• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 108 ページ 「愛読者と一目惚れ」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 49 号)

I'd Be Tickled
(はがきには──たっぷりの愛を込めて)

福田の男らしい行動が出てきました。

ルックスもイケているメンだし、言動には責任を持つし、男気があって格好いい──。そんな福田なのに、公称ではカノジョがおらず、男 3 人のむさ苦しい仕事場で働き、たまに雄二郎と会話するだけ。蒼樹とは仕事上だけの関係で、ほかに浮いた話の一つもない。

もしかして、福田って……。

そういう(どういう?)視点から見ると、福田が描こうとしている「少年恋愛マンガ」というジャンルが、あやしく輝いて見える──、という人もいるとかいないとか。

面白い です !!

新妻エイジは、小学 5 年生最初から付き合ってる──という衝撃的な読み切りを描くつもりです。それは──、「少年マンガ」として面白いのか? いくらエイジでもムリなのでは……。

ところが、この読み切りのことを、エイジ自身はこう呼んでいる。

愛は勝つマンガです !!

この、ほかの編集者からは新妻ファンは こんなの 求めてないと呼ばれるような作品が、なんだか「少年マンガしている」ように思えてきました(それにしても「新妻ファン」って……ごくり……)。

ネームの段階では恋愛要素が濃いめでも、マンガにすると「ジャンプっぽい」仕上がりになるのかもしれませんね。

やはり彼は天才だッ!

キミに恋愛ものなんて

そして福田も参戦するという流れですが──、誰も頼んでいないのにわかったよ くそっ! と言いながら首を突っ込む所が彼らしい。「福田組組長」としては、組員たちの暴挙を放ってはおけない──というところでしょうか。

福田がすごいところは、ノリと勢いで言ってしまったことは彼自身も把握しているだろうに、その次の瞬間には「もっと面白いこと」を思いつくところです。『H×H』の登場人物みたい。シュージンも似たところがあるけれど、福田のほうが瞬発力がある。

ああ、福田が勢いで、蒼樹にプロポーズしてくれないかなぁ……(もちろん、影から平丸がのぞき見ている状況で)。

どれが 一番面白かったか

愛読者賞などという 20-30 年前の企画を知っているだけでもすごいのに、編集長に面と向かって今回も 順位つけて もらおうかと福田はせまる。

どんだけ大物なんだよ!

これで「態度だけは立派」な人だったら情けないですが、一応は人気マンガ家だから、福田の堂々とした言動はサマになりますね。

吉田は、いつものようにド S ぶりを発揮しています。でも、じつは平丸のためを思っての行動なんですよね。蒼樹の前で平丸が醜態をさらすのは良くない──と思って叩いている。

吉田と平丸との関係は、見ていて微笑ましくて和む。

僕にひとつ 考えがある

芸術(マンガ)の世界で第一線を突き進んできたけれど、平丸は典型的なサラリーマンタイプです。いつも、吉田氏に操縦されている。きっと、結婚してからは奥さんからも操られるのでしょうね。給料や印税は、妻がすべて管理するはず。

蒼樹が言うように嘘の つけない 人だし、平丸はかなりお買い得物件です。お見合いでは良い話が来ないようですが、もったいないなぁ……。失礼な言い方ですけれど、「外見だけ」の女性に平丸がだまされないか、心配です。

ようやく、新井先生が前面に出てきました。

外見からノホホンとした人かと思っていましたが、若い者には 負けませんと発言するような、意外と負けず嫌いの性格をしています。やはり、それくらい血気盛んじゃないと、「毎週が真剣勝負」の世界では生き残れません。

乗ろうじゃないか

面白い流れになってきました。

佐々木編集長は(ゲンドウのように)格好いいポーズで決めていますが、人気作家恋愛読切祭(スーパーリーダーズラブフェスタ)というネーミングは──そうとうにイカガワシイ。ラブのリーダーたちの祭りとは──それ、何楽天のネタなんだよ!

それにしても、このような宴の場で出てきた発言を、「社運を賭けて」みたいに重要な企画の決定事項にできるなんて──、そんな権限が編集長にはあるのでしょうか? 会議もなしに?

それとも、この決定だというセリフは、編集長の中だけの「オレ決定」であって、後日、せこせこと会議が開かれたりして。

[2] このページの一番上へ戻る