• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ - チェーンソー男
(さようなら──また会う明日まで)

最高に面白かった! 邦画の中では、一番楽しめたかもしれません。──そう、タイトルはバリバリの英語ですが、日本人の・日本人による・日本人のための映画でした。

ジャンルで言うと、「青春ドラマ」になるでしょうか。高校生が主役で、「普通の学校生活」が描かれている。──ただし、昼間だけ……。

主人公の男の子が他校の女子生徒と「イイ感じ」になったり、若者の将来を心配する先生との会話が出てきたり、部活動の風景が出てきたりします。

なんだか、「甘酸っぱいあのころ」を懐かしく思いました。自分には、あまり縁のなかった世界のはずなのに……。

感動的な青春ムービーでした。まる。

──って、そんな映画じゃねェから!

物語の主軸になっているのは、ヒロインである雪崎絵理(ゆきざき えり)の戦いです。関めぐみさんが演じる絵理は、なぜか夜になるたびに──チェーンソー男新上博巳)と戦っている。

チェーンソーを振り回す男と、女子高生が戦っている場面に、たまたま出くわしたのが──、主人公の山本陽介(市原隼人)です。「巻き込まれ系」の物語ですね。

いちおうは主人公なのに、山本は──絵に書いたようなヘタレ男です! このヘタレ具合は、一見の価値がある。でも、「イマドキの若者」をよく表しています。誰にも刃向かわず、あきらめて、ダラダラして時間と命を溶かしている。

そんな若者に対して檄を飛ばすのが──、板尾創路さんなんですよ!

画面に映っているだけで「妙なフンイキ」をかもし出す板尾さんですが、本作品では意外にも、感動的な演技を見せてくれました。彼の演じる加藤先生には、素晴らしいセリフが多い。この感想の後半に引用しているのでご覧くださいね。

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ - 加藤先生の説教

アクションあり・笑いあり・感動ありのぜいたくな映画です。最近の日本映画にありがちな「安易なラブ・シーン」や「ホラー(スプラッタ)要素」を入れなかったことも勝因で、家族や恋人と安心して観られますよ!

最後のほうに、「自分が考えたチェーンソー男の正体」も書いたので、ぜひとも読んで苦笑してください。

邦画の方向性

ハッキリ言って──、日本人が映画に出てくると、なんだか格好悪く見える。劇場の巨大なスクリーンで観ると、さらに情けなさが増してしまう。ハンサムで体形の良い外国人と共演していると、最悪だ。

──と思っていました。同じ意見の人も多いのでは?

これは、同じ民族に対する親近感や、外国人へのあこがれというだけではなく、日本人は「スクリーンに映すには向かない民族」なのではないか──と感じてしまいます。いわゆる「彫りの深さ」や体形に関係してきそうな気がする。

では、どうするか?

『ネガチェン』では、その「情けなさ」を「面白さ」に昇華しています。映画に出てくる日本人は、情けなく見える。いまどきの高校生は、頼りない。──ということを「前提」として、そこから笑いや感動を生み出しているのです。

いつまでも、「(かつての)強いアメリカ的格好良さ」を追い求めていても、疲れるよ。そんなモノは、いまとなっては、もう存在しないし。

情けなさを極めた主人公

いままで観てきたどんな映画の主人公よりも、山本は情けなかったです。戦闘パートはすべて女の子──絵理が担当していて、山本は「男子マネージャ」に徹している。

ただ、戦闘は「超人」同士に任せておけばいいでしょう。山本が戦ってもジャマになる。

それでも、仲良くなってきた絵理のほうから誘われているのに、彼女の家になかなか入らなかったのは──どうだろう。主人公たちがいる男子寮で働く裕美(野波麻帆)に対しても、「そういう目」ではほとんど見なかった。タマついとんのか!

──だが、それがいい。最後の最後まで頼りない山本は、「自分」であり続けた。自分が生きてきた道を、ずっと歩いているのです。その先に、絵理がいたら良いかな──と思いつつ。

それに比べて、劇的な出会いや急変する日常・感動的な状況によって、コロコロと人が変わったかのように「急成長」する主人公の、なんと多いことか! ──まぁ、そういう話も好きだけれども。

声に出して読みたい説教

この映画には、引用をしたくなる良いセリフが多かった。それも、山本に対する説教ばかりです。主人公を通して、監督から観客に伝えたい言葉なのでしょうね。

一緒に食い逃げをしてしまったので前科がつく──とおびえる絵理に対して、裁判で有罪になんない限り、前科になんかならないからと山本は軽口をたたく。

絵理は急に怒り出して、

この大バカ! やって良いことと悪いことって 法律で決まっているわけじゃないでしょう? 有罪にならなきゃ酒飲んでトラック運転しても良いって言いたいわけ? 捕まらなかったらラッキーとかって笑った者勝ちってこと? ふざけるなこのバカ!

──とすごい勢いで言うのです。あわてて謝る山本に対しても、

あなた、すぐに謝る。なにか言われるとすぐに『ごめん すみません』って。それって、謝っておけばとりあえずそれでいいやって感じ? 口先だけで謝る奴、わたし、信用しないから。

──これまた容赦がない。どうしてここまで絵理が怒り出したのかが、この時点では分かりません。たんなるヒステリーかと思っています。激怒した理由は、後半で判明する。

板尾先生──ではなくて

加藤先生の説教も素晴らしかった! 自分で「根性なし」と言う山本に対して、

最近のガキはむつかしい。すこしは反抗しろよ!

(……)

昔はな、校内暴力だったり、ケンカだったり、ずいぶんストレートな手法だった。

おまえらは昔のガキより頭が良い。反抗しても何も変わらないことを知っている。だからお前らは妙に内にこもる。言いたいことを言わない。若さに任せて、バカなこともやらない。本気で腹を立てたりもしない。抵抗もせずあきらめて、命を──ムダにする奴もいる。

お前ももう、その年であきらめちまってんのか?

──と真正面から山本とぶつかります。「あの板尾」が、まったく笑いの要素もなく、たんたんと語る。名場面です。

この「言葉と心の真剣勝負」を望む先生に対して、山本の返答がまた、情けなさの極みだった……。

でも、この映画的には、グーです! ここで格好つけたセリフを山本に言わせたら、台なしになる。そんなことは、「週刊少年ジャンプ」でやればいい。

まぁ──、その加藤先生も、後半にはヘンなことを言っていますけどね! 台本どおりのセリフなのかアドリブなのか、気になるところです。その場面だけは、「絶対に笑ってはいけない」みたいになっている。

そう言えば、山本の髪型も──あの「おばちゃん」みたいなパーマだしなぁ……。

イエロー・ブラック・レッド

この映画には、黄色と黒色のモノが多い。気がつく人には、すぐにピントと来るはず。序盤から中盤は、面白いくらいに黄・黒のコンビが見つかります。

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ - 黄と黒の食事風景

ざっと見ていても、こんなにもある:

属性 イエロー ブラック
黄と黒(と赤)
  • 渡辺の自転車
  • 「どん兵衛」 カレーうどん
  • 教室の壁に貼ってある虎の絵
  • 「俺さまーズ」の T シャツ
  • 絵理がカバンにつけているマスコット(目が色)
  • 『【歴史の図鑑】 戦場を駆けた世界の女戦士』のページ(も目立つ)
  • 帽」トラックのナンバ・プレート
衣装 雪崎絵理の制服 山本陽介の制服
チェーンソー男の服
渡辺の T シャツ 渡辺のパンツ(ズボン)
能登弘一の髪の毛 渡辺の髪の毛
小道具 渡辺が買ったペン 買わなかった「カラーペン」
絵理が注文したジュース 山本のジュース
風景 夜空
工事現場のシャベルカー ダンプカー

意図的にそれっぽく配色しましたが──、これって『キル・ビル』へのリスペクトだよなぁと観ながら思いました。両者の DVD パッケージを見比べて分かるとおり、狙っていますよね。

『ネガキャン』では、前半ほど「黄と黒との対比」が発見できます。ところが、後半になるとあまり出てこない。その変わりに、終盤は赤が目立ってくる

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ - 真っ赤に走る

なにしろ、最後のセリフは真っ赤な夕焼けに 俺は祈った。──何となく。だし、ラストは真っ赤な字でなのです。この 3 色に込められた監督の意図は、いくらでも深読みができそう。

ヘタレ仲間たち

さて──、意図的にここまで感想を避けてきましたが、主人公には同級生の男友だちがいます。

ひとりは能登(三浦春馬)といい、残念ながら亡くなっている。格好良く散った彼は、いまでも山本の心の中に生きています。ただし、ネガティブな感情とともに──。

もうひとりの友だち・陽気な渡辺(浅利陽介)こそがこの物語の主役です! すくなくとも、自分はそう思っている。

意味不明な戦いを続けるヒロインと、煮え切らない主人公とを見続けていると、なんだか話の見通しがモヤモヤしてきます。

そんな時に渡辺が画面に出てくると、とたんに明るくなる。彼の演技は最高ですね! そこにいるだけでも笑えてくるのに、動きも面白い。

山本のために渡辺が「朝っぱらから肉を焼く」シーンは、最高に良かった! ここはワン・カットの長回しになっています。

よく見ると、渡辺が用意したお箸を、山本は床に落としている。ここまでヘタレか。それでも構わずに、2 人は演技を続けます。これがじつに自然で、監督がカットしなかったのは英断ですね。

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ - 最後の晩餐?

能登も渡辺も、そんなによくできたヤツじゃない。でも、2 人とも胸には熱い情熱を秘めている。急に爆発する場面があって、ちょっとした見どころになっています。絵理を含めたこの 3 人は、「急にキレる若者」の象徴なのかも。

彼らとつるんでいるのに、山本が激情に駆られるのは──電話越しに肉親と話している時だけでした。どこまでも内弁慶な主人公だな……。

彼の正体は?

最後のほうまで見ると、理解不能だった「チェーンソー男」の正体が分かってくる。ただし、あくまでも、「そうじゃないか」と絵理が思っているだけです。──ここに注目しましょう。

仮に劇中で語られたとおりに、「チェーンソー男は、絵理の悲しみを現した存在」だとしても──、あの大男を具現化しているのは、彼女の力なのでしょうか。どうも、そうは思えません。

自分の説では──、犯人は渡辺だ!

あのイカレ男が「悲しみの象徴」だとすると、絵理と同じような境遇にいるのは渡辺です。

それぞれが異なる事故の違う現場を訪れているのに、渡辺と絵理が追悼する姿はオーバーラップする。ノホホンとして「能登を超える!」などとバカなことを思っている山本と違い、この 2 人は同じように死を悲しんでいます。

それに、絵理のことばかりを考えていて、夜は出歩いている山本のせいで、渡辺はさみしい思いをしているのでは? その悲しみ・さみしさが──あの怪人を生み出したのかもしれません。

エンドレス・プール

途中に出てきた戦う舞台のひとつ・プールを見て、下のプロモーション・ビデオを思い出しました。ここ、同じ場所ですよね?

海外で注目を集める、電気グルーヴの「エンドレス高飛び込み」なPV(動画) : ひろぶろ
海外で注目を集める、電気グルーヴの「エンドレス高飛び込み」なPV(動画) : ひろぶろ

『ネガチェン』とはまったく関係がない──はずの映像ですが、作られたのは同じ 2008 年です。その当時のトレンディ・スポット(この言葉自体が死語)だったのかもしれません。

ただ──、この PV の主題が「エンドレスに続く」であることが、ちょっと引っかかる。もしかして、『ネガチェン』での戦いも──。

[2] このページの一番上へ戻る