• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 100 ページ 「余裕と落とし穴」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 41 号)

Bella bestia durmiente
(これが──善人と悪人を 嗅ぎ分ける鼻だッ!)

もうすっかり大御所の先生になってきたシュージンが、アシスタントのネームを見てあげました。

このシーンを見て思ったことは──、「人の作品の悪い点を指摘することは、簡単だ」というシンプルなことですね。これには、納得できる人も多いでしょう。普段から、赤の他人が書いたマンガや記事に、文句ばかり言っているのですから……。

ところで、今週号のジャンプから、『エニグマ』という作品が始まりました。まぁ、設定はよくある話で、『未来日記』やら何やら、いろんな作品の名前が浮かぶことでしょう。「ソリッド・シチュエーション」(極限状態)であるため、映画の『SAW』シリーズにも似ている。

意外と「ジャンプ」にはこの手の話がすくないし、絵もまあまあ上手なほうなので、面白くなりそうです。

しかし──、『エニグマ』は「見せ方」が致命的にヘタなんですよ。コマ運びも表情もチグハグだし、セリフがぎこちないし、ところどころ何を言いたいのか分からない。

あと、ヒロインの名前が「しげる」て……(全国の同名さん、ゴメン!)。

──そんなことは、「ジャンプ」読みだったら一読で分かりますよね? 流し読みでも目につく。

だから──、それを指摘して直すのが編集者の仕事でしょう!こんなに編集者が頼りないと、批判ばかりしている人を雇って、「ネーム直し屋」を開業したほうが良いのかも。

たぶん、「ネーム直し屋」に作品を見せた作家の多くは、「ハート壊し屋」に思えるだろうケド……。

今からでも いいかな?

白鳥は、サイコーにもシュージンにも期待されているようですね。そこには、たしかなを感じる。

あの「液体窒素」や「氷河期」・「冷凍庫」などの代名詞であるサイコーですら、白鳥のことを気遣っています。ここまで亜城木コンビに好かれている人物は、ほかには亜豆とカヤくらいしかいません!

みなさん、新妻エイジと「亜城木先生」が初めて出会ったときのことを、覚えていますか?

初対面で歳が近くて嬉しいとか、一緒にジャンプでやっていく 仲間だとか、仲良くしてくださいとか言っているエイジのことを、亜城木の 2 人は──これ以上ないくらいにドン引きの目で見ていたのです。

「最近の若いモン」の中でも、こんなに冷たい人は、珍しいと思う。

バクマン。 #18-2 「ライバルと友達」 エイジの離れ業と仲間意識 : 亜細亜ノ蛾

ここまで冷血コンビに期待されている白鳥が、面白くないネームを描いてきたら──、それはそれで面白かった。港浦の出したネームのアイデアを見たときのように、「う、うーん……(頭をポリポリ)」みたいな。

ところが、白鳥のネームは面白かったようですね! 天は、二物も三物も与えるものなのです(絵の才能・お金持ちの家・美人でクールな姉・母の巻き毛・父の立てた襟など)。

シュージンの解説を聞く限りでは、蒼樹紅が好きそうな話ですね。蒼樹が話をふくらませて、白鳥が絵を描く──、これが理想的では?

──いや、それはダメだ! なぜなら──、蒼樹と白鳥のキャラがカブってる

主人公の キャラ弱いような

かつての亜城木夢叶作品──つまりはシュージンが作る話は、いつもキャラクタが弱いと言われ続けていました。

それが今では、主人のほうから白鳥へ、キャラの弱さを忠告するまでになっている。しかも、「ジャンプ」では何がウケルかといった部分のフォローもできていますね。

本当にシュージンは、どんどん頼もしく なっていく

よく考えたら、一緒に金未来杯で競い合った作家の中でも、亜城木夢叶は「連載した本数」なら一番なんですよね(3 本)。それだけ、短い期間でも経験は深い。

折原は、このページでも完全にモブキャラと化していますね……。港浦のようにジャマをしないだけマシ──な存在になっている。彼が亜城木夢叶のライバルになる日は、来るのだろうか?

今週は 5 位

ずっと順調な話が続いてきたので、このあたりで「調子に乗りすぎたシュージンのネームのせいで、『PCP』の順位が急降下」になるかと思いました。そんな事もなく、順位は安定しています。

さらに、小説版『PCP』の話も決まりました。ただ、残念なことに、こちらはシュージンの出番はないそうです。『+NATURAL』の小説版と──つまりは岩瀬と、競い合って欲しかった!

それにしても、ライトノベル作家の田鍋一揆とは、挑発的な名前ですね……。『カラフジカル』の間界野昂次(まかいの こうじ)みたいに、同じ読み方の有名人似た名前のキャラがいるのでしょうか。

本物だな ……

ここまで順調すぎると、ちょっと怖いな──と思っていたら……。

読者が知る限りでは、この時点で服部が「PCP」は アニメには ならない、と言った理由は分かりません。「いまのところは」といった但し書きもない。

もしも、「題材的に『PCP』は地味だからアニメにできない」と編集長が判断したとすると、今までの苦労は水の泡です。そうか、アニメ化を見据えるなら、やはり派手なバトル物が良かったのか……。

いやいや、すでに 2 社からアニメの企画書が来ているし、編集長も「(アニメにするにはまだ)気が早い」と思っていました。だから、あと一年くらい連載が続けば──という条件なら納得できる。

あの服部が断言している以上は、正式に編集長・編集部から出された結論があるはずです。それは、何だろう……。

まさか、シュージンがイタイケな少女とゴニョゴニョしたとか……? ゴホンゴホン、しまぶ……ゴッホンゴッホン! いや、何でもないです、急にセキが出ただけでしたけし……。

[2] このページの一番上へ戻る