• 投稿:
  • カテゴリィ:

Change! - お手軽名前変更ツール

Danboard & President Barack Obama
(こんな風に──変わって欲しい?)

We can は頭につかない「Change!」を紹介します。これは、よくある「ファイル名を変更するソフトウエア」ですね。

この Windows XP 時代に作られて 2005 年の 8 月に更新が止まったツールを、自分はずっと愛用している。それはなぜかというと、ほかのリネーム・ツールにはない特徴を持っているからです。

dHive::DH-APPLI - 株式会社ドリームハイブのアプリケーション配信サイト
Change! - dHive::DH-APPLI - 株式会社ドリームハイブのアプリケーション配信サイト

Change! は、ほかの検索ツールで見つけたファイルたちを一気にリネームできます。フォルダどころか、ドライブが違っていても問題ない。下の画面に、ファイルをドロップするだけです。

Change! - 初期画面

このシンプルで当たり前のことができるツールを、自分はずっと探していますが、いまだに見つかりません。そろそろ次期 Windows のウワサが聞こえてきているのに……。

Change! の使用方法について、ここからくわしく書いていきます。

ファイルを登録する

ファイルの検索ツール──たとえば、自分が愛用している「FileSeeker」で探し出したファイルを、Change! の画面へドラッグ・アンド・ドロップしましょう。下の画面のようになります。

Change! - ファイルを登録

上のリンクをクリックして大きな画面で見ると(かろうじて)分かりますが、E ドライブと J ドライブに保存してあるファイルが登録されました。

このように、別ドライブのファイルを同時にリネームできるのです! こんなこと、普通に考えれば、さわぐようなことではないと思うのですが……。

リネームの一歩手前

ファイル名を変更するには、上にある「編集[2]」タブをクリックして、画面を切り替えます。すると、登録したファイルの名前が一覧できる。

Change! - リネーム!

この画面にも、編集機能が備わっています。テンプレート機能もあるし、正規表現での置換もできる。くわしくは、「ヘルプ」をご参照ください。

──なぜ、肝心の編集について説明を省略するかというと、使い慣れたエディタで編集したほうが効率的だからです。ファイル名を全選択→カットして、手になじんだエディタでバリバリ編集しましょう。

くれぐれも、ファイル名の順番を入れ替えないこと

Change! は、「編集[2]」画面に並んでいる順番でのみ、元のファイルとファイル名とを結びつけています。

いよいよリネーム!

編集が終わったら、ふたたび「ファイルリスト[1]」タブへ戻りましょう。「変更予定のファイル名」の場所に、編集後のファイル名が並んでいるはずです。

いちおう、順番がズレていないか、ざっと確認しましょう。そうしたら、あとはツールバーにある緑の「再生」みたいなボタンを押すだけです。

Change! - リネーム!

ちなみに、同じフォルダ内に同名のファイルを作ろうとすると、事前に教えてくれるので安心ですね。もう一度、「編集[2]」画面で該当のファイル名を編集しましょう。

リネームには制限がつきもの

よく見るファイルをリネームするツールは、だいたいこんな感じです:

  • エクスプローラのような画面
  • ひとつのフォルダ内からファイルを指定
  • テンプレートどおりにリネーム

上記のようなツールは、自分からすると「ファックス」から「ス」を抜いたようなモノだ。馬と鹿が出会ったとしか思えない。

ファイルの置き場所なんて、「にんげんさま」はテキトーに決めるものです。たまに整理をしようと思い立っても、30 分後には「こんなにムダな時間が、人生でほかにあるだろうか」と思ったりする。

必要なファイルは、検索すれば良いのです。

このようなコンピュータの使い方をしている人(自分)には、特定のフォルダ内からしかファイルをリネームできないなんて、面倒にもほどがある。

リネーム・ツールの作者たちは、Change! の自由さを見習って欲しいです。あなたたちが勝手に決めたせまくるしいルールにつき合っているヒマは、ない。

余談

今回もタイトルはゲーテからの引用です。

自由に呼吸することは、人生を孤独にしない。

―「タウリス島のイフィゲーニエ」―

ゲーテ格言集

この言葉を知っている人には、タイトルを見てすぐに「ニヤリ」とするかもしれません。知らなければ、「?」だよなぁ──と思いつつ。

余談のついでに──。

いつも、記事とは「関連していそうで関係ない画像」を一番上に貼り付けています。今回は、下の画像に「(こんな風には──変わって欲しくない)」とキャプションをつけるつもりでした。

They Live poster 2 Marc Palm

ゼイリブ』という素晴らしい B 級 SF 映画のファンでも、これはこわいよね! ──と言うことで、自重しました(ここに貼っとるがな!)。

[2] このページの一番上へ戻る