• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 94 ページ 「お茶と明暗」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 33 号)

Live Long and Prosper (by ex.libris)
(「神に誓うニャ」)

このマンガには、ムダなページやコマは、ほとんどありません。

たとえば──、何回も何回も何回も、急所を刺されたように見えて「無傷……だと…… !?」──といった、

エコな時代に反する誌面の無駄遣いは、

まったくないのです。

そのため、『バクマン。』に出てくる編集者たちのプライベートは、いっさい描かれていません。たまに出てくる彼らの自室を見て、アレコレ想像するしかないのです。ううむ、気になる!

服部や吉田は、普段──何をしているのだろう?

女たらしに見える山久は、浮いた話はないのか?

そして佐々木編集長は──、家でもあのポーズ

僕は休む !!

『バクマン。』に出てくる登場人物の中で、服部と吉田は、策士の両巨頭です。さらに、慎重派の服部に比べて、吉田の行動は早い。冗談かと思った〈お茶会〉のセッティングも、あっという間に完了しました。

もちろん、

お茶会がワナであることは、見え見えだけど……。

ワナにハメるのは平丸だけで、吉田は合コンとして楽しむのではないか。このページを読んでいる時点では、そう思っていました。静河と山久は、どちらかというと──オプションみたいなイメージです。

いくら吉田が妻帯者とはいえ、〈男の血〉が流れていますからね。タンパクそうな顔をしていますが、けっこう──(省略)、と思ったり。

吉田のプライベートが、かなり謎です。

人気マンガじゃん

もしも〈半年ルール〉がなければ、こんなにもシュージンは仕事熱心ではなかったでしょう。そう考えると、切羽詰まった今のほうが、良かったのかもしれませんね。

本当に打切られたら、そうも言っていられないケド。

折原が、サイコーにツッコミを入れている! しかも、ちょっとキビシイ言い方です。「もー、センセー、しっかりしてくださいよぅ(ビキビキ#)」みたいな。

森屋の指摘も重なって、すこしだけ重いフンイキになりましたね。

ただ、折原も森屋も、より良い作品を描くための環境作りに協力してくれた──と受け取れば、ありがたい言葉になります。

黙って自分の仕事をし続ける、白鳥のようなアシスタントばかりだと、作品の向上につながらない──と思いました。

ただ、静かなアシスタントのほうが良い、というマンガ家もいるでしょうね。新妻エイジは、どうだろう? 同じマンガ家の意見は素直に聞くけれど、アシスタントには事務的に接しそうな気がする。

エイジに冷たく接して欲しい──、

そういうファンも、いそうだな……。

一番違うところって

シュージンとサイコーは、考えすぎることが多いです。カヤは、いつもシンプルに考える。この 3 人は、本当に良いバランスですね。

でも今回は、ちょっとカヤの答えはシンプルすぎました。たとえばここで、「『PCP』の絵って ちょっと 暗すぎない?」とカヤに言わせることもできたはず。

その答えをカヤに言わせず、サイコー自身に『PCP』を改善する道を見つけさせる。ニクい演出です。

キケン アブナイ ですよ

エイジのセリフが面白すぎる! 自分のことを男の子と言っているところが、ツボです! 岩瀬よりも、エイジのほうが年上なんですけどね。

このページの岩瀬は、バツグンにかわいらしい。二段ぶち抜き首をかしげている岩瀬は、『さよなら絶望先生』の登場人物みたいです。肩パッド入りのジャケットではなく、和服を着て欲しいです(そして、エイジにつきまとう)。

本気なのか 冗談で 言ってるのか、とエイジの言葉を聞いて、岩瀬は迷う。エイジの仕事場に来た時に、サイコーも似たようなことを考えていました。エイジの本性を見抜いていれば、彼の言葉を冗談ばかりとは思わないのです。

ストーリーじゃ ない

『PCP』の弱い点を、サイコーも気付きました。エイジの解説と同じタンミングで気がつく──という状況は、ワクワクします。よくできたミステリィの解決編みたい。

自分たちが描いてきた作品を見て、そこから悪い部分を見つけ出すのは、カンタンではないでしょう。真剣に考えても、答えが出ないこともある。いや、真剣に考えれば考えるほど、自分の欠点は見えにくいものです。

サイコーが言うには、リアル系の作品でも 必ず読み味は明るくて スカッとするところがある、とのこと。なるほど、納得できますね。

この解説に当てはまらないのは、最近の『HUNTER×HUNTER』くらいでしょうか。明るくもなく、ドロッとしている。ただ──なんというか、爽快感とはまた別の〈頭が満たされる感じ〉があります。

そんなマンガは、たとえ天才でも──、

毎週は描けない。

[2] このページの一番上へ戻る