• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『カオス』 (Chaos)

Intravenous I
(ウソを混ぜ入れたのは──点滴の中だけ?)

絶対にだまされるトリッキィな傑作です!

この映画には主役級が 3 人いて、それぞれが味のある演技をしている。キャスティングも絶妙です。ほかの映画で彼らを知っていると、よりいっそう『カオス』を楽しめる。

まずは、ジェイソン・ステイサムがクエンティン・コナーズ刑事を演じています。彼は、『アドレナリン』で見せたイカレた主人公役が最高にハマっていました。『セルラー』での悪役も印象深く、ワルな男を演じさせたら天下一品ですね!

もう 1 人の主役はローレンツという名前で、銀行強盗のリーダです。彼を演じているウェズリー・スナイプスは、なんといっても『ブレイド』シリーズが有名でしょう。剣を構えた彼の写真は、映画を観たことがない人でも知っているはず。


ここまで話せば、『カオス』の展開も分かりますよね!

──シアトルの銀行が強盗に襲われた。強盗のリーダであるローレンツは銀行員と客を人質に取り、逃走用の車を要求する。クエンティン・コナーズ刑事はまわりの声を聞かず、単独で銀行に侵入し、激しい銃撃戦を繰り広げるのだった──。

こんな感じで、「汚れた刑事」をジェイソン・ステイサムが荒っぽく演じて、「無頼漢な強盗」のウェズリー・スナイプスをガンガン撃ちまくる! 人質も撃つ! 途中からなぜか「銃 vs 剣」の対決になり、街中を巻き込んだ一大アクションに!

──は、なりません。まったく。ぜんぜん。


本当はどんな話かと言うと──、ローレンツが銀行強盗のリーダで、クエンティン・コナーズ刑事が彼を追う構図は変わらない。しかし、今回のジェイソン・ステイサムは妙におとなしく、ルールを守る男なのです。同僚からの信頼も厚い。

じつは、『カオス』に登場する新米の刑事──シェーン・デッカーこそが、真の主役です。彼を演じたライアン・フィリップは、キリッとした二枚目だけれど、上記の 2 人と比べると──いかにも頼りない。

前半のシェーン・デッカーは、「そんな捜査で大丈夫か?」と声をかけたくなるけれど、クエンティン・コナーズのおかげで急成長していく。コナーズがデッカーを守る場面もあり、意外と心温まる話です。


ところが、『カオス』だけに単純ではなかった──。

最後の展開──「種明かし」は、ちょっと見抜けないと思います。自分は、すっかりだまされた。「そんなところに仕掛けがあったのか!」と驚くタイプの話で、だまされると分かっていても最後にビックリするはずです。

全体的に分かりやすい演出だし、(ちゃんと観ていれば)謎解きも「え、どういうこと!?」とはならないでしょう。途中のカー・アクションもリアルで素晴らしい! 友人や恋人と気軽に楽しめて、最後にドッキリ・にっこりできる映画です。

新人はお年ごろ

ライアン・フィリップの演技が絶品でした!

彼が演じたシェーン・デッカー新米刑事は、ひと言で表すと「生意気な新入り」という感じですね。自分が担当する捜査の範囲を超えようとして、注意されたりする。鑑識の女性からは、からかい半分に口説かれます。

彼が歩いていると、「よちよち」と音が聞こえそう。

しかし、かなり頭が切れる人物なので、事件の真相に向かって確実に進んでいく。入ってきたばかりの新人なので、なかなか同僚の信用は得られないし、なによりデッカーは一匹狼タイプです。見ていて、あぶなっかしい。

自分は、「大物俳優が演じる 2 人に囲まれたプレッシャの中、必死にがんばる新人の刑事」という感じで彼を見ていました。その一所懸命さを、ライアンは見事に演じています。


しかし、なんと! ライアン・フィリップは──自分と同い年(今年で 36 歳)なのですね! どう見ても 20 代にしか見えませんでした。じつは、ジェイソン・ステイサム(公称・38 歳)とあまり変わらない。

ここでも自分は、配役にだまされている。

ダーティではない刑事

クエンティン・コナーズ刑事も、すばらしい配役です。

彼は、オープニングで「人質ごと犯人を射殺した男」として登場する。そのせいで謹慎処分になります。なぜか銀行強盗に名指しで呼ばれた時にも、無愛想な顔をして出かけていく。

──もう、いつものジェイソン・ステイサムまる出しじゃないですか! 同僚の刑事からも嫌われているし、「オレが法律だ!」と叫びながら私刑を繰り返す男──だと思いますよね?

実際のコナーズは、同僚から慕われている。上記の射殺事件も「誤射」だったのですが、「刑事として当然の行為の上でおこった事故」として、同僚から同情されています。

それより何より、コナーズ刑事は意外と控えめな性格で、「ジェイソン・ステイサム節(ぶし)」を期待してこの映画を観ていると、肩すかしを食らう。むしろ、新人刑事のシェーン・デッカーが暴走して、コナーズが彼を抑えています。


「どうしてジェイソン・ステイサムを活躍させないのか?」というモヤモヤ感を持ったまま、この映画を観て欲しいですね。そのほうが、後半で驚くことでしょう。

意外と二流のリーダ?

肩すかしと言えば、ローレンツも拍子抜けです。

前半までは、ローレンツは警察官のウラをかいて行動している。余裕タップリで刑事と話すローレンツには、すごみを感じさせます。時には、強盗のリーダらしい非常さも見せる。

さすがはウェズリー・スナイプス!

ところが──、終盤のローレンツは、二流の悪役に成り下がるのです。銃を向けられて命ごいをしたり、ビクビクしながら人質を取ったり、無様に逃げ出したりする。

この映画には驚きっぱなしですが、ローレンツのヘタレっぷりにもビックリしました。そしてもっと驚くような姿──ウェズリー・スナイプスのファンなら絶対に見たくない姿が、最後のほうに出てきます。

なんとも──不格好でしたね。


これまた、「なぜ、ウェズリー・スナイプスがヘタレなんだ!」と怒りながら見てください。どう考えても、銀行強盗を仕切るようなタマじゃないのです。

台本や配役のミス? いやいや、じつは──。

おわりに

普段と同じように、この記事でも「驚いた」と 64 回くらい書いていますが──、一番ビックリしたのは、この映画の評価が低いこと。国内でも「まあまあ良くできたアクション映画」という評価だし、米国ではDVD発売のみで劇場の公開なし!

参考: カオス (2006年の映画) - Wikipedia


「おいおい、君たち──映画を見る目がないね」

──とため息混じりに、お隣さんが言っていました(ぼくじゃないよ)。こんなに仕掛けに手が込んでいて、脚本も練り込まれた素晴らしい映画を面白がれないなんて、信じられません。

今年、自分が観て記事にした映画の中で、『カオス』はトップクラスの面白さでした。「謎めいた銀行強盗の映画」ということで似ている『インサイド・マン』と良い勝負です。

インサイド・マン - 銀行強盗が狙う「光るもの」は必ずしも金ならず : 亜細亜ノ蛾


ただ──、『カオス』で残念な点がありました。それは、「ローレンツはどうやって銀行から脱出したのか?」という疑問です。彼が脱出できた理由は、何ひとつ説明されていません。

ローレンツは──単純に容姿が目立つだけではなく、「とある理由」から、絶対に警察官が見逃すはずがない。だから、「ほかの客にまぎれて逃げた」は通用しないのです。

これは、大きな減点でした。

『インサイド・マン』のようなトリックじゃなくても、「じつは、ローレンツはテレポートできる」というムチャクチャでも良いから、何か理由が欲しかったですね。逃げる時間が稼げればいいから、隠し通路もアリです。

まぁ、「テレビのカメラマンがたまたま撮った映像」を元にして共犯者たちを見つけたくらいだから、あそこの警察はザルなのかも……。

あと、「小屋で見つかったモノ」は鑑識の調査で正体が分かるはずだ──とツッコミを入れる人もいるでしょう。しかし、あれもたんなる時間稼ぎです。調査の結果が出ているころには、「犯人」は逃げている。

余談

今回も、タイトルはゲーテの名言から借りました。

Twitter / @ゲーテ名言集: 感覚は欺かない。判断が欺くのだ。

「配役から展開が分かる」という感想をウェブで見つけたので、今回のタイトルはネタバレにつながりそうですが──、「いや、ムリだろ」とささやくのよ。わたしのゴーストが(攻殻機動隊)。

SAW』でも「最初から真相が分かった(笑)」という人がいるけれど、「見終わってから言う」ことは誰でもできる。

一休:
「それでは将軍様、びょうぶの中から『なんでも分かっているオレ』を出してください!」

[2] このページの一番上へ戻る