• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ: |

カール ブックスタンダー No.820 - カール事務機

820 (by daveknapik)
(「へぇ、あんたも 820 っていうんだ」)

「私はいつも──、孤独と戦っているんだ……」

ということで(?)、ブログを書く時は、いつも独りで「アーデモある……、コーデモある……」と悩みながらキーボードをタイプしています。

そんな〈百万光年の孤独〉(?)を背負った自分にも、パートナいる。それが、今回ご紹介する書見台です。

この、CARL とシンプルなロゴが入った憎いヤツ、最高ですよ! 名前は、〈No.820〉くんです。うん、名前もシンプル。

大きさと性能

文庫本から雑誌まで、キッチリと固定できます。

下部についているレバー(?)が強力で、「週刊少年ジャンプ」くらいなら、ページが勝手にめくれません。ハードカバーなどのページを開いた時に弾力がある本でも、すこしだけ本の中央部分がふくらむ程度です。

〈ブックスタンダー〉の背面は、薄い鉄板になっている。もう一年半も使っていますが、へこみもキズもありません。かなり頑丈です。

重量は 0.31kg ── 310g あり、見た目よりもズッシリしている。これより軽いと本ごとグラグラするし、重いと収納がメンドウだし、絶妙な重量感です。

折りたたむと、B6 サイズくらい(182 x 8.8 x 111mm)。かなりコンパクトですね。A4 サイズの「ジャンプ」が大きさ的に限界ですが、背の部分に段ボールでも当てれば、もっと大きな雑誌でも大丈夫です。

結論

書評系ブロガは、絶対に持っておくべき!

この本立てがなかったころは、ブンチンや携帯電話で重りにしたり、クリップで工夫したり、苦労しました。いまは、CARL のない生活は──ありえない!

リアル(現実世界)の知り合いにブロガがいたら、プレゼントしたいくらいです。うん、いない(孤独だから)。

[2] このページの一番上へ戻る