『バクマン。』 127 ページ 「熱血と完敗」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 18 号)

AT-PD imperial assault droid
(傷害罪で訴えてやる!──では済まなさそう)

この作品には珍しいバイオレンスが出てきました! 暴力シーンは、福田が中井を殴って以来ですね。七峰・中井の「NN コンビ」は、2 人そろって殴られ役か……(もうコンビは解消したケド)。

小杉の右ストレートは完全に殴り抜けているのに、七峰が受けたダメージは妙に少なかった。これは、小杉の攻撃力が低すぎる──のではなく、七峰のツラの皮が厚すぎるからでしょう。化けの皮やら猫やら、何枚も何枚もかぶっている。

石沢や中井を殴ったのは、読者をスカッとさせる意味を込めた描写だったと思います。今回の七峰は──、どうだろう? 一般的な読者は、「良くやった!(メシウマッ」と思うのでしょうかね……。

ここで諦めるのか !?

やはり、小杉は七峰が大嫌いだった。──当たり前ですよね。これまでの展開で、小杉が七峰に好意を抱く理由は何一つありません。あるとしたら、マンガ家としての才能に対してだけでしょうね。人間としては好きになれない。

面と向かって嫌いだと言われた経験は、これまでの七峰には なかったと思います。初登場時の七峰が見せた「仮面」は、一朝一夕ではできない。しっかりと板についていました。かなり以前から、人前では「良い子」だったに違いない。

──そう考えると、亜城木夢叶に宛てた七峰のファンレターも、本心は半分くらいだったのかな……。「普段はウソばかりついているけれど、手紙の時だけは本音が出る」とは思えない。


暴力を振るわれて やり返すでもなく、すぐに訴えると言うのは、現代的と言える(あるいは欧米風?)。ひと昔前のマンガなら、「やられたらやり返せ! この腰抜け!」と叫ぶところでしょうが──、

「目には目を歯には歯を」は野蛮な考え方です。

上の言葉は、異国の(しかも古代の)法が出典──と言われている。それなのに、当然という顔をして この日本で持ち出す人を見かけると、その人の常識を疑う。自分は「差別主義者」なので、そういう人は同じ「日本人」とは思いません。

参考: ハンムラビ法典 - Wikipedia

あんたも 解雇だ

小杉編集を訴える理由は、また売名行為なのかと思いました。自分を売るためなら何でもする──というのであれば、根性があるな、と。

理不尽な編集者や出版社を訴えることで、これからの出版業界をより良くしていこう──という心意気なら良いけれど、ただたんに注目を浴びるためだったら、褒められたものではないですよね。

──現実世界には、そんなマンガ家は、い(省略)。

ネットのネタに されるのは

小杉の心境が分からない。言っていることがメチャクチャで、破滅願望があるのかと思いました。小杉は意外と、「キレやすい若者」だったのか。

「悪役」であるはずの七峰のほうが冷静で、読者としては どちらの味方になったら良いのか迷います。

自分で思いついたのは

ここで語られた「『シンジツの教室』誕生秘話」だけを聞くと、七峰はマンガ家に向いていないように思ってしまう。ただ、彼の絵を描く能力だけは本物です。

つまり七峰は、作画担当者になるべきでは?

──と、第三者だから かんたんに言えるけれど、自分と合う原作者と巡りあえなければ、けっきょくは大成できません。白鳥みたいに(都合良く)原作も書けるようになれば、理想的なんですけどね。


編集者としての、小杉の能力が今ひとつ分かりません。だから、「2 人で協力してやっていくべきだ!」と応援しにくい。いまのところ彼は、「じつは熱い男だ」程度の印象です。

「小杉には、マンガを見るたしかな目がある」という描写が、以前から出てきたら良かったですね。結果見てから 偉そうに言うけれど……。

傷害に監禁

このゴージャスなマンションは「仕事場」だから、七峰はいつも自宅に帰っていたのか。ここに暮らしているのかと勘違いしていました。


小杉が挙げている、次の 3 要素を持った少年マンガは、どれくらい あるのだろうか……。

  • 熱血
  • 泥臭さ
  • 汗臭さ

いや、現在の「ジャンプ」で人気のマンガたちも、男臭い描写は けっこうありますけどね。かなりデオドラントたっぷりだから、気付きにくいだけです。「フ」がつく女子が好きな演出も、世間で言われているほど多くないと思う。

[2] このページの一番上へ戻る