• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 121 ページ 「自信と覚悟」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 12 号)

Tosseled Teddy
(ツギハギでも──かわいい?)

ジャンルがカブっているマンガの掲載は、「ジャンプ」では日常茶飯事です。それによって引き起こされる惨劇も……。

ほんの少し前の「ジャンプ」は、バスケマンガを 2 つも連載していました。『スラムダンク』が大人気連載中なうだったのは、紀元前だと言うのに……。誰の目にも、片方が爆死するに決まっている(『フープメン』のことかーーーっ!!!)。

最近では、J リーグが冬眠中なのに、サッカーマンガを連発しています。そりゃ、ライトウィングをもぎ取るわー(今週の『銀魂』ネタ)。

──と、そんな「ジャンプ」なので、いくら似たようなマンガが面白くても、別のマンガを切るようなことはないのでは? 今回の『バクマン。』を読んで、そう思いました。

番号交換 したな

ものすごく都合よく、服部がいるタイミングで七峰透からの電話が来た──という場面です。もうあらためて言う必要はないけれど、こういう時には必ず──サイコーではなくシュージンにかかってくるんですよね。みんな、よく分かっている(何を?)。

ゴーマンかましてよかですか──ではなくて、潰すって かまして いいですか? とすごむシュージンが不良(ワル)かっこいい! 『PCP』の主人公みたいです。

──でも、わざわざ他人に聞かなくても良いような気がする。

連載に なりました

七峰は、尊敬する(尊敬していた)亜城木夢叶先生に認めて欲しかったのでしょうね。たぶん、最初から亜城木に認めてもらうために、知恵を絞って「判定人法」を生み出したのでしょう。

今までに公開された情報によれば、七峰作品の絵に関しては、七峰自身がほぼ完全に描いている。そして彼の作品は、誰もが絵の上手さを評価します。おそらくその絵にたどり着くまでには、それ相応の「努力」が必要だったはず。

つまり、七峰は「努力マン(悪)」だったのです!

──「(悪)」じゃダメじゃん……。


「友情・努力・勝利」の改悪ネタは、『めだかボックス』でも描かれています。それについて調べてみると、下記のページを見つけました。このページの一番下に、サラッと書かれているウワサにはビックリ! そんな話があったのか……。

「ぬるい友情、無駄な努力、空しい勝利」と言い切った『めだかボックス』と、努力マン、友情マン、勝利マン - tyokorataの日記

──たしかに、最近になって再読した『幕張』のラスト付近にはモヤモヤしていたのですが──、上のウワサと照らし合わせてみると、何もかもがスッキリしてしまう。

結論: ガモウひろし先生、恐るべし……。


かわいい猫のような好青年という印象から始まって、だんだんと本性が見えてきて、噛ませいぬまるだしっのザコに成り下がってしまう──。七峰の落ちっぷりがすさまじい。

この落ち様には、かつての鍋島猫美 a.k.a 【反則王】(『めだかボックス』)を思い出します。彼女の場合は奇跡の復活が(1 度だけ)あって、自分は大喜びでした。

鍋島先輩への思いを大興奮で書いた(キモい)日記があるので、精神に余裕がある方はどうぞ。──いま読むと、自分自身でも何が書いてあるのか、よーわからんちん。

【めだかボックス】鍋島猫美最強列伝 - 亜細亜ノ蛾 - ダイアリー

作品で勝てると 思ってるんですか?

この見開きページは、「シリアスな笑い」の極みですね! 絵だけを見るとスタイリッシュなバトルマンガっぽい格好良さなのですが──、やっていることは「電話越しの口げんか」だという……。これぞ本当の「中二バトル」?

たとえば、このページをガモウひろし先生が描いていたら、もっと笑えるはず。コマのすみっこに手書きの文字でいろいろと書いてあるに違いない!

──それとはまったく関係がないのですが、『バクマン。』コミックスのおまけにある大場つぐみ先生のネームが楽しみだなぁ。上の行とは関係ないけれど(棒)。

冗談はさておき──。


サイコーの言う負けるわけがない理由が、「七峰編」のテーマでしょうね。「作者の気持ちを書きなさい」という国語の問題があったら、このページのことを書けば満点をもらえます。

普段は不真面目な態度ばかりが描かれる平丸一也ですが、毎週毎週、彼も戦っている。「114 ページ」では、そのつらい胸の内を告白していました(いま考えると、平丸と吉田が告白しあう場面だったよなぁ)。

バクマン。 #114-4 「恋路と歩道橋」 一瞬と 100 回以上 : 亜細亜ノ蛾

そう、彼らマンガ家は命を賭けてマンガを描いている。そんな彼らには、魂のこもってない 作品なんて許せない。

古い考えだなーー

なんかカッコイイこと 言ってるつもり──とサイコーにツッコミを入れるのは、七峰で 2 人目です。大昔に福田も同じようなことを言っていた(『バクマン。 (4)』 「30 ページ」)。──本当は、みんなツッコミたいのかも。

自称「人見知り」のサイコーなので、普段は無口です。シュージンかカヤと話すとき以外は、本当におとなしい。そんな彼が、ここぞと言うときには名ゼリフを叫ぶ。

──こういったところも、バトルマンガの主人公みたい。本当にバトルマンガ的な表現の多いマンガですね。


10 週で 打切にしてやると叫ぶシュージンが、今回で一番の疑問でした。どうやって他人の連載を打切りにするのだろう?

まず、考える材料の 1 つは、『有意義な学園生活に必要なそれ』(長っっっ)と『PCP』とは似ているということ。学園ものでシリアス 心理の駆け引きという点でカブっているらしい。

両者は「同じタイプのマンガ」ということは、『PCP』も時をt(以下、『ジョジョの奇妙な冒険 (28)』のネタバレを削除)──ではなくて。

同じようなジャンルのマンガだからこそ、『PCP』のほうに読者の気持ちを引きつければ、『有学』を終わらせられる──ということでしょうか。


そもそも読者から見ると、あまり『PCP』と『学必』は似ているようには思えません。この両者が似ているのであれば、『タッチ』と『アストロ球団』・『ONE OUTS』は「野球マンガだから」と ひとくくりにできてしまう。

または、「『タッチ』と『幕張』は、主人公が野球部だから同じだ!」なんていう人がいたら、苦笑するしかない。

[2] このページの一番上へ戻る