• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 121 ページ 「自信と覚悟」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 12 号)

See no evil...
(かわいらしさで──何かをごまかす心理戦)

「七峰透編」のテーマは、他人のアイデアを寄せ集めただけの作品が許されるのか──だと思います。最近は、どれもこれも似たようなマンガ・アニメばかりですからね。七峰のような「切り貼り作家」も増えてくるでしょう(すでに多い?)。

とはいえ、まったく誰も見たことがないマンガを生み出すことは、ほぼ不可能に近い。たとえば──、

今週号の「ジャンプ」には、こんなにも冨樫成分が!

冨樫義博先生は、こうしてボクたちの心の中で働いているんですね(棒)。ありがとう、ありがとう! ──いや、マジで連載を再開してくださいよぅ……。

運命の日なのに

どこから見ても好☆青☆年! という感じの七峰が笑えます。猫のような目がキラキラと輝いている。

ただ、ピザの宅配でバイトをしているだけあって裕福ではないのか、服装が以前と同じです。意外と苦労しているのかも。あるいは、小杉と朝帰りとか……(それで小杉が浮かない顔をしているのか)。そりゃ、港浦たちも驚くわけだ。


連載会議の結果を編集部で待つ作家は、昔は多かったようです。編集部へ何度もマンガ家を入れて、大丈夫でしょうかね? いろいろと「外部の人間」には見せられない情報が多いだろうに。○○先生の契約料とか、■樫先生がオンラインゲームにいる時間とか……。

自信なんて ないですよーーっ

小杉に対して気楽に 駄目もと くらいでいろよ、と言う港浦がいただけません。着ているシャツはもっと良くない。先輩風を吹かせているからダメ──なのではありません。

「連載会議に落ちても気にするな」といったことを、となりに作家がいるのに話すことが信じられないのです。会議で落とされるのはマンガ家の力不足が原因だから、編集者のせいじゃない──と港浦は言っているに等しい。

──まぁ、そのとおりです。でも、だったら編集者は、雑誌を編集することと原稿取りだけしていれば良くなる。マンガの内容に口を出すべきではない。

どうもこの「七峰編」は、「マンガの内容について編集者はアドバイスするべきか?」がウラの主題になっていそうです。


小杉も小杉で、『有意義な学園生活に必要なそれ』(長っっっ)はいっそのこと 落ちてくれた方が良いと考えている。気持ちは分かるけれど、消極的すぎます。それに、今回の会議で落ちたからといって、何かが改善されるとも思えない。

ああ 落ち着かない

平丸一也のキモさが加速しています。妄想が好きなことは今までと同じだけれど、『ラッコ 11 号』のフィギュアで遊んだりはしていなかった。

恋をすると徹底的に だらしなくなるタイプですね、平丸は。いや、「幸せになるとダメになる」か。

ちょうどこのページの表札を見ると、IRAMARU(イラ丸)になっていて笑える。たしかに「H」な要素はあまり感じないけれど、イラっと来ます。


吉田の言っていることに疑いを持ち始めるなんて、平丸も成長していますね。迷ったらすぐに電話をできることも、蒼樹との(一方通行の)親密さを感じます。

中学生でも見抜けるようなウソにだまされ続けていたことは、社会人として問題だけれど。ホント、平丸のサラリーマン時代って、いったい何をしていたのでしょうかね……。

『バクマン。』とは、平丸の成長を見守る物語である。

ひ……平丸です………

室内着がいつもスタイリッシュな蒼樹紅さんです。意外と男性陣は同じ衣装が多い『バクマン。』の中で、彼女が出てくると華やかになりますね。すべてのページに蒼樹とカヤがいて欲しい。

かわいらしさでは平丸も負けずに ほっぺたを赤くして対抗しているけれど──、もう三十路ですよ、平丸先生……。


蒼樹の駄目ですよぉーがかわいい! 以前は教師も目指していた彼女からすると、平丸という「だだっ子」をたしなめる感覚で言ったのでしょうね。その悪気のなさが、平丸にとって致命的なところも面白い。

連載決定待ちか

普段はマリモのようにホンワカしている雄二郎ですが(?)、このページでは要約力がすごい。七峰が編集部にいることや、10 代で連載することについて、的確に要約している。

解説役の編集者と言えば、最近がんばっていたのは港浦でした。しかし、彼では力不足でしたね。小杉のことしか見ていないし……。「ジャンプ」編集部での実況・解説は、アフロで決まりです!

このチリ毛もオトナになった感じですが、真っ白い T シャツ(カットソー)1 枚で出勤するなんて、かなり体形に自信があるオシャレさんか、服装に無頓着な人くらいでしょう。アフロ先輩は、前者ですよね。


見るたびに山久が おとなしくなっている。生意気だった初期設定は、まるで「なかったこと」にされています。港浦のことを からかっていた時代が懐かしい。

鼻につくような昔の態度は、山久の負けん気の強さを表わしています。いまの山久は、「連載が終わらないこと」ばかりを気にしている。これではまるで、港浦みたいです(ひどい言いようだな)。


この場面で気になることは、『必要なソレ』の内容についてアフ二郎が語っていること。学園ものでシリアスなのは分かるとして、心理の駆け引きもあるという……。どんな話なんだろう?

「緊張すると おならが出る」という主人公なので、「いかにソレをごまかすか」という心理戦が見られるのでしょうか。「授業中に突然、イスをがたがた鳴らす小学生」みたい。

[2] このページの一番上へ戻る