富士フイルム FinePix X100

Leica M3 versus Finepix X100
(さあて──どちらを選ぶ?)

日本が世界に誇るカメラのメーカ・富士フイルム(が大きい)から、面白い「高級デジタルカメラ」が発売されています。この FinePix X100 の面白さは、下記の公式サイトから特長サンプル画像を見ても、十分には分からないでしょう。

X100 / FinePix X100 | 富士フイルム
X100 / FinePix X100 | 富士フイルム

FinePix X100 の一番の特徴は、クラシックな外見です! 下記サイトに X100 を全方向から撮影した写真があるので、じっくりとご覧ください。

写真で見る富士フイルム「FinePix X100」(プロトタイプ) - デジカメWatch

最近は、「写真機」と呼ぶにふさわしいカメラの人気が復活してきました。「カメラ女子」と呼ばれる人たちなどが、おじいちゃんから譲り受けたり中古カメラ店で発掘したりして、フィルム・カメラを首にさげて街に繰り出しているのです。

それはそれで素晴らしいことだけれど──、そろそろフィルムも(地球上から)なくなりつつあるし、なにより現像が面倒くさい。フィルム好きの人たちは「現像から上がるのを待つのが楽しい」などと言うけれど、まぁ、「アバターにもエクボ」でしょう(?)。

最新の性能と最高の外観をもつ X100 を、ぜひ一度手に取ってください(下のリンクからポチって宅配されてきたブツを)。

高感度での撮影

肝心のカメラとしての性能はどうなのか。プロのカメラマンが使ったところ、人物の撮影にも X100 は向いているそうです。レンズの描写が柔らかくて素敵とのこと。

X100でポートレート | 塙 真一のBlog

さらに、高感度で撮影した画質も良いらしい。

ISO6400でもノイズはほとんど気になりません。

ただ、さすがにその感度になると、解像感は落ちます。

解像感とのバランスを考えると、ポートレートではISO800かISO1600くらいまででしょうかね。

でも、ISO1600でポートレートを撮ってもいいかなと思わせてくれるカメラはそうそうありませんね。

X100でポートレート | 塙 真一のBlog

具体的な数値が示してあって信頼できます。アマチュアのブログを読むと、たまに「このカメラは、ISO が高い(キリッ」などと不思議な言葉が書いてあったりするから……。

ポートレイト撮影の相棒に

自分が愛用──いや愛しているキヤノン(が大きい)の EOS 7D は、登場から一年が過ぎました。いまでも、ゾッコン・ラヴ中なうです。

7D くんで人物を撮影する際には、フラッシュライトとディフューザとを組み合わせている。自分がよく行く室内イベントでは、ストロボが大活躍です。広い会場では、暗い場所が多いですからね……。

Canon EOS 7D でポートレイト撮影するための便利な機材 : 亜細亜ノ蛾

外付けのフラッシュを完全装備したデジタル一眼レフカメラは、どんなにコンパクトなシステムでも被写体に威圧感を与えます。そもそも、「デジイチ」ってだけで、慣れていない相手は緊張する。

そこで、小型でキュートなカメラを取り出すと、モデルの表情も ゆるみます。『ゆる鉄』の時に紹介した OLYMPUS PEN E-PL1 は、この用途にピッタリ合うでしょう。

『中井精也の鉄道スナップ撮影術 ゆる鉄』 - ゆるくても甘くはない : 亜細亜ノ蛾

しかし、ペン・シリーズは、それほど高 ISO 感度での撮影には向きません。その点だけは「今後に期待」するしかない。ペンは、晴れた日とハレの日のカメラですね。

富士フイルムの FinePix X100 は、オリンパスのペン・シリーズ並のコンパクトさでありながら、APS-C サイズのセンサを持っています。ISO1600 でもバシバシ撮れるし、やわらかなボケ味も望める。セカンド・カメラ以上の実力です。

ヘタをしたら、「X100 でメインの撮影をして、7D(クラスのカメラ)で予備を撮る」なんてことになるかも……。

ケースも古風

X100 は、長年使っていくうちに味が出て来そうなデザインをしています。これは、デジタルカメラにしては珍しい。こまかい傷が「勲章」という名の思い出になっていくでしょう。

このようなカメラをファンシィなバッグに入れて持ち歩く「ギャップ萌え」も楽しいですが、やはりここはシブくキメていきたい。

そこで注目なのは、純正品のケースです。

──なんというか、本体と同様に「そのまま」なデザインですよね。本革製のケースは、10 年・20 年と磨きながら使っていきたい。そのころには、さすがに X100 も骨董品になるはずなので、できれば後継機は同じデザイン・サイズにして欲しいですね。

本当に目指したものは

X100 の発売前に、富士フイルムの担当者へインタビューした記事があります。なぜ、X100 はレンズ交換式ではないコンパクトタイプなのか──という「まさにそれが聞きたかった」質問への解答を興味深く読みました。

狙うは写真の原点――富士フイルム「FinePix X100」 (1/2) - ITmedia デジカメプラス

富士フイルムは、いまだにマニアック層のな支持が集まる FinePix S5 Pro を生み出したメーカです。これからも、他社と同じモノを作っても仕方ないという思いをずっと貫いてくれるでしょう。

狙うは写真の原点──ではなくて、「頂点」なのでは?

[2] このページの一番上へ戻る