• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 コミックス 12 巻 「画家と漫画家」

mac kitty タッチするのは──キーボード以外でも良い

とうとう連載 100 回目が収録される 12 巻が発売になりましたね! ──しかし、自分の家にはまだ届かない……。

そこで、当サイトで書いた過去の感想とコミックスの内容を先にお届けします。本が届いたら、シレッと何食わぬ顔で書き換える。

2011-03-05T13:28:10+09:00 追記: 到着しました!

ようやく表紙に平丸一也が登場しましたね。対・吉田用に、わざとらしく疲れたフリをしているように見えるけれど──、本当に毎週毎週が過酷なんだろうなぁ……。

バクマン。キャラクターブック キャラマン。』 によると 8,900 円(税込み)もする『ラッコ 11 号』のフィギュアが、平丸の部屋には無造作に放置されています。彼が静河流と同じ趣味であれば、「姫」たちに人形を配って人気者になれるのに。

12 巻の見どころ

岩瀬愛子に始まり、白鳥シュンのお姉さんに終わる。そんな 1 冊でした(?)。

とくに岩瀬の私が負けたら 裸で逆立ちして 集英社のまわり 1 周してもいい発言がすごい! これには、度肝──だけではなくいろんなモノを抜かされたのでは?(何を?)

結果はどうなったのか──。コミックスでご覧ください。あと、鳥類並の記憶力である自分は、この勝負の終わりについて すっかり忘れていました。該当のページに追記したので、よろしければ どうぞ。

このサイトの記事一覧

いつもは 1 話につき 4 回の感想を書いています。ところが、ありがたいことに増ページの話があったので、感想が 5 回分にもなりました。そろそろ、本格的に感想(とオレ)のダイエットを考えなければ……。

[2] このページの一番上へ戻る