• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 112 ページ 「パンチと一人立ち」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 01 号)

Zero & Splash
(これを飲めば 0 カロリィ──と言い切れる?)

シュージンの得意なジャンルは、ミステリィや SF などの「エグイ話」でした。そのため、「亜城木夢叶は邪道な話しか描けない」と読者は思わされる。一番「ジャンプ」マンガらしい『走れ! 大発タント』が失敗したことも大きい。

『バクマン。』という話自体も、最初は「『ジャンプ』編集部の暴露マンガ」だと思った人も多いでしょう。自分も、すこし思った。

しかし、じつは第 1 話目から、『バクマン。』は「恋愛マンガ」していたのです。ストーリィの大筋も、そのまま「(自分の作品をアニメ化して)ヒロインと結婚する話」ですよね。

サイコーとシュージンが力を合わせて恋愛マンガを描き、アニメ化を狙う──という流れは、「1 ページ」の流れからすると、当然に思えます。ここまでの複雑な過程は、すべて作者の「計算通り」だったのか……!

どこまで 魅せられるか

亜城木夢叶の恋愛読み切りは、ようやく話が決まりました。あとは絵を描くだけです。原作を書くという不慣れな作業を続けてきたサイコーは、やっと自分の力が発揮できますね。

『バクマン。』を読むと、話ができるまでは絵を描けない──というマンガの常識をあらためて思い知ります。それに、どんなに絵が素晴らしくても、ストーリィが悪ければ面白くない。

マンガの読者が目で追っているのは「絵」なのに、心に残るのは「話」です。作画の担当者には悲しい事実ですけれど、それでも、読者の心を捕まえる絵をもっと見てみたい!

不公平ですもんね…

亜城木が 2 本目の連載を始めることを、服部は頭ごなしに否定するかと思いました。ところが、可能性は 0 … とも言い切れない──とやや肯定的な態度ですね。

読み切りのネームもキッチリと描き上げて、あいかわらず『PCP』の調子も良い。あとはサイコーの作画スピードさえ上がれば、服部も文句を言う余地はないでしょうね。まぁ、この 2 人には何を言ってもムダだし……。

問題は、編集長が許可するかどうか──。


ネームの確認が終わった直後なのに、また描き直そうとする。どこまで向上心があるんだよ! という亜城木の 2 人です。

ここで心配なことは──、サイコーが絵を描く速度は、どれくらい上がったのでしょうかね? 読み切りにこれだけ時間をかけていても、『PCP』に支障がないくらいの早さなのは間違いないはず。

極端な話、将来は 2 本の連載を持つのであれば、その前に「仕事は週の半分で終わっている」状態が望ましい。だから現在、やや余裕があるのでしょうね。

亜城木夢叶の恋愛マンガも服部が担当するとしたら──、素晴らしい作品になるだろうけれど、服部の寝る時間が消失しそう。


あ、でも、サイコーは「ジャンプ」本誌だけではなく、「SQ.(スクエア)」での連載も視野に入れていましたよね。あの茨木編集長なら、こんなおいしい話を見逃すはずがない。「SQ.」の編集部・編集者が描かれるかもしれません。

ただ──、どう考えても、亜城木夢叶は「ジャンプ」での連載を目指すでしょう。アニメ化への近道だし、新妻エイジとの直接対決もできる。なにより『バクマン。』は、「ジャンプ」本誌のマンガです(これが一番大きい)。


「SQ.」と言えば、間界野昂次こと KOOGY はどうしているのかな……。いまだに『カラフジカル』を描いているとすると、音楽の活動はずっと休止中ということになる。

それとも彼は、マンガと音楽との「二足のわらじ」をはいているとか?(このことわざ、いつの時代まで伝わるんだろう?)

さらに妄想すると、蒼樹紅が「コージーさんと お付き合いさせていただいています」などと衝撃的な発言をすると、個人的には面白い。蒼樹には、自信たっぷりな男性が似合います。

福田と蒼樹とのカップル(古代語)も良いけれど、福田には「マンガ命(ラヴ)!」で生きて欲しい。

県下一の不良

その福田は、今日もアシスタントたちと仲良くお仕事です(どんな説明?)。アシスタントの 2 人はデフォルメされすぎて、もはや誰だか分からないけれど、かわいい。


面白いことに今回の読み切り祭りは、半数がサイコーとシュージンの影響を受けています。本人たちはもちろんとして、新妻エイジはサイコーの小豆拾い──もとい・小豆をさらう姿に感動し、岩瀬はシュージンに対抗心を燃やして参加した。

そして福田も、亜城木たちに挑戦するために読み切りを描きます。ここから先は偶然ですが、「ヒロインとの約束を守る主人公が、ヒロインの言葉で約束を破る」という展開は、サイコーと亜豆に似ている。

お嬢様も 鬼のように 強かった! といった描写は、じつに「ジャンプ」らしい。言葉を選ばなければ、アリガチとも言えます。そこを福田がどうやって熱く描くか──。見どころです(原稿は見られないと思うケド)。


今回はまったく、亜城木──と言うかシュージンと蒼樹との接点がない。せっかくカヤとも仲が良くなったのに、高木夫婦と蒼樹との描写が少なくて残念です。「ライバルだから」という理由ではないはずなのに……。

活躍している場面は少ないですが、山久は本当に良い編集者です。最初はてっきり、下心があって蒼樹に近づいたのかと思っていました。しかし、彼は純粋に「蒼樹には面白いマンガを描いて欲しい」のですね。

以前の蒼樹から「生理的にムリ」と思われていたケド。

今回の蒼樹作品は、とうとう下着までは描かなくても人気が取れる──という評価を得ました。蒼樹も成長しているのですね。肉体的に──ではなく! マンガ家として。

または、この場面はさりげなく、「一度セクシィな路線を描いた作家は、ずっとエロのインフレ」という読者の期待に対する批判なのかも。

まぁ、エロを描いても、読者からの支持をまったく受けなかった──よりはマシだとは思う。大阪へ行ったり、ね(何の話?)。


エイジの恋愛読み切りには、不安しか感じません。

雄二郎を含めて、だれもエイジの読み切りを面白がっていない。今回のアフロも、どうなんだ これ? と疑問に思っています。「面白い・面白くない」という軸ではなく、「分からない」という評価に感じる。

もしかして、「恋愛をする」という概念自体がエイジの創作で、他人には理解ができないとか? それならある意味「新しい」けれど……。単純にマリモ頭(誰?)は、「どこが面白いのか分からない」と思ったのでしょうかね。

なんですか この キャラデザイン!

八本木 八郎(本名……?)の絵柄は、かつての石沢とソックリです! ひょっとすると、やっぱり「八本木」は石沢のペンネームなのでは? 港浦だったら、コロッと簡単にだまされそうだし……。

「萌え絵」にありがちなバランスの悪い絵(顔の左右でパースが違う)を、小畑健さんの絵柄で見るのは、なかなか前衛的な試みです。『バクマン。』という作品自体が、小畑さんの挑戦ですけれど。

今週号の絵が全体的に荒れているのは、この巨乳中学生を描くための努力で、小畑さんが疲れたのに違いない!


ここで中♯さんの名前が出るとは……(なかしゃーぷって誰?)。これはもしかすると、φ井さんが復活のフラグか!? リンゴ作っている場合じゃねぇっ!

参考: メシ食ってる場合じゃねえっ! - 2ch全AAイラスト化計画

新妻エイジという一流のマンガ家に、初連載から作画を担当してもらった岩瀬は、かなり目が肥えています。その彼女から見ても、『hide out door』の絵は良いと思えるのでしょうね。

絵だけは、たしかな人だったな……(遠い目)。


ところで、「胸の大小」や「美人」というキーワードに岩瀬が食いついてくるのは分かるとして──、彼女と中丼さんとの接触を、港浦が避けたがるのはなぜでしょうか? ただたんに、作画担当を変えるのが面倒くさかったりして。

それとも──、女性トラブルが 原因で「ジャンプ」を去った中++++ さんは、「集英社・ブラックリスト」に入っているのかもしれませんよ。『BB ケンイチ』の最後は、無断で休んだし。

やっぱり、さようなら、なかゐさん……。

連載ネーム 用意しとけって …… !?

ほかのマンガ家・マンガ家志望者が、どれほど雑誌での連載を熱望しているか──など知らずに、平丸はふざけたことを言っています。

その「蒼樹とのお茶会」と「休むこと」しか考えていない平丸は、吉田からも平丸くんならではの傑作だと絶賛された作品を描いている。

平丸の才能は、枯れることがない!


吉田氏に「操縦」されている平丸──という構図も、本当は平丸の演技が入っています。どうも最近の平丸は、この吉田との関係を楽しんでいるフシがある。『レベル E』に出てきたような、高度なプレイです!

冗談抜きで平丸は、吉田のためにマンガ家を続けているのが半分だと思う。なんだかんだ言って、吉田に褒められることが、平丸の喜びになっている。

平丸と吉田は、オトナの関係──ですね。

[2] このページの一番上へ戻る