 1 位にならなかった。それは、作者が今回の状況を描くためだったのでしょう。「おじさん」へ報告をしに来たサイコーを、ようやく描けました。

しかし、サイコー自身が言っているとおり、まだまだ 1 話目の 1 位を獲っただけです。これからの連載で安定して上位に入るようになった時に、初めて川口先生も喜ぶことでしょう。

とか言いながら、現時点でも「ものすごく悔しがっている川口たろう」の表情が、カンタンに想像できます。

最後の最後までガンバリ抜いて──悔いを残して死ぬことと、目指すモノがないために──悔いも「ない」人生とでは──、

──どちらが良いのでしょうかね。

[2] このページの一番上へ戻る