• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 105 ページ 「不良品とアタリ」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 46 号)

Rubber Duck
(「私には──広すぎる風呂だ」)

『ホームレス・マンガ家』という新ジャンルを創り出しそうな白鳥でしたが、ようやく住む場所が見つかりました。カヤの父親が不動産屋なのは、非常にありがたいことです。

サイコーとシュージンは、不動産にも才能にも恵まれていますね。才能は努力で伸ばせるけれど、土地はそうそう簡単には手に入らない。

カツオも、花沢さんとくっつけばいいのに。──まぁ、原作には出てこないケド。

参考: 今日もやられやく マジで!?

白鳥くん 何か おかしい

さすが、血液が絶対零度のサイコーです(白鳥星座?)。白鳥の異変にも、まったく気がついていない。

あと、サイコーがストップウォッチを操作するタイミングは、いつも誰かと会話をしているときです。わざとらしい気がする。最近のサイコーは、地獄のミサワの絵柄が似合いそうです。

きっと、白鳥家のお風呂は──、ライオンの口からお湯が噴きだしたり、泡がぼこぼこ出てきたり、床が大理石だったりするのでしょう(お金持ちに対するチンプな想像)。

いまの白鳥は、お風呂には入れないし、外は寒いし……。自分だったら、半日で逃げ出したくなります(どこへ?)。なにより、寒いのが苦手だ!

一方、折原は半袖だった。

公園で 待ってます ……

驚いたことに、ピースを公園で待たせている、と白鳥は言う。カヤが心配するように、保健所にでも 連れて行かれたり、誰かにイタズラされたり、知らぬ間に成長していたり──と考えるとこわくなります。

このページの白鳥を見ていると、ピースは利口だけれども──白鳥はそうでもないかも、と思えてきました。今回はピースが無事で良かったけれど、一歩間違えたら……。

白鳥には、世間というモノを知って欲しい。──楽しそうにピースとじゃれ合っている白鳥を見たら、何も言えなくなりますけどね。

何で マンガは ダメなのよ?

初めて描いたマンガが「ジャンプ」に掲載された。──プロの原作者(シュージン)がついているとはいえ、天才的と言えるでしょう。その意味では、白鳥は平丸と似ている。

しかし、「ジャンプ」に載ったら 嬉しくてたまらなくて──なんて感情は、平丸からは出てこないでしょうね。どこかの小説家みたいに、「マンガはビジネスで描いている」と平丸は断言しそう。

やり甲斐が あるって!

ベタとトーンだけでも 超嬉しい、というカヤみたいな人は、アシスタントに多いでしょうね。そこからマンガ家になるためには、いくつもの試練が待っている……。プロの作家になっても、楽しくマンガを描けたら最高です。

中学生のころからずっと一緒だったシュージンとカヤは、いまだにイチャイチャしているらしい。3 年間も付き合えば飽きが来る、と世間では言われているのに、これは微笑ましいですね。

あたしに まかせてとピースするカヤが、決まっています。なんだかヒロインみたい。なんとなく、安之城舞っぽい感じに見えました。

次の日の朝から 部屋探し

「白鳥は世間知らず」を描いた 1 ページです。

ここまで家事ができないところを見ると、白鳥家では家事も母親がすべて仕切っているのでしょうかね。それならば、白鳥はもっと母親を尊敬するべきです。

──いや、あの母親が食器を洗っている姿は想像できないな……。家政婦さんが家事をやっているのかも。なるほど、家族の誰もが炊事も洗濯もしていなければ、今回の白鳥みたいになりそうです。

カヤに頼りっぱなしの白鳥は「ちょいウザ」ですが、かわいらしい。年齢はそう変わらないはずなのに、カヤのことを姉か母のように慕っています。

白鳥:
「香耶さん! お風呂が狭くて体が洗えません 不良品では?」
カヤ:
「もう バッカじゃないの! こうやって洗うのよ!(ごしごし……)」
白鳥:
「(計画通り……!)」

あれれ~?

[2] このページの一番上へ戻る