• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 98 ページ 「握手と手直し」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 39 号)

Fud? My?? the Wise
(「ワシが 4 位──だと !?」)

今回は、ドン引きしているサイコーが登場しました。

「ジャンプ」マンガの主人公と言えば、自己中心的でワガママで勝手(全部同じ)なキャラクタばかりです。主人公が言うことには、ほかのキャラも(いやいや)したがう。

極端な例で言うと、『HUNTER×HUNTER』に出てくるキルアは、主人公の「ゴンと心中(しんじゅう)する」といった発言をしています。キルアは、文字通り命を投げ出す覚悟で、ずっとゴンの近くにいる。

こういった関係が成り立つためには、2 人の意識に大きなズレがないことが重要です。性格は違っていても問題ないが(むしろ違ったほうが良い)、お互いの向いている方向が異なっていると、いつか関係が壊れてしまう。

今回の『バクマン。』には、爆発しそうなくらいにノリノリのシュージンと、引きまくっているサイコーが出てきます。

はたして 2 人の関係は、大丈夫なのか !?

ぜってー 負けねー

もう、岩瀬が主人公で良いのでは。

──そう思うくらい、このページの岩瀬が素晴らしい!

夏の青空と雲を背負って、逆光ぎみの振り返りポーズ──、とポートレイトのお手本のような構図です。「夏色少女」という感じですね(実年齢は忘れよう)。1 ページいっぱいに描かれた、岩瀬のポスタが欲しい!

自分の中では完全に、細田守監督のアニメ映画──下の 2 作品のイメージと、今回の岩瀬が重なりました。

岩瀬は、いままでずっと、シュージンの顔を「真正面から」にらんでいました。それが今回、去っていくシュージンの後ろ姿を、「振り返って」見ている。

──これは、二人の距離感からすると、逆に描いたほうが合いそうですよね? なぜ、「いままでは目をそらしていたが、今回は正面に向き合った」としなかったのでしょうか。

つまり、これまでの岩瀬は、本当はシュージンのことが好きなのに、逆の気持ちを表情に出していた──という表現なのでしょう。真正面に向き合っていても、岩瀬の本当の感情は隠していた。

これからの岩瀬は、シュージンと向かい合った時に、素の表情が出せるでしょう。──まぁ、彼女のことだから、照れてしまい、またシュージンをにらみつけるかも。

ようやく、シュージンは互いを励みにして 頑張ろう──の握手を握り返しましたね。岩瀬にとっては、8 年間待った──いや、待っていてもあり得ない握手です。

おそらく、シュージンと岩瀬は、恋人としてつき合っていたら──うまくいかなかったのでは。そう考えると、いまの関係が、お互いにとって理想の状態なのでしょうね。

サイコー わかったぞ

いま、恐ろしい事実に気がつきました。

なんと、亜城木夢叶の作品には──、主人公とお互いに認め合ったライバルキャラが出ていなかったのです! ──たぶん(たぶんかいッ!)。出てくるのは「敵」ばかりでしたよね。

亜城木夢叶は、「福田組」同士で金未来杯の獲り合いをして、新妻エイジをずっとライバル視してきました。また、サイコーと亜豆もお互いに高め合う関係です。それなのに、ライバルとの関係を作品には生かしてこなかった。

これは、大場つぐみさんが、いままで意図的に出してこなかったのでしょうね。「いつか作中作のネタに使える」と思って、温存していたのだと思う。

よくわかんないけど

今回のサイコーは、久しぶりにエンジンがかかったシュージンを見ても、何の感動もない。普通だったら、それほど乗り気じゃなくても、応援する気持ちが出てくるはず。

──そう、サイコーは普通ではないのです……。

サイコーくらい他人に冷たい主人公は、ちょっと思いつきません。ブチキレた「ゴンさん」ですら、キルアのことを気にかけていたのに……。

あと、すこし気がかりなことは、とりあえずの目標は 「NATURAL」の 上にいくこと──と消極的なところです。「この勢いのまま、『CROW』も抜く!」という意気込みが聞きたかった。

こんな 子供騙しの 暗号に…

セリフがないページなので、隣とまとめます。

いきなり『PCP』が始まりましたね! サイコーの画力は、もはや小畑健さんと同じレベルになったようです。本編との絵柄の違いは、影のつけ方くらいでしょうか。あとは、意識してコマとセリフを減らしている。

ちょっと笑ったのが──、明知はうしろから見ると、「ジャンプ」編集長の佐々木みたいに見えます。小学生にしては、ちょっとヒタイの面積が広い気がする。──まぁ、それはマンガ・アニメキャラの宿命ですケド。

あと、明知の顔は、すこしまぶたが厚ぼったいから、エイジのイメージなのかも。たまにエイジがする「(キリッ」の表情に近いですね。

それよりなにより──、どちらも、まゆ毛が細い。

[2] このページの一番上へ戻る