• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 102 ページ 「画家と漫画家」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 43 号)

Schotzy's Bath
(家族の一員として──手伝った結果がこれだよ!)

今回の白鳥は、珍しく柄物のシャツを着ています。何だか複雑な柄になっている。このシャツを見ていると、某(棒?)・元首相を思い出しました。

そんな装備で大丈夫か? と言いたくなるところですが、着る人が着れば様になるのです。

原作 高木先生 !?

名解説役の折原がほえる!

このところすっかり、折原は「状況の説明」に徹していますね。彼だけスピンオフして、バトルマンガで十分にやっていけそう。そういえば、バトルマンガには解説役がすくなくなっていますからね。

『BLEACH』は解説する人がいないから、自分で長々々々々──とワザを説明している。大道芸の領域です。

白鳥の『恋太 & ピース』は高木が原作を書くと聞いて、森屋がガクゼンとしている。自分の作品との差を感じて、ビックリしたのでしょうね。

それよりなにより、森屋の作品はネームの段階でボツにされた──つまりはストーリィが悪かった。それなら、ほかの人が原作を書けば良くなるかもしれません。でも──、もうシュージンには頼めないのです。森屋は二重にショックでしょう。

白鳥の作品が連載となれば、シュージンは 2 つの作品を手がけることになる。そうなると、亜城木夢叶の新作を始めることもできない。──サイコーも気にしている様子です。なにか打開策はあるのでしょうかね。

一日早く UP できそう ですね

このページでも、折原は解説しています。でも、サイコーは折原に冷たく接しているような……。まぁ、サイコーが冷たいのは、いつものことですけどね。

初期の高浜と比べると、折原は格段に話しかけやすい人物です。そのためか、白鳥はずっと折原に話しかけている。ほんのすこし前までは、森屋と楽しく口論をしていたのに……。おんn ──男心と秋の空。

サイコーのモノローグ(独白)が気になります。でも アニメには ならない… だとすれば、のあとには何が続くのか。いまでも、「ジャンプ」で 2 作品目を同時に連載する、と考えているのでしょうかね。

白鳥の根性を見たサイコーは、ねぎらいの言葉をかけています。サイコーも白鳥も、「自分には絵(を描くこと)しかない」と思っている。それは、劣等感でもあり、誇りでもあるのです。共通点を感じているでしょうね。

細かい話ですが、サイコーのデスクには、『背景カタログ』が載っています。もう彼が背景を描くことはないと思うのに、なぜ? パーティションの代わりでしょうかね。

よく 描けている!

『恋太』の原稿は、服部も納得の出来栄えだった。シュージンが何度も直した経緯を白鳥から聞いたときに、ボツにしなくて良かった──と服部も思っているでしょう。

作画だけでも マンガ家を目指すかどうか、と服部に聞かれた白鳥は、さわやかにはい! と答えています。すがすがしい表情ですね。

性格の悪い自分は何回も書きますが──、初期のころに見せた、あの白鳥の暗黒面は何だったんだ……。文字通りの「黒歴史」と化していますね。

バカ 言うなよ!

そうそう、亜城木の担当が港浦だった時代(紀元前)に、月例賞(トレジャー)でのトラブルがありましたよね。服部と同様に、自分もすっかりと忘れていた。

それにしても、服部にしては珍しいミスですね。──それとも、また策略なのかも? 編集者が、目の前の原稿を見ずに捨てるわけがないのです。

相田も興奮するくらいに、『恋太』は面白い。しかし、白鳥の作画は一度も読者の前には出ていません。小畑健さんの中で、まだ白鳥の絵柄が固まっていないのでしょうか。白鳥の絵は、「蒼樹紅の絵を上手にした感じ」になると見た!

電話 失礼します

なんと、『恋太 & ピース』は、「ジャンプ」本誌に掲載です。しかもセンターカラーとのこと。新人の作家にしては、最上級の扱いですね!

さらに言えば、原作が亜城木夢叶の高木秋人だから、白鳥の作品が選ばれた──のではないのです。あくまでも、白鳥の絵が評価されている。

読者(オレ)からすれば、そんなことよりも──、白鳥が完全に女性化していることのほうが気になる……。蒼樹先生、超えちゃってる(驚異以外は)。

[2] このページの一番上へ戻る