• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 117 ページ 「FL とブログ」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 08 号)

The Secret's Out!
(洗濯犬は──ダメだし)

今週号の「ジャンプ」には、「『ラッキー』と言いながら、腰に手を当ててピースサイン」をする大場つぐみさんが出てきます! まるで『とっても! なんとかマン』みたいで、これがもう、面白い!(不自然な強調)

何のことかと言えば、大好評発売中の『キャラマン。』の宣伝ページですね。『バクマン。』の直前に載っています。この本はファン必携アイテムなので、ぜひとも(下のリンクから)ゲットしてください!

このブログの感想記事: バクマン。 キャラクターブック キャラマン。 - パラレルとリアル : 亜細亜ノ蛾

亜城木先生の ような 漫画家になる

『シンジツの教室』を描いた作者・七峰透(ななみね とおる)は、原稿だけではなくファンレターまで公開です。今までに登場したどのキャラクタよりも、優遇されている。大場さんもお気に入りの人物なのでしょうか。

七峰のファンレターからは、好きなマンガ家に対する「まっすぐな好意」を感じました。「応援しています!!」という気持ちが伝わってくる。「わたしの 冷血力は 530000 です」のサイコーも、喜んだことでしょう。

『この世は金と知恵』と『疑探偵 TRAP』を読んで、七峰はマンガ家を目指し始めました。自分が歩むべき道を示してくれた亜城木夢叶は、神に近い存在かもしれませんね。

しかし、尊敬をすればするほど──、自分の意にそぐわぬ行動を取られると、強く反発するものです。『走れ! 大発タント』を見た七峰は、コレジャナイロボをプレゼントされた子どもの気持ちだったはず。

ギャグマンガは 合ってませんという言葉は、思いやりから出た言葉でしょう。亜城木に失望したとはいえ、嫌がらせのような手紙を出し続けなかった七峰は偉い。自分の気持ちをハッキリと言える人は、好きです。


これだけ毎週のように「ジャンプ」マンガの感想を書き続けていて、「ジャンプ」大好き歴が中学生のころから続いているけれども──、恥ずかしいことに、自分はファンレターを出したことがありません。そう言えば、アンケートはがきも……。

上のような葉書を出したことがないのは、一般的な社会人なら普通のことですケド──、なんだかほかの「熱心なファン」には頭が上がりません。上がらないから、ふんぞり返っておこうかな(?)。

あと、普通の人はマンガの感想など書かない。

本気で始めたのが 中 2

おそらく、この山のような手紙の中には、「私もマンガ家になりたいです!」という内容もあるでしょうね。でも、今までにそんな人物は出ていない。おそらく、本気で目指した人がいなかったのだと思う。

自分の描いた作品が、見知らぬ人にやる気を与えていたなんて、この上なくうれしいでしょうね。カヤにも報告して、一緒に喜んで欲しいです。彼女なら、感激して泣くかも。


ところで──、亜城木夢叶を強く尊敬して、マンガ家になった人物といえば、高浜がいます。現在も連載を続けている人気の作家にまでなったのに、サイコーもシュージンも無感動という……。高浜を応援したく なるという感情も、あまりなかった気がする。

まぁ、何度も書いているように、『バクマン。』はバトルマンガの手法が取り入れられています。「ライバル同士に馴れ合いは不要だぜ!」ということでしょうか。でもせめて、高浜も「福田組」に入れて欲しい……。

邪道過ぎる気も するけど

さすがに原作を書いているだけあって、シュージンの分析はするどい。『シンジツ』では、自己中心的な人間から先に消されている──。そのテーマを煮詰めていけば、少年マンガとして発表できますね。

物語というモノは、テーマを説明するためにあるのではない──とは思う。でも、明確なテーマにそって展開する話は、分かりやすくて楽しみやすい。『シンジツ』は、まさにそのようなマンガです。


まったくドーデモイーことだけれど、『シンジツの教室』に対する評価で「オリジナリティ」が空欄になっていることが気になる。採点が完了していないのかと思ったら、ほかの項目は埋まっています。ちょっとしたミスでしょうかね?

インターネットから無尽蔵にアイデアを引き出せる世の中で、独創性を評価するのは、たしかに大変です。それ以前に、過去の名作にも、元となった作品があることでしょう。それでも自然とにじみ出してくるのが、個性です。

文句なしに面白いです

新人の「小杉くん」や港浦が会議の場にいて、驚きました。最初は「連載会議」かと思って、「港浦も偉くなったな……」と勘違いしたりして。まぁ、新人に対して、港浦はエラそうですケド。

いやいや、よく見たらこの審査会では、港浦ばかりが話していますね。編集部では解説役の立場──折原的な存在なのでしょうか。


現実世界の「ジャンプ」に載っている月例賞(トレジャー)のページを、失礼ながら、自分は読み飛ばしています。多くの読者も同じでしょう。

たとえるならば、新人賞のページと読者プレゼントは、同じくらいの存在感です。アンケートはがきのとなりにあるプレゼントのページは、毎週毎週──ムダに気合いが入っているんですけどね。

「ジャンプ」の中でも、読者からのお便りコーナや読者プレゼントをまとめたサイトがあったら、面白いと思います。巻末のコメントをまとめるくらいでは、もう新しくない!


個人的には重要視していないトレジャーですが、「ジャンプ」の次世代を盛り上げる作家の多くは、ここから羽ばたいていきます。とても重要な会議なのでしょう。

いつか参加する連載会議のふんいきを、ほかの編集者にも体験させるためか、編集長・副編集長も審査会に出席している。あいかわらず、佐々木編集長は目に力がありますね!

うちの班でフリワケですから…

編集者の小杉は、相田の班だそうです。たんたんと作家を推薦する口調は、たしかに相田に似ている。

似ていると言えば、小杉の容姿が「サイコーとシュージンを足した感じ」なのが気になります。チェックのシャツを選ぶセンスも、なんだか亜城木風味に思える。現実にいる「小杉編集」に合わせただけでしょうかね?


作家としての力量だけを見れば、七峰透は連載ネームを 描いていいレベル──と編集長は言っています。

あとは内容を少年誌向けにするだけですが、そうかんたんに直せるのかな……。そもそも、反「ジャンプ」的な『シンジツ』を描くような作者だから、自分の作風を曲げるとは思えません。その印象は、今回の最後まで読んでも変わらなかった。


今回の話で 2 番目に驚いたのは、「ジャンプ」の平均読者の年齢18 歳以上になっていること。これは、『バクマン。』の世界(しかも 2015 年)だけなのか、実際の「ジャンプ」でも同じなのか、興味があります。

(一番ビックリしたのは、七峰の初登場)

この平均年齢の引き上げは、ポータブルのゲーム機で遊んでいる小・中学生が多いから──かもしれませんね。ひとりでマンガを読むよりも、みんなで楽しめる物を求めるのでしょう。

「ジャンプ」の編集部が読者の年齢を知る方法は、アンケートのはがきで間違いない。そこまでは推測できましたが、ここから先の面白い考察があります。みなさんも、どうぞ。

週刊少年ジャンプは平均読者年齢18歳超えても永遠の少年誌です!:ヤマカム

[2] このページの一番上へ戻る