• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 112 ページ 「パンチと一人立ち」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 01 号)

There's more than one way to scratch an itch!
(これがベテランの熟練した──もふ術)

今回の「人気作家恋愛読切祭(スーパーリーダーズラブフェスタ)」は、参加者の大半にとって新しいことへの挑戦です。

とくに、新妻エイジが描く恋愛マンガなんて、これまでの展開からは想像ができません! できれば、実際の原稿を読んでみたい!

いかにも恋愛の経験がなさそうなエイジですが、恋愛マンガを描く時の減点にはならないはず。蒼樹も岩瀬も、条件は同じです。

──亜城木夢叶のほかは、全員が同じかも……。


新しいことに挑戦すると言えば──、自分の友人が作詞でデビューしました!

お友だちの「なほべ」さんが歌詞を書いた曲は、全国で発売されています。最低でも、ひとり 10 枚は買いましょう!

友人が作詞で全国デビュー! MACK 『Call it life』 - 亜細亜ノ蛾 - ダイアリー

自分もチャレンジとして、小説(ショート・ショート)を書いてみました。ジャンルや元ネタを言うとネタバレなので、伏せておきます。

良かったら、気軽に読んでみてね!(日本語訳: ツイートやブログ・ブクマで宣伝してください)

絶対に笑ってはいけない洋館 - 亜細亜ノ蛾 - ダイアリー

すごい企画 ですね……

加藤って、こんなに恋をしたがる女性でしたっけ?

中ナントカさんとのドラマが途中で入ったために、加藤は「恋をする気がない女性」なのかと思っていました。そうではなく、加藤は「年下が好き」なんですよね。

たぶん、中♯さんが加藤より年下でも遠慮するケド。

そう言えば加藤は、暗黒の力でサイコーを押し倒す(※ただの過労です)直前に、彼への思いをアピールしていましたね(『バクマン。 (6)』 p.18 以降)。

それを聞かされた高浜は、アゼンとするばかり。

あの時の加藤は、目をギラギラと光らせて──もとい、瞳をキラキラと輝かせて、キレイだった。それから入院中のサイコーのところへ足しげく通ったり、「彼女さん」(亜豆)に遠慮したりして、あのころの加藤は良かったなぁ……(望遠)。


目の色が 変わってるのは、サイコーも同じです。

気合いが入っている──というよりかは、何かが乗り移っている。軽いタッチで人でも■しかねない表情です。

このページをあらためて眺めてみると、アシスタントが解説役をしているのに、両先生は最後まで無言でいる。なんだか「ジャマだな 早く帰れよ……」と思っているみたいです。

友だちの家で、ついつい長居してしまった感じ。

今度の読切 どうなの?

亜城木夢叶の恋愛読切り作品は、『ささやかな時』とタイトルが決まりました。内容と合っている題名だけれど、すこし印象が薄い。連載になったら、『ささとき』と呼ばれるのでしょうか。

シュージンの自己評価では、あまり自信があるようには聞こえません。一番重要な連載ができるかどうか──の前に、読切祭で 1 位を獲るかどうかも断言できない。

このあたりは、「作品に自己投影をしない」と新妻エイジに評価された、シュージンらしいですね。

どこまでも自分の作品を──自分を客観視している。


客観的になれる人は、思いやりもあります。

カヤの気持ちを察して、でも 俺達が 1 位 獲るとすぐにシュージンは言いました。頼もしいダンナさまがいて、奥さまも幸せそうです。

こういう心が和む場面の時には、この作品ではいつも──自転車を押している。星空と自転車と 2 人──という場面が異常に多い。

『バクマン。』は、心のサイクリング・マンガです。

読切締切日

仕事場へ服部が来ているのに、アシスタントが残っている。なんだか不思議な感じがします。今回は「打合せ」ではなく、「読切りの原稿を取りに来た」だけだからでしょうね。

そのおかげで、久しぶりに森屋と服部との会話を聞けました。森屋がほかの編集者と会っていることを、服部は知っているのでしょうか? たとえ知ったとしても、服部は何も言わないと思うケド……。


このページを含めて、なぜか今回は折原の「名実況」が聞けません。口数が少なくなっている。これはひょっとすると──、加藤のことが気になっているのかな?

折原と加藤との会話が想像できない──と言うよりは、折原のキャラが今ひとつ見えてきません。ただたんに元気が良いだけの人物ではないはず。

加藤が入ってきたことをきっかけにして、折原の会話が増えると良いな。──実況以外で。

皆にアピール

シュージンの感想は、これまでに『LOVE 力』を読んだ編集者と似ています。誰も、「これは面白い! 新妻エイジの新境地!!」といった評価を下していない。

サイコーは誌面からオーラを感じ取っているように見えますが、それさえも、「自分の作品との違い」を読んだだけかもしれません。

これは──、本当に面白くないのでしょうね。


いまのところは、「エイジには恋愛マンガを描けなかった」というだけの話です。そもそも、いつも以上に雄二郎が無責任な態度だったのは、読切りは連載には影響がないからでした。

ただ──、もしかして、今回の『LOVE 力』がコケたことによって、『CROW』や『+NATURAL』まで不調になったりして……。

初スランプのエイジも、ちょっと見てみたい。

[2] このページの一番上へ戻る