• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 92 ページ 「意地と決断」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 31 号)

Disney - Remember... Dreams Come True (3) (Explored) (by Express Monorail)
(「夢の国」にもない夢がある)

マンガに限らず創作の世界では、話が進むにつれて登場人物が増えていく傾向にあります。中には、人気取りのためだけに、キャラクタを乱立させているだけの作品もあったりして……。

登場人物が増えると、「このキャラとこのキャラとの会話が聞きたい」と思うことが多いです。『バクマン。』では、新妻エイジはどのキャラと組み合わせても面白そう。

今回、亜豆とエイジが同じ場面に出てきます。2 人とも異次元の世界に住む住人だけに、会話が成り立つのかどうか心配でしたが──、

──やっぱり、一方通行だった。

ずっと待ってる

サイコーが思い出す亜豆の姿は──中学生時代から変わっていない。それはちょっと、悲しいモノがあります。せめて、精神的にも物理的にも一番接近した、入院のころを思い浮かべて欲しかった。

「恋愛の賞味期限は、およそ 3 年」──と聞きます。人によっては、3 か月だったり 3 日だったりするケド……。その期間を延ばす意味で、「会えない時間が愛を育てる」とも言います(物は言いよう、とも言う)。

サイコーと亜豆は、長い付き合いのワリに、異常と言えるほど会っている時間が短い。短すぎます。普通だったら、とっくの昔に──飽きているでしょう。この 2 人が恋から冷めないのは、お互いに「意地でも恋をし続ける」という面も大きかったりして。

私達 意地っ張りかな? と亜豆がサイコーに聞いている。誰の目にも答えは明確です。しかし、ここで亜豆が言いたかったのは、

「お互いに意地を張らずに話し合おう」

ということでしょう。それも第三者から見ればすぐ分かるのに──、サイコーはワケの分からないメールを返している。

サイコーは意地っ張りではなく、単純に──女心が分からないだけだと思う。

金曜にまでなってしまった

ビックリすることに、亜豆がオーディションを受けるイキサツを、シュージンはサイコーに話していません。せっかく「亜豆が自分で決めたワケではない」と知ったのに、サイコーに伝えなければ、意味がない。

とはいえ、本来なら亜豆とサイコーが話し合うべきでしょう。本当に、世話の焼ける 2 人だな……。2 人ともハタチなのに、恋愛観は中学生と同じですね。

『PCP』が幸先のよいスタートを切っているけど、サイコーはずっと浮かない表情です。作品に悪い影響が出ないか、心配だな……。

意地じゃない…

「サイコーさん」と呼びたいくらい、悲しい目をしているサイコーです。

ゴンさんとは (ゴンサンとは) - ニコニコ大百科

それにしても──、これから先ずっと、「ゴンさん」はことあるごとに──ネタにされるのでしょうね(オレのような人間に)。

考えてみれば、『HUNTER×HUNTER』の中の世界では、まったく笑える要素はありません。それにもかかわらず、マンガとして読んでいる人たちには、なんだか吹きだしてしまう。

『PCP』で追求していく「シリアスな笑い」を描きたい人は、この「ゴンさん」から学べるところも大きい──と思います。

まぁ、サイコーとシュージンが『H×H』を参考にする──という場面は出ないでしょうね。『ドラゴンボール』と同じく、『H×H』の連載が終了したら、引き合いに出されそうだケド。

美保ちゃん 駄目?

亜豆がサイコーの彼女であることを、新妻エイジが知っているのは──なぜだろう。

もちろん、入院しているサイコーのお見舞いへ行った際に、エイジが亜豆を見た──という場面は覚えています。さらに、シュージンとカヤの結婚式のときにも、亜豆を見たかもしれない。

しかし──、エイジは亜豆の名前を聞かなかったはず。サイコーのほうから、「これが僕の彼女です wwwww」などと写真付きでメールを送った──とも思えない。

そう考えていくと──、今回の声優候補で送られてきた写真と、自分の記憶だけで、「亜豆美保さんは、真城先生の彼女」と判断したのでしょうか。

──ああ、港浦が教えたのかも。納得。

エイジがわざわざ、とくに見る必要もない写真を見て、声優を決めるとも思えません。亜豆の声は知らないはずだし、判断のしようがない。

もしも亜豆のことをエイジに教えたのが港浦であれば、じつは港浦が一番の活躍を見せたのが今回なのかも。

──悲しいかな、誰も港浦を評価しないケド。

お久しぶりです

クラスメイト同士の再会──には絶対に見えない、亜豆と岩瀬です。お互いに、ライバルと言うよりも宿敵を見るような目をしている。こ、コワイ……。

岩瀬が亜豆を(逆恨み的に)敵対視するのは分かるとして、亜豆まで岩瀬に攻撃的ですが──なぜ? 亜豆が岩瀬を嫌う理由が分かりません。ただたんに、亜城木夢叶の名前──自分たちの夢をバカにされた、と取ったのでしょうか。

ここで初めて、エイジはファンタス ティック ドリームのことを知りました。さりげなく、今後の展開につながってきそうです。

[2] このページの一番上へ戻る