• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 101 ページ 「苦情と上昇志向」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 42 号)

Next to nothing
(次に勝利の美酒を味わうのは──誰だ)

マンガの原作者と作画担当者との関係は、読者からするとなかなか微妙な感じがします。

たとえば、『DEATH NOTE』や『バクマン。』が面白いのは、「誰」の力なのか……。もちろん、大場つぐみと小畑健さんの、両先生の力で成り立っている。そうとしか言いようがない。

最近、過去の作品をリメイクすることが多いですよね。同じ先生が続編を描いたり、別の作家が絵柄だけ変えて作ったりする。自分の知る範囲では、成功例はすくないです。手塚治虫の作品は、あの絵柄だから良いのだ!

そこで思ったのですが、上記のようなリメイクがあり得るなら、「原作者は同じで、作画は別のマンガ家が描く」というアレンジも可能な気がします。

美味しんぼ 』の絵をほかのマンガ家が描いたら──、違和感しかないかな?

そうやって考えていくと、いま再読している『ギャラリーフェイク』は、すさまじい作品です! あの美術史の光と闇を、一人のマンガ家が考えて描いている、原作者はほかにいないなんて、ちょっと信じられません。

だって、作者の細野不二彦さんって、『さすがの猿飛』や『Gu-Gu ガンモ』を描いた人ですよ……(スキトキメキトキス)。どんだけ作品の幅が広いんだ!

じゃあ 僕は これで…

もう、絵に描いたような展開ですね。

白鳥のネームを一読した服部の、面白いという表情がすがすがしい。それに、まだ途中の段階で面白がっている。つまりは、「状況説明」の部分から読ませるネームなんですね。新人の読み切りで、この反応は珍しいでしょう。

森屋のネームとは対照的な結果です。自信家の森屋も、さすがに傷が深いようですね……。プライドが高い人間ほど傷つきやすいですが、早く立ち直って次のネームを描いて欲しいです。

そういえば、白鳥と森屋の衣装を見ると、ネームの善し悪しと同様に「白と黒」になっている。偶然でしょうか?

服部の視点に立ってみると、サイコーとシュージン・岩瀬・白鳥──と「期待の新人」を見続けている。まだ世に出ていない「将来の星」をいち早く見られる立場は、マンガ好きならタマラナイでしょうね。

それ以上の駄作も見なければなりませんが……。

おめでとう! は まだ早いか

白鳥の作品は、話の構成がいいし、絵もいい。それなのに、白鳥はネームは提出しないと言う。なぜだろうか?

冷静に第三者から見れば、プロのマンガ家──しかも「ジャンプ」の人気作家がつきっきりでネームを直せば、そりゃ面白くなりますよね。でも、白鳥自身が言い出すまで、誰も気がつかなかった。

それほど、亜城木の 2 人が白鳥を応援する気持ちが強かった、ということです。ついつい必要以上に応援したくなる人、いますよね。

『バクマン。』では、キメのセリフを言うときには、「目の中に長方形型のハイライト」がよく入ります。ザックリと確認したところ、これはサイコーとシュージンのほぼ専売特許ですね。エイジすらこの演出はない(すくない)。

ところが、今回の白鳥は、この「キラッ☆」を使いこなしている。お、恐ろしいまでの潜在能力だ……!(そうか?)

そういう 事か…

上で名前を挙げた期待の新人たちも、最初にネームを持ち込んだときには、直す部分が多かった。それから服部の指導を受けたり、自分たちで改善したりして、どんどん面白くなっていったのです。

その過程もまた、マンガ作りの醍醐味でしょうね。

白鳥の場合は、初稿から直していったシュージンの力が大きい。普通に考えれば、「ジャンプ」で連載中の作家から助言されたネームなんて、ボツにしますよね。でも、策略家の服部は、いつも大胆な手を打つ。

ところで、服部がノートを見つめている場面が多いせいか、「学生と先生が集まってゼミを開いている」ように見えて笑えます。セリフを改変して「進■ゼミ」のマンガにできそう。

もし 連載に 持っていこうって

かつて港浦は、亜城木夢叶にギャグマンガを描かせるために、高木くんが 他の人に 絵を描いてもらうと提案しました。サイコーの気持ちを無視することになるため、シュージンはこれまでにないくらいに怒ったのです(『バクマン。 (7)』 p.148-149)。

──あれは何だったんだ……、と今回の展開を読んで思いました。担当の意図する作品を作るために、シュージンが話を作って白鳥が絵を描く、という部分は港浦の提案と同じですよね。

当のシュージンは、服部の案を受け入れられるようです。原作者は、そんなに余裕があるのか。それに、そう言えばシュージンの目的は「マンガ家になって金持ち」なので、多くの原作を手がけたほうが良いわけです。

サイコーはサイコーで、服部はもちろん、白鳥の前では自分の本心が言えない。見ていて、じれったいんだよなぁ……。

今回のように、白鳥作品の原作をシュージンが書くようになると、ますます亜城木作品のアニメ化が遠ざかる気がします。

「真城最高── 42 歳・独身。まだまだ俺達の漫画家人生(たたかい)はこれからだ!!」「ご愛読ありがとうございましt」──みたいな終わりかたが、何だか頭に浮かぶのですが……。

[2] このページの一番上へ戻る