• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 100 ページ 「余裕と落とし穴」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 41 号)

Kitty Kiss
(ファーストキスの味は──ウソをついてる 『味』だぜ……

ついに、100 話目となりました!

第 1 話目を読んだ瞬間から「これは面白い!」と確信して、ずっと感想を書き続けています。1 日にコーヒー 1 杯分の料金で続けられる保険や、朝 1 杯の飲尿健康法・「一日一殺」(by. ゼノ)──などと同様に、続けてきて良かったと思います。

『バクマン。』は、セクシィ路線へ走ることもなく(「亜豆家の美人親娘、ついに──ヘルメットを脱ぐ」とか)、ヘンな方向性も目指さず(「中ナントカさんの収穫日記」など)、ダレる展開もなく(「シュージン、空島へ行く」……)、いつも面白い!

これからも、ずっと続けて欲しいです。

主人公である亜城木夢叶が立ち向かうべき相手──佐々木編集長を藍染隊長だと思えば、あと 100 年は戦えるでしょう。マンガの世界の「一瞬」は、最低でも 3 週間以上のことですから……。

一瞬 : BLEACH(ブリーチ)のコラ画像まとめ

編集長の机に

「PCP」のアニメ化の 企画書は、前回の終わりにも出てきました。これは、ベテラン編集者からすると、何てことのない話らしい。でも、読者にとっては、港浦と同じくらいの衝撃でしたよね。

港浦は、これからも「読者目線の解説役」として活躍しそうです。今回も、『サザエさん』のカツオみたいな顔をして、いいリアクションを取っている。

アニメの話がせっかく来ても、やるかやらないかは 編集長の胸ひとつとのこと。これはキツイですよね。ということは、どんなに読者が待ち望んでいても、アニメにならない作品も出てくるわけです。

『トリコ』とか……(理由はみんなで考えよう)。

島袋光年 #来歴・人物 - Wikipedia

鶴の一声で?

吉田までもが、まだ そんな事も 知らなかったのか、とあきれた顔をして港浦を見ています。──おいおい、そういうことは、キミたち先輩が教えることなのでは……?

山久は、港浦よりも後輩のハズなのに、アニメになる流れを知っているような態度ですね。吉田から教わったのか、知ったかぶりをしているのか。

いずれにせよ──、港浦と山久との、掛けあいマンザイのようなやり取りがなくなって、すこしサミシイところです。倦怠期?

ここで、『PCP』はアニメというより ドラマ向きだという話が出てきます。これは──雲行きが怪しくなってきましたね。あくまでも、「亜城木作品がアニメになること」が夢の終着駅です。

でも、『PCP』がドラマになったとして──、

亜豆は、ランドセルが似合うかな(そういう問題?)。

仕事場 行く途中

中学生のころから、サイコーとシュージンは変わっていませんね。いつまでも仲の良い、さわやかなコンビです。10 年後も 20 年後も、同じように仕事場ヘ一緒に向かうのだろうな。

実際に、ここまで仲良しのコンビはいるのかな……。

それに、亜城木の 2 人でドリンク類の補充もやっている。普通だったら、アシスタントやカヤに任せてしまいそうですよね。どこまで性格の良いコンビなんだ。

作者は、亜城木夢叶に「理想的なマンガ家像」を投影しているのかもしれませんね。

本当に 大丈夫か?

サイコーとシュージンが公園でくつろぐ姿は、久しぶりに見ました。これまたサワヤカ度がアップです。何も知らない人が見たら、「エエ若いモンが、こんな昼間に──」とか思われそうだケド。

思えば、コンビが崩壊寸前となった原因(の一つ)も、この公園でサイコーが目撃したキスでしたね。カヤも入れて、3 人にとっては思い出深い公園です。

一方、中井は真冬の公園でのがんばりを台無しにした。

完全犯罪 成立

『走れ! 大発タント』の時は、「子どもたちが楽しんで読んでいる──というウワサ」程度の反響でした。『PCP』は、完全犯罪をマネする子どもまで登場しましたね!

──字面だけを見ると、PTA から怒られるな……。

『PCP』のキャラになりきっている子どもたちは、とても楽しそうです。「かめはめ波ごっこ」や「波動拳ごっこ」に通じるモノがありますね。とくに、安之城舞のマネをしている子は、将来性あるな……(何の?)。

そんな子どもたちを見たサイコーとシュージンは、さぞかし喜んでいる──と思ったら、何だか浮かない顔をしている。

自分も、シュージンと同じで上手く いきすぎてて何か 怖いという感想です。この微笑ましい場面が象徴するように、なにか落とし穴があるのでは……。

[2] このページの一番上へ戻る