• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 124 ページ 「考察と挑発」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 15 号)

解放されたヒトヅラハリセンボン
(「ウソをついたら──分かってるよね?」)

七峰透の髪型は、昔のシュージンとよく似ています。このあたりも、「亜城木夢叶と七峰はよく似ている」を象徴しているのかも。

作風も容姿も似ているのに、両者はかなりの差がついてしまった。それは、なぜだろう……?

連載当初のシュージンは、なんだか太めのパスタが絡み合っているようなヘア・スタイルをしていました。いまの彼は直毛だから、中学生のころは毎朝巻いていたのでしょう。さすが、オサレさん!

嫁つれて くるから

平丸一也と蒼樹紅は、ラブがコメっていますね! 本人たちは、「あ…… これって マンガの主人公みたい?」と思っていたりして。──きっと、幸せに包まれている人は、そのことに気がつかないでしょうね。

おままごとみたいな 付き合い方の 2 人です。

そのピュアさは、中井巧朗の目と心に突き刺さる。平丸に嫉妬する余裕もなく、ひたすらショックを受けていますね。似たような経験がある自分には、彼の気持ちがよく分かる……。

中井の回想も涙を誘います。母親は、どこまでも優しい。──だからこそ、いまの中井になったとも言える。でも、母親に甘えすぎた中井がやっぱり悪い。この点も自分には痛いんだよなぁ……。

一から 考え直して

追い詰められた七峰は、顔つきがだんだんと悪くなっています。「不良」と書いて「ワル」という読む──というよりかは、「三下」と書いて「チンピラ」な感じ。心の中の言葉づかいまで荒れている。「1 週で破れて消えていくザコキャラ」みたい。

なぜ、こんなことになってしまったのか──。

いや、七峰と「判定人」のやり方は、最初からこうなる運命だった。なぜなら、作者である七峰の心が入っていないからです。あれだけ七峰の「判定人法」を大プッシュした自分は、やっぱり考え方が間違っていたのか……。

同じ話で 勝負?

亜城木のネームを先に知るのではなく、同じ号で同じ話で勝負するなんて、常人の発想ではありません。やはり七峰の発想は天才的です。

ただし、七峰は「ユニークなアイデアマン」止まりであって、「天才マンガ家」ではなかった……。


本当に信頼できるパートナが、七峰にはいない。それが、彼と亜城木夢叶との違いです。

シュージンと出会ったおかげで、サイコーはマンガ家になりました。この出会いがなければ、夢への道は途切れていたはず。人見知りで内向的な彼は、亜豆とも口をきかず、「普通のサラリーマン」になっていたでしょう。

人生を変える人物に、七峰透は巡りあえるのか?

──すでに会っている可能性はありますね。経験がないわりに自分で考えて動く、物静かな熱血編集者に──。

相当 切羽詰まってるね

やはり、七峰の挑発は断わられました。いつも冷静なシュージンが、そんなムチャな勝負に のせられるわけがない。

常に俺達の 「PCP」を しっかりと やっていくだけだというシュージンの叫びは、七峰に対する先輩からのアドバイスでもある。

自分の作品に真正面から七峰が向き合っていれば、こんな屈辱的な電話をかけることもなかった。そもそも「判定人」に頼ることもなく、そのような発想も出てこなかったでしょう。

まだ七峰のマンガ家人生は始まったばかりです。なにより、彼には絵を描く力がある。おそらく、サイコー以上の画力に伸びる余地があるはずです。マジメにマンガ(と自分自身)に向き合いさえすれば……。


しかし、「同じ話で勝負」は現実世界で実現していた!

今週号の『いぬまるだしっ』は、すこし前の『銀魂』でやっていた「ツッコミ役がボケてしまう話」とカブっているけれど、これは大石先生が空知先生にケンカを売っている──じゃなくて、勝負を挑んでいるんですよね! きっと、そうだ。

そして冨樫先生も、よく勝負を挑まれています──。

バクマン。 #121-1 「自信と覚悟」 駄目もとと駆け引き : 亜細亜ノ蛾

[2] このページの一番上へ戻る