• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 101 ページ 「苦情と上昇志向」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 42 号)

wash tub
(ついたのは──スポンジの泡)

今回の内容は重いですね……。

『PCP』の最大の 売りが、アニメ化を 考えると 最大の欠点に なる。──そんな批評を受けたら、先がありません。

たとえるならば、『ドラえもん』を読んで、「タイムマシンで時間旅行? いや、 そのりくつは おかしい」と言うようなものです。

「それを言われたら何もできない」という一言が、人をダメにする。

ならないと 思っていた方が いい

なぜ『PCP』はアニメにならないのか?

──前回に引き続き、亜城木夢叶も読者も無視できない問題が、目の前に立ちふさがります。どうせ立ちふさがるなら、グラマラスな美女がイイですね。

亜城木作品のアニメ化を誰よりも望んでいるのは、サイコーのハズです。それなのに、シュージンが全力で食いついている。服部につかみかかるのでは──と思わせる迫力です。

シュージンは、どこまでも友だち思いですね。

サイコーは、いつまでも自称・人見知りです。

服部が言うには、「PCP」は スポンサーが つきにくい、とのこと。自分が前回の感想で書いた、題材的に『PCP』は地味だからアニメにできないのでは──という予想は、またまた大ハズレです。てへ。

君達には 見せてないが

『PCP』に対して、作者宛の抗議の 手紙も多いという事実は、予想できました。でも、あらためて聞かされると、ショックですね。サイコーとシュージンが受けた衝撃のほうが、その何倍も大きいでしょう。

自分が何度も主張しているように、マンガなどの創作物を目にした子供が真似して困るという場合に、一番悪いのはその子どもです。その子ども個人の問題である──と断言して構わないと思う。

ただ、「世間」というヤッカイな魔物にとっては、上記の主張なんて狂気の沙汰と思われるだけでしょうね。

自分からすると、“「ジャンプ」”は子供達に 犯罪や悪戯を勧めるのか?なんて苦情を出すほうが、よっぽどアレだけれど……。

妙にリアルで 不可能じゃない

『PCP』には「まだ面白さが足りない」とか「連載の話数がすくない」・「キャラに魅力がない」といった理由でアニメにできないのであれば、努力して改善できます。

たとえば、『疑探偵 TRAP』のときには、スタイルを守り続ける事で ファンが付く方に賭けるといった勇気ある決断を亜城木は選びました。そして努力の甲斐あって、すこしずつ人気が上がっていったのです。(『バクマン。 (5)』)

しかし、『PCP』の根本的な良さがアニメ化のジャマになるのであれば、打つ手がない……。

皮肉なことに、サイコーにとっては、邪道で 人気マンガだとか、亜城木夢叶の 完成形だとか──はどうでも良くて、アニメになることが目標でした。

これから、どうするのだろうか……。

高木くんは 何も間違ってない

亜城木夢叶は、なぜそこまで アニメ化に こだわるのか──。服部は、まだ知りません。まわりの人間から見れば、すこし異常にも見える執念です。

そもそも、服部の視点から見れば、シュージンがアニメ化にこだわっているようにも見えるはず。そうすると、余計にこだわる理由が分からないでしょうね。

いつも そう思って

シュージンのひと言がサクレツしました。そうか、夢なんです! と叫べばいいのか。これは格好いい!

サイコーやオレら(ら?)が説明すると、「えっと、そのぉー、カノジョと結婚したいんでぇー。ふひひ」となるかもしれない(?)。シュージンが代弁して良かった!

この心の叫びを聞いて、服部も納得したようです。しかし、もうすでに、シャウトやソウルの問題ではなかった……。

[2] このページの一番上へ戻る