• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 119 ページ 「過信と宣伝」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 10 号)

おいなりさん
(まぁ──言いたいことは分かるよね?)

今回の話は、すべてのマンガ家に読んで欲しいと強く思いました。たとえ、「こんなにトントン拍子では成功しないよ」という(たいして面白くもない)印象を持った上でも良いから、次の問いについて自分の意見を持って欲しい。

  • マンガ家の才能とは何だろう?
  • マンガは 1 人で作り上げるべきか?

上の問いかけは、ハッキリと本編で描かれているわけではありません。でも、自分には、作者である大場つぐみさんからの問いかけが、コマとコマとの間に書かれている──と感じました。

1 人で書いたん ですよね

『シンジツの教室』は面白い! 『バクマン。』の本編で公開された範囲でも最高だったし、未公開の部分もストーリィを聞くだけで楽しめる。

まさかの読み切り掲載を果たした『ラッコ 11 号』みたいに、『シンジツ』もスピンオフしたら楽しいですね。作者である七峰透の才能を感じました。

ところが──。

才能を 認めた 4 人に 意見してもらって、七峰は『シンジツ』を描いていた。これでは、七峰にはマンガ家としての能力が高いのかどうか、微妙になってくる。

ただ、その前に、「マンガを描く才能」って何? ──を考えなければなりません。この点がまさに、今回のテーマでしょうね。

僕の作品ですよ

サイコーは、七峰の次回作のことを聞いて、完全に彼の作品ではないと言います。──本当にそうでしょうか? 「意見を聞くのが 4 人なら大丈夫だけれど、50 人は多すぎる」では、説得力に欠けます。

編集者の意見を聞くことが掲載に必須の条件ならば、「作品をひとりで描いている」とは言えない。──この七峰の言葉に、亜城木夢叶は明確な答えを出していません。

おそらく、多くの作家がこの問題に立ち向かいながらも、「可能な限りは自分の意見を通す」と妥協してきたことでしょう。

それに対して、七峰は具体的に対策をしています。

いまの七峰の立場は「マンガ家」というよりも、「監督」に近い。いろんな人のアイデアを的確にまとめ上げている。

このまとめる力も、マンガ家の才能と言えるのか?

自分は、それも才能のうちだと思う。

他人の作品からアイデアや絵柄・構図などの要素をすくい上げてリミックスする人は、現実世界でもたくさんいます。自分が好きなクエンティン・タランティーノ監督のように、元の作品に対する敬意と愛があればそれで良い。

そして根本的な問題として──、そもそも「マンガは 1 人で描くものか?」という話になってきそうです。ここでは亜城木夢叶のようにコンビの場合も 1 人と考えて、それ以外の人間から意見を聞くことが悪なのか──と考えてみる。

たぶん、これまでのマンガ(出版)業界の常識からすると、作者が他人の考えを得ることは、問題があったのでしょう。

アイデアだけではなく、比較的かんたんに絵はコピー(トレース)ができるから、リスペクトという範囲を超えた模作があったりして、この問題はどこまでを禁止するべきかがむずかしい。

いい意味で 邪道なところ

すっかり七峰病をわずらった自分には、サイコーやシュージンのいうことが耳に届かなくなっています。この 2 人は、複数人と相談してマンガを描くことがなぜダメなのかを、確実な言葉では答えていません。

七峰のやり方を批判するならば、前回の感想で最後に書いた「俗に言う性善説に頼りすぎ」という意見以外にはないと思います。プロ意識のない「判定人」たちのせいで、いつかは「七峰のターン!」も終わるのでしょう。

バクマン。 #118-4 「裏と表」 倫理的と判定人 : 亜細亜ノ蛾

それがプロですよね?

上で映画監督の名前を挙げました。タランティーノでも黒沢明でも良いけれど、彼らや作品を指さして「でも、これって監督ひとりで作ってませんよね?」という人はいない(いても笑うだけ)。映画だけではなく、アニメやゲームも同じです。

なぜ、マンガ(や小説)だけが、作者だけの力を求められるのか? 大勢の意見を聞いて面白いものができれば、それで良いじゃないか──。これが、七峰の出した結論です。

自分には、彼の意見を完全に否定できる言葉を持っていません。亜城木も編集者も同じだと思う。

佐々木編集長あたりは、「ダメだからダメだ」(ドーーーン!!!!)とか「前例がない」とか言い出しそうですケド。

過信しすぎだ …………

思えばサイコーは、初めて会った「ジャンプ」の編集者──服部のことを、この人は当たりなのか はずれなのかと品定めをしていました(バクマン。 (2)』 p.18)。

まぁ、当時のサイコーは、ひとことで言えば「生意気なガキ」なのですが──、うらを返せば、編集者を信用して やっていかなければ駄目だという気持ちを初めから持っていたわけです。

それというのも、「おじさん(川口たろう先生)にそう言われたから」という──ここでも他人の意見にサイコーは左右されている。

はたして、正しいのはどちらだ?

[2] このページの一番上へ戻る