• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 122 ページ 「心理戦と決め台詞」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 13 号)

Legs
(足がグンバツ──という意味ではない)

七峰透は今後、次のようになると自分は思っています。

──経験がないのに独自な考えと知識に溺れてしまい、失敗する。しかし、やがて心を入れ替えて、「真のマンガ家への道」を一歩一歩確実に進み始める──。

上のようなシナリオだと考えると──、どう考えても七峰の画力はジャマになる。なぜなら、地道な努力でしか絵は上達しない──と読者は信じたいからです。

ところが、現役の人気マンガ家(亜城木夢叶)と並ぶ絵を、七峰は現時点で描くのです。「改心してから絵の修行を始める」必要がありません。

平丸のような神に愛された天才でも、絵はヘタなのに。

それとも、また作者に だまされているのでしょうか?

その 1 番 盛り上がる ところ

亜城木夢叶と七峰透は、勝負の 2 話目が重要である──とお互いに気がつきました。同じマンガ家でありながら、まったく違う手法で作品を描いている。それなのに、考えることは似かよっています。そこが面白い。

敵対する関係でありながら似た者同士なんて、バトルマンガでよく見る「オレたち──もしかしたら、仲間になっていたかもな……(敵の死を見届けながら)」みたいな感じです。

これは盛り上がるな──と思う一方で、ひとつの不安が持ち上がってきました。昨日は「実際の連載ページが見られたら良いな」と書きましたが、亜城木はシリーズ 3 話目・七峰は 2 話目がピークです。どちらも中途半端な話数なので、描かれないかも。


──とそんなことは さておき(えー)、あいかわらず中腰のカヤがものすごく気になる……。なにかまっすぐ立てない事情でもあるのかな──と勘ぐってしまう。男子でもあるまいし。──いや、まさか !?(んなワケねェよ)

取りに来て ください

小杉はノンビリしすぎている気がします。自分では何もせずに、ひがんでいるだけに思える。昨日の感想でも書きましたが、これでは小杉を支持できません。服部だったら、もう少し何か手を打つのでは──と思ってしまう。

ただ、小杉は「ジャンプ」の編集者になって日が浅いことと、七峰が規格外の新人であることを考えれば、仕方がないですね。

絵は亜城木くんの方が 勝っている

七峰の画力は優れていることが、このページで逆に強調されました。なにしろ、マンガを 見極める目を持った編集者(自称)が見比べても、七峰とサイコーが描いた人物は少しの差しかないのです。

小さいころから絵が上手であることを褒められてきたサイコーでさえ、「少年マンガの絵」を習得するまでには時間がかかりました。ようやく『疑探偵 TRAP』の連載を始めてからも、「人気が出る絵」(明るい絵柄)には苦労したものです。

──七峰は、初連載の 1 話目でサイコーと並んだ。

──圧倒的じゃないか、七峰は!

これほどの画力を連載の最初から持っていたのは、新妻エイジくらいです。亜城木コンビが一所懸命になって七峰対策を練っている間に、七峰は新世界の神になっているのでは?


「七峰編」は、すこしバランスが悪いと思う。なぜなら、七峰が過度な画才を持っているからです。彼は「そこそこ上手な絵を描く」程度で良かった。あるいは、「上手だけれど特長がない絵だ」みたいな批評を服部に語らせるとか。

ようするに、今回の話の終わりに七峰が失敗しても、「作画担当者として成功できるじゃん」と思ってしまいます。サイコーと差がないのであれば、小畑健さんレベルということになる。絵を描く早さも小畑さん並だし、一生安泰でしょう。

さらに、秘密兵器がいれば無敵です。

ネットは噂で溢れてる

スーパーアシ・中井巧朗が復活しました!。マンガ業界から最悪の形で足を洗った彼のことは「中♯(シャープ)さん」とか「中丼さん」とか呼んできましたが、これからは「中井」と書ける。

蒼樹に対する中井の許しがたい態度は、本人に謝罪したことで水に流せます。しかし、マンガの世界から逃げてしまったら、『バクマン。』に出てくる意味がない。だから「中ナントカ」と呼んできた──のではなく、からかっていただけですケド(えー)。


「23 ページ」の感想でも書いたとおり、中井の能力は貴重です。もちろん、彼の発言が真実ならば──という条件がつく。サイコーも中井の実力を認めていたから、本当なのでしょう。

バクマン。 #23-4 「天狗と親切」 中井のグチとサイコーの野心 : 亜細亜ノ蛾


不思議なことに、アシスタントの部屋には中井を含めて何人かいるはずなのに、ひとりも姿が描かれません。「どこかで聞いたようなセリフは──中井 !?」と読者に思わせる演出なら、中井だけ隠せばいい。──ただたんに、キャラが固まっていないだけかも。

アシスタントの姿が見えないせいで、流し読みをしていると勘違いしそうな発言がある。最後のコマで私 尊敬しちゃい ます~~と言っているのは、女性のアシスタントだと思います。しかし──、猫をかぶっている七峰の発言と間違えてしまいそう。

七峰が かぶっているのは、メス猫なのか。

[2] このページの一番上へ戻る