• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 109 ページ 「ロミオと一周年」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 50 号)

Mother and child
(恋はまだ知らないけど──ぼくにはママがいる!)

今になって気がつきましたが──、じつは、亜城木夢叶の作品の中では、『走れ! 大発タント』が一番アニメ化しやすかったと思う。はっきり言って、設定はほぼ『まじかる☆タルるートくん』だし……。

「かわいらしい(?)動物が出てくる子ども向けの作品」という意味では、『恋太』も『タント』も同じです。しかし、『タント』はバトルものにも化けやすい。グッズの展開も望める。アニメへ持って行くには、イタレリツクセリなのです。

ただし、サイコーにもシュージンにも、『タント』の作品は合わなかった。そこは間違いないので、やはり、担当者の港浦は、この作品を亜城木に描かせるべきではなかった──と思います。

たとえるなら、『ONE PIECE』の作者に「オトナの恋愛もの」を描かせてどうする? ──という感じ。

最後まで目すら 合わせない

自分が中学生の時を 思い出した──と服部は語る。初恋の思い出を臭わせる発言をするなんて、服部もロマンチストですね。慣れない人には無表情に見える彼にも、淡い甘い日々があったのか──と思うと面白い。

服部の中学生時代って、どんな感じだったのでしょうね? おそらく、スポーツマン──長距離選手っぽい感じがする。今と同じく面長だったことは、確実でしょう。

──ところで、こういう時に、「現実世界の服部氏を調べる」というのは面白くない。自分が書いているのは「感想」なので、あくまでも自分が想像する「服部像」を述べればいいのです。

調べることで満足すると、文章と心が死ぬ

今までと同様にシュージンが主体で打合せをしていたので、サイコーが主導でネームを描いたと聞いた服部は、かなり驚いている。実際には完全にサイコーが話を考えた──と知ったら、服部はどんな顔をするでしょうね。

アゴが伸び──もとい、外れるかも。

驚いたあとでも、すぐに服部は改善案を出せる。この頭の回転の速さが、彼の持ち味です。さらに、「普通の恋愛」と「進んだ付き合い」との違いが分からない──とサイコーが衝撃の告白をしても、素早く服部はシュージンへ頼む。

班長クラスまで含めても、服部ほど鋭い編集者はいないのでは? 前から言っているけれど、なぜ彼が出世していないのか、分かりません。逆に言うと、どうやったら「ジャンプ」編集部で出世できるのだろう?

時間ね ーーっ

自宅ならまだしも、仕事場で大声を張り上げるなんて、シュージンらしくありません。そんなにも、切羽詰まっているのか……。

シュージンが不満に思う原因は、『恋太 & ピース』の作者が亜城木夢叶じゃなく 白鳥シュンの 原作であることです。たしかに、第三者から見れば「いま、そんな事をしている場合なのか?」と思えてくる。

それと、本質を突く言葉をカヤが軽く言っています。

『恋太』のネームを間に合わせるのは、べつに 2 月の 連載会議じゃなくても いい──という点も、シュージンをイライラさせる原因だと思う。シュージンは努力し続けているのに、白鳥はあせっていない。

この原作者と作画との温度差は、言っても仕方がないことだけれど……。

あと、いまのシュージンは、「こんなに がんばっているのに 振り向いてくれない……」とヒロインに対して思う恋愛マンガの主人公みたい。

どうしたいん だよ?

そう、自分も一番恐れていたことは、『恋太』のほうがアニメになることです。『PCP』どころか、次に亜城木夢叶が描く作品にも、影響が出そうな気がする。

それ以前に、サイコーが描いている今回の恋愛ものも、はたして連載が狙えるかどうか……。

冒頭にも書きましたが、そう考えていくと、亜城木の 2 人が自分の持ち味を生かしたまま、「ジャンプ」でアニメ化を狙うのはムリがある。

ただ、「ネガティブなサラリーマンが主人公のマンガ」という異色作──『ラッコ 11 号』が(深夜枠とはいえ)アニメになった実績があります。何らかの抜け道はありそう。「アニメ化が可能な邪道マンガ」とか?

そうは 言ってないだろ!

シュージンがイラだっている理由は、自分のワガママにある──とサイコーは思っています。逆にシュージンは、もっと我を通せ──とサイコーに言う。

このすれ違いは悲しい。

サイコーはいつも、限界まで自分の中に問題をため込んでしまう。亜豆も似たところがある。これまでは致命的な状況を避けられましたが、それはただ単に運が良かっただけです。いつか、今回のように身近な人間との距離を開くことになりそうで、こわい。

ところが、まだ救いはあります。

シュージンはサイコーと比べて、思ったことはすぐに発言する。しかも、ほとんど失言はしたことがない。どんな時でも、相手を気づかいながら言葉を選べるのです。──港浦とは大違いだ……。

さらには、今回はカヤという仲介役もいます。今までサイコー・シュージン・亜豆の 3 人が離ればなれにならなかったのは、けっこう奇跡的なことだったりする。その奇跡を支えてきたのは、間違いなくカヤです。

加藤は、女性とはいえ「非実在青少年」なので、面白おかしく「さげまん」だと書いてきました(それもひどい話だな)。彼女のまわりにいた男性には、不幸が多すぎる……(サイコー入院・高浜打切り・平丸お茶会中断・中ドンブリさんそして伝説へ──)。

一方、カヤには「あげまん」の相が出ている。今回の亜城木夢叶の危機も、カヤがいればきっと丸く収まる──と信じてきます。

[2] このページの一番上へ戻る