• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 97 ページ 「ラストと暗号」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 38 号)

NJW_5308
(迫力あるロケット花火──ではない)

「PCP」から明知に向けた挑戦状が登場しました。

シュージンが作ったこの挑戦状は、暗号文になっている。もっとも素晴らしい点は、暗号を解く過程を考えて作られていることです。「ここまでは推理されても大丈夫」と計算されている。

制作者は小学生──という設定がムリに感じるくらい、完成度が高いです。でも、小学校のころから優秀だったシュージンなら、これくらいは当時でも思いついたかもしれませんね。

この前 作るって言ってた 暗号

初めてこの挑戦状メールを見た時には、次のようにおバカな推理を組み立てました。

「イカを取り上げる──海産物が手がかりか!」

──うん、まぁ、8 割くらいは作り話だケド。

推理されちゃって いいのかよ?

暗号文の答え・その 1 は、正確には「スプリンクラ」でした。長音(ー)なし。もしかして、「PCP」のメンバには、森博嗣先生のファンがいるのでしょうか。

参考: 森博嗣 #エピソード - Wikipedia

森博嗣さんと言えば──、ミステリィについて、下のように語っていました。

殺人だからこそ、犯人も必死でやってるはずだからこうしたはずだ、と探偵が推理できるのです。

それが単なるいたずらだとしたら、推理が成立しなくなってしまう。

つまり、殺人は単に境界条件として用いられているわけです。

森博嗣のミステリィ工作室』 p.101

「PCP」が出した挑戦状は、「いたずら」と言われても仕方がない。しかし、「PCP」も明知も、お互いに真剣になっている。だからこそ、推理する明知の姿が成り立つのです。

つまりは、真剣さが境界条件になる。

砂場のそいつ

この暗号文を読んで、わざわざ行間開けてる行に注目して、以下を 取り上げての部分に気づく。そこまでは分かる人も多いでしょう。

問題は、正体を暴きたい事でしょ うの「う」だけ改行されている──その不自然さに注目するかどうかです。「う」の行以外は、行末を意識した文体で書いてある。考えろどこまで計算通りか──もヒントになっていたわけです。

人間は、目の前に示された謎があった場合に、ひとつでも謎が解決すると、ほかは見ない。そのことを利用した、二重トリックですね。

面白いよシュージン!

花火大会の打上げ花火を背景にして、逆光でロケット花火を手に持つマコトは、メチャメチャ格好いい! 絵的にもバッチリだし、話も最高です。

服部も、トリックにのめり込んでいますね。

ただ──、いつものことですが、こうやって何ひとつ不安な点がないと、逆に不安になる。何か落とし穴がないか、と。

新妻エイジと秋名愛子(岩瀬)が、『PCP』のシリーズ初期にどんな反応をするか。それがカギになりそうです。思わぬ反撃がありそうな気がする……。

それとも、悔しがるエイジと岩瀬が見られるかも。

それならそれで、面白い。

[2] このページの一番上へ戻る