• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 94 ページ 「お茶と明暗」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 33 号)

An old cinema poster (by nofrills)
(街に残る──漢気の跡)

シュージンと岩瀬が同じページに出てくると、どうしても──『DEATH NOTE』の夜神月と高田清美を思い出します。ライトと高田の立場が、逆転したかのように見えてしまう。

『DEATH NOTE』と違うところは、シュージンと岩瀬は、いいライバルだ──ということです。お互いに競い合って、励まし合って、伸びていくことでしょう。

お互いに尊敬し合う男女の仲は、良いモノですね。現実の世界でも、こういう関係が築きたい……!

考えなさい!

本当に、亜城木夢叶は、近くにいる人間と環境に恵まれていますね。どんな状況でも頑張っているから、あとから結果がついてくるのでしょう。

シュージンも岩瀬も、お互いに好感度が最悪のところから、急に好印象へと変わりました。これは──、恋愛関係になる、よくあるパターンじゃないですか! 青年マンガだったら、ドロドロな展開になりそう……!

カヤにとって幸いなことに──、

このマンガは少年マンガだから、不倫はないだろう。

──おそらくは……。

そうも 取れますよね

新妻エイジが言っていたことを、『PCP』はダメだ──と受け取らずに、サイコーは前向きに考えました。自分も同じように思います。

きっと、エイジは〈亜城木先生〉を応援する意味で、つぶやいたのでしょう。(頼りない)港浦の前ではなく、Twitter などでつぶやいたほうが、確実に伝わるのに……。エイジはエスパかもしれないけれど、担当者の感受性が問題です。

担当者が港浦だったころ──とくに後半には、サイコーもシュージンも、担当者の前でギャグなんていいませんでした。それが今では、サイコーがノリツッコミをしている。

マンガ家と担当者のマジメさは、反比例するのかも。

他の 大人気マンガとも 比べてみよう

中高生のアンケート票がすくない理由を、シュージンと服部が話し合っています。この問題は、以前から気になっていました。用意周到な服部にしては、いままで放置していたのが不思議です。

また、分析によると、少年マンガの主人公に 漢気は必要だな、とのこと。〈漢気〉と書いて〈おとこぎ〉と読む概念も、近ごろでは、だんだんと古くさく感じます。

しかし、男のロマンがタップリで汗臭い『バクマン。』には、欠かせない要素ですね。福田なんて、そのうち、マンガ業界の悪の帝王(マシリト?)と戦ったり、山にこもってマンガ修行をし出したり、雨の日に子犬を拾ったりしそうです(それが漢気か?)。

それに、現実世界では懐かしく感じる漢気や義理人情も、創作の世界ではまだまだ有効です。あの『エヴァ』のシンジくんが、まさか熱血少年になるとは、夢にも思わなかった。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版: 破 - あなたの知らない面白いこと : 亜細亜ノ蛾

おそらく、マンガやアニメで人情話に感動して涙するだけで、十分に心のウルオイが満たされるため、現実世界では「別に……」と冷めてしまうのでは。自分は、そんな感じ。

話の密度や 展開の速度

サイコーもシュージンも服部も、〈マンガの専門家〉です。そんな 3 人が首脳会議をしているのに、なかなか『PCP』の弱点が見えてこない。

ところが、読者から見れば、亜城木夢叶とエイジとでは、絵のフンイキがまるで違うことがすぐ分かる。サイコーも、なんとなくは自分の絵柄の重さを感じているようです。

長い間、自分が築き上げてきたモノや、自分のクセは、なかなか変えられません。そもそも、それらが良いか悪いか、自分では判断がムズカシイ。

自分たちの力で、自分たちの弱点が見つけられるか──。それが今回のテーマです。

いつでも大事なのは──、自分。

静河くんが キャバクラ通い !?

マンガ家をキャバクラへ連れて行くのも、ハマってしまったマンガ家を連れ戻すのも、編集者の仕事のようです。楽しいような、ツラいような……。

静河流は、初登場からガラッと変わりましたね。高浜も印象が急に変わったけれど、彼は性格が良くて他人にも慣れている。この 2 人が出会ったら、面白そう。

吉田は、合コン──もといお茶会を企画しました。でも、このページの時点で──イヤな予感しかしない……。服部と同じくらいの策士に見える吉田ですが、その策に乗ってくるのは、平丸だけだと思う。

本人たちはどう思っているのか分かりませんが、山久は静河の兄のようです。「静河はワシが育てた」と山久が言ったら、納得する。だから──今回も、山久の力だけで解決して欲しかったです。

さて、吉田氏の作戦が、ウマくいくかどうか……。

[2] このページの一番上へ戻る