• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 124 ページ 「考察と挑発」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 15 号)

first view of the himalayas
(本当に紅茶が好きなら──カフェよりも現地へ)

「テコ入れとは、パン☆チラのことであ~る」を勝利の公式と考えるのは、もう完全に古いと思います。そもそも、お色気テコ入れで成功した例を、最近は見たことがない。むしろ、「バトルマンガでトーナメント戦」レベルの死臭がする。

一時期、『保健室の死神』は「コミックスでなんとか券を発券」に走りました。そこそこ新規ファンを獲得したことでしょう。

しかし、最近の「少年探偵物」みたいな展開のほうが素晴らしい! だれも「超」がつくほどの能力を持っていない子どもが力を合わせて、オトナの能力者たちと戦う。頭を使ったバトルが面白い。

いまの「ジャンプ」に足りないのは、「頭脳バトル戦」です。特殊能力を使って戦うマンガは多いけれど、けっきょくは「強い能力が勝つ」になっている。それだと、腕力を競うことと同じです。

頭脳戦で読者をうならせてくれよ! うな!

この手の話を突き詰めていくと、最後は「冨樫義博先生は神!」で終わるんだよなぁ……。カムバーック!

どうした 小杉

小杉は、しっかりと港浦から学んでいますね! 「困った時には、誰かに声をかけられるまで悩んだポーズ」を身につけている。──やっているのは、この 2 人だけですケド。

いつの間にか、港浦と小杉が、「相田班のムード」を作るようになりました。ところが、以前はひたすら空元気ばかりで空回りしていた港浦も、最近は小杉のネガティブさに引き込まれている。なんだかドンヨリです。

じつは港浦は、意外と暗い性格なんですよね。強気な人間を前にするとオドオドしたり、すぐに悪い方向へ考えるたりする。内向的な亜城木夢叶や小杉の前だと、すこしだけ「調子がいいヤツ」のフリができるくらいです。

相田の班と言えば服部ですが、普段の彼は動きがない。じっとまわりの様子をうかがって、「……」と考え込んでばかりいる。どこから見ても「明るい人間」には見えません。さわやかだけれど。

こうやって見ていくと、『バクマン。』世界の「ジャンプ」編集部は、つねに計画停電を実施中みたいな感じがします(あ、不謹慎?)。

根がカラッとして明るく、ついでに髪の毛も乾いていそうなのは、雄二郎くらいですね。髪は関係ない!


『有意義』のテコ入れを港浦は勧めています。上ではあのように書いたものの、学園ものでセクシィ路線以外のテコって、なんだろう? より一層の心理戦──だと地味すぎるし。

帰って ください

七峰透は、何か良くないことが起こると、すぐ他人に当たります。『有意義』の順位が上がらない原因も、小杉のせいにしている。

しかし──、ウラを返せばそれは、七峰がなんでも 1 人でやろうとするからです。実際、ほとんど 1 人でやってのけている。

ただ、50 人の「判定人」と小杉は思い通りにコントロールしてきた七峰でも、アンケートを出す何千・何万の読者までは操れなかった。『バクマン。』にいる「新世界の神」も、ここが限界でしょうか。

正確には今 23 人

人を責めるだけの人になりつつあるのは──七峰のほうです。「判定人」の前でも、彼は本性を出しつつある。

このように、他人の悪いところを指摘する人は、自分自身も同じ欠点を持っていることが多いです。テレビでもネットでも、こういうブーメランを投げる人は多いですよね……。


亜城木のところへ中井をスパイとして送り込む──。こういうアイデアが出てきて、しかも指示する人間がいるなんて、「判定人」の質が知れますね。

こんな意見にクラッと来ているなんて、七峰も弱ってきているな……。

翌 火曜

──で、ページをめくったらスパイ・中井ですよ! これは本当に驚かされました。中井も七峰も、そこまでやるのか──と。

中井は、この日・この時のためだけに、スーツを仕立てたのでしょうかね? アシスタント代で軽く買えるとしても、準備が良すぎる。そこが悲しい……。

駄目だ やっぱり…

面白いことに、他のところでアシしてる だけのは、現在の平丸も同じです。でも彼は、十分に結果を出している。現時点で、すでに勝ち組です。その上、いちおうは連載も目指している。

「ジャンプ」で連載をしていた作家という点では同じなのに、中井と平丸は どこまでも差がついています。どうして、こうなったのか……。性格とか人格とか品格とか──の前に、神(作者)から愛されているかどうかが大きいのでは。

わざわざ復活させて、なおかつ画力もそのまま残してあるのに、どう考えても中井は「恵まれたキャラ」ではありません。どちらかと言うと、神の怒りを一身に受けている。

もしも中井が原作者だったら、「大場つぐみさんの自己投影キャラ」という解釈が成り立ちそうです。ここまでイジっても理解ができる。

しかし中井は、絵を描くことだけが取り柄の人間なので、誰かモデルが別にいるのでは──と考えてしまいます。

──おろ? それはいったい、誰でござるか?

[2] このページの一番上へ戻る