デジタル(APS-C)用 17-50mm F2.8 レンズを比較する

Sigma Girl (この写真が決め手!──ではない)

結論: シグマ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM が最強!


レンズキットについている(おまけのような)レンズから卒業するか、「単焦点レンズだけを使え!」という呪縛から逃れる場合には、タムロンの新しい高倍率ズームがおすすめ──という記事を昨日書きました。

タムロン 18-270mm F3.5-6.3 DiII VC PZD - 幸福を引き寄せるレンズ : 亜細亜ノ蛾 - Weblog

今回は、上記の「便利なレンズ」から視点を変えて、「明るくてボケがきれいなレンズ」を選んでみましょう。それほど明るくない室内での撮影や、ポートレイト(人物撮影)に向いたレンズですね。

比較するレンズは、下記の 3 本です:

焦点距離は 17-50mm(または 17-55mm)・解放値は全域で F2.8・手ブレ補正を内蔵しているレンズで絞り込み、自分が愛用している Canon EOS 7D との組み合わせを想定しました。


結論は上に書いてあるとおり、シグマのレンズが 1 番です。ここから先は、その理由を深く見ていきましょう。

──あ、もちろん、現時点で上のリンクからレンズを購入すると、幸せになりますよ!(自分もあなたも)

GANREF - スペックの比較

自分がよく見ているサイト・GANREF では、スペック(カタログ上の仕様)と性能テストが見られます。

今回の 3 本を同時に比較できるようにしました:

まず、スペックで大きく異なる部分は、フルタイム・マニュアルフォーカスに対応しているのはキヤノンだけ──という点です。ただし、このクラスでそんな機能が必要かどうか疑問がある。マクロレンズでもないし。

あとは、タムロンだけが超音波モータを内蔵していません。オートフォーカスの素早さを重視するならば、気になるところです。

DxOMark のレンズ・テスト

DxOMark という海外サイトは カメラ内蔵のセンサのランキングで有名ですが、最近になってレンズの比較も始めました。こちらも、各メーカが冷や汗をかくような「容赦のないテスト結果」が掲載されています。

3 本のレンズを比較してみましょう:

ここで注目なのは、「Transmission」という項目です。これは「正確な解放値」(の平均値)で──、あまり知りたくなかった現実がここにある。

ようするに、今回の 3 本は「大口径・F2.8 !!」と言っても、厳密にチェックすると解放値は F3.1 ~ F3.4 あたりなのです。シグマだけが平均 F3.1 になっていて、ほかの 2 本よりも 1/3 段ほど明るい

Transmission - DxOMark - 17-50mm (17-55mm) F2.8 Compare lenses

「Resolution」(解像度)の項目では、わずかな差でキヤノンが 1 番だけれど、「1/3 段絞ってある」と考えると、ちょっと見方が変わります……。

photozone のテスト・レポート

上の比較サイトでは、「ボケ味」が確認できません。

Photozone のテストからは、各レンズの湾曲・周辺減光・シャープネス・ボケが確認できます。海外サイトのため、すべて英語で書かれていますが、グラフが中心なので分かりやすいでしょう。

ページ下部の Bokeh に注目です:

ボケを比較した結論

マニュアルフォーカスを多用したり、「レンズは純正品に限る」という人でもないのであれば──、じつは、まっ先に候補から外したいレンズは、キヤノンの 17-55mm です。

なにより、キヤノン純正品は高い

ボケのきれいさで比べても、キヤノンは厳しい状況です。レンズ周辺部のボケはいわゆる「猫の目」状態で、ボケのエッジが硬い。タムロンのボケは丸いけれど、やや硬め。

シグマは丸くて柔らかい、素晴らしいボケです。


以上で、結論は出ました!:

  • 真の意味で解放値が明るく
  • 美しいボケを味わえて、
  • 解像度も高い──。

コストパフォーマンスが最高の、シグマ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM が究極にして至高です!!

追記

2012-05-12T14:29:20+09:00 追記

キヤノン用・ニコン用のレンズ合計 80 本以上(!)も集めて、おすすめを紹介する記事を書きました! ぜひ、参考にしてくださいね。

余談

今回のタイトルも、ゲーテの言葉から借りました。

「博学はまだ判断ではない」

★ゲーテ

エッカーマン『ゲーテとの対話』より

学ぶ - まんぷく食堂

自分は、かなり多くのページを参考にして、カメラとレンズの知識を蓄えています。それでも、今回のようにじっくりと比較してみると、「何となくの印象」による思い違いに気づく。

今回もじつは、「タムロンが 1 番! シグマは大きくて重いだけ」と思っていた時期もあったりして……。TAMRON SP AF28-75 F2.8 A09 のボケにはうっとりするけれど、17-50mm F2.8 の対決は分が悪かったかな。

[2] このページの一番上へ戻る