• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 116 ページ 「狙いと評価」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 07 号)

おかめかぼちゃ
(「私たちって本当に──瓜二つよね!」)

現在の「ジャンプ」らしいマンガとは、どんな作品なのでしょうか? 何となくのイメージはあるけれど、誰も「これだ!」と明確には言えない気がします。

たとえば、人気のある作品から要素を抜き出してみると、「日常ではこまかいことをゴチャゴチャ言っている主人公たちが、バトルでは格好良く『ドン!!!!』と決めるバトルマンガ」──といった感じでしょうか。

当たっているような、違うような気がする。

それというのも、昔の「ジャンプ」に見られた「友情・努力・勝利の三本柱」のような、分かりやすい特徴がないからでしょう。よく言われているような、「フ女子向けのマンガばかり」でもない。


ところが、『シンジツの教室』を読むと、ハッキリと「ジャンプ」を否定しているマンガだと分かる。そこには、「ジャンプ」らしさをまったく感じない。

亜城木夢叶が描いた「邪道」な劇中作や、すこし設定が似ている『【エニグマ】』と比べても、『シンジツ』は異端者です。絵の残酷さでは上回っている『HUNTER×HUNTER』ですら、あらためて「ジャンプ」向けであることが分かる。

個人的には、雑誌の存在すらあやうくなるような問題作も、「ジャンプ」誌上で読みたいです。もはや自分の血肉となっているこの雑誌に薬物を混入するような甘美さを、いつかは味わいたい。

だって、どのバトルマンガの主人公も、みんな同じなんだってばよ!

やられたって感じ

昨日の感想では、「クラスメイトたちに拘束される三木! はたして彼は、この危機から脱出できるのか……!」というところまで書きました。思えば彼は、めそ(以下、4 万字の思い出を省略)から、ぜひとも生き残って欲しいものです!

──とは思わなかったけれど(感情移入のしようがない)、まさか、最後 主人公まで 死んでるとは予想できませんでした。やりすぎだろ……。


サイコーとシュージンが分析しているように、『シンジツ』は、完全なるジャンプ否定マンガです。

『シンジツの教室』を 10 話で完結にしているのは、作者なりの自主規制──というか「自己打切り」でしょうね。「打切りの時期は自分で決める!」という部分まで含めて、「ジャンプ」への批判なのかも。

この作者は、『シンジツ』を「ジャンプ」への愛情から描いたのか、それとも憎しみなのか──。とにかく、異常な執念を感じます。なぜ、「週刊少年ジャンプ」編集部へこの作品を送ったのだろう?


これまでの内容でも、『シンジツ』は充分に面白い!

2 人の感想によると、第 2 第 3 ゲームの方が 面白いそうです。おそらく永久に描かれないだろうと分かっているだけに、ぜひとも読みたい!

個人的には、教室から脱出できたのは 主人公達含めて たった 8 人のはずなのに、描かれているのは 7 人しかいないところが気になる。これは──何かの伏線か……!(だから続きはないってばよ!)

しまった 見つかった !!

主人公が生き残った最後の 1 人なのかどうかは分からないけれど、いくつかの筆舌に尽くしがたい試練を乗り越えてきたのでしょう。今はいなくなった佐伯と一緒に……。

『シンジツ』が週刊連載になったとして、10 週間も同じ作品を読み続ければ、登場人物に対して愛着がわくものです。それなのに、高橋は──鼻水を垂らしながら無様に助けを呼んで、侵略者に食われている。

こんなラストは、見たくないけれど──読みたい!

他の作品も 読んでから

全体的に、サイコーは『シンジツ』に否定的です。シュージンは、好意的に見ている。どちらかと言うとシュージンのほうが、「自分のやりたいことを先にやられた!」と悔しがりそうなんですけどね。

このラストに似ている作品は、静河流の『True human』でしょう。ところが、わざわざ亜城木作品の『ふたつの地球』を持ち出して、サイコーは批判しています。

どうも、サイコーの批判はかたよっている。『シンジツ』に対して、敵意すら感じます。自分たちが描いてきた世界と微妙に似ているから気に入らないのか、それとも「ジャンプ」を否定していることに腹が立つのか。


『シンジツ』に感化されたシュージンが次回作を描いたら、サイコーは拒否反応を起こしそう。

これはまたもや、「亜城木コンビの危機→カヤが泣く→亜豆がなだめる→蒼樹『ダージリンがおいしいですわ』」のコンボか……(最後は何?)。


『シンジツ』の表現で、どうしても駄目な ところは 削れば問題 ないとシュージンは言っている。でも、その「少年誌としてはダメなところ」こそが、この作品の良いところだと思います。

もしも『シンジツ』のラストが、「友情・努力・勝利」を感じさせる終わり方だったら、台なしでしょう。描くとしたら、『めだかボックス 』に出てきた「ぬるい友情、無駄な努力、空しい勝利」くらいかな。

ダントツで 1 番だな

ようやく、『シンジツの教室』を描いた作者が明かされました。亜城木夢叶のファンとのこと。そうなると、亜城木が審査をする時期を狙って、「トレジャー」へ投稿してきたのでしょうか。キャラクタが弱いところまで、2 人に似ていますね。

『疑探偵 TRAP』の時にはファンレターを出していたそうですが──、ひょっとすると、『走れ! 大発タント』や『PCP(完全犯罪党)』は「こんなの亜城木夢叶じゃない!」と見限ったのかも。

『シンジツ』は「ジャンプ」を否定するマンガと見せかけて、亜城木に対する挑戦だったら面白い!


コミックスを読み返してみたけれど、七峰透(ななみね とおる)が出したファンレターは見つかりません。さすがに、そこまで伏線は張っていないでしょうね。

「名前も年齢もすべてウソで、じつは──、サイコーのおじいちゃんだった」りしたら、もっとビックリするケド。

[2] このページの一番上へ戻る