• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 129 ページ 「青春と末路」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 20・21 合併号)

Bruce Lee
(決闘だ──お茶友だちの座をかけて)

以前、マンガ家は名作映画を観るべきだ──と新妻エイジは言いました。たしかに、名作と呼ばれるマンガにも、映画からの引用が よく見られます。映像から構図を学んだり、話の構成を参考にしたり、吸収できるところは多い。

ただ、マンガは 3D へ行かないで欲しいな……。

平丸も、ブルース・リーの『死亡遊戯』を観て勉強したに違いない。マンガ家としての自覚があるのですね!(たんなる映画ファンだと思うケド)

参考: BRUCE LEEの部屋 第 5 の部屋

邪魔するな!

蒼樹とは ただのお茶友であることを、ついに平丸は自分から認めてしまった──。これは、けっこう大きいような気がします。蒼樹のところでアシスタントをしていた時には、堂々とカレシとして手伝っていましたからね。

あまりにも進展がないから、平丸は自分自身でランクを下げたのかもしれません。──それとも、新年会で妄想した「吉田氏×蒼樹紅」を、深刻に受け止めていたりして……。もしもそうなら、ちょーウケる(笑)悲惨ですね。


サイコーが言うとおり、今回の「決闘」には、蒼樹も巻き込まれている。だから、シュージンがものすごく冷たく見えます(この 2 人にはイツモノコト)。

しかし、もう中井のことは、あきれて放っておきたくなる気持ちも分かる。平丸みたいな「放っておけない人物」とは、とても思えません。

まだ こりないか

中井巧朗は、蒼樹に対して完全に逆恨みな勘違いをしているだけです。彼の気持ちも分かるけれど、応援はできない。

一方の平丸は、中井と蒼樹との事情をくわしくは知りません。そのため、本当に蒼樹にも非があるのでは──と疑う気持ちもあったはず。それでも、女性に 暴力はいけないと言い切っている。じつに「男らしい」態度ですね。

ウラを返せば、平丸は蒼樹を信じていないことになるし、女性蔑視とも言える。でも、自分は彼の気持ちに共感します。人生で一度くらい、こんな場面でこんなことを言ってみたい。

なんだ もう 立てない のか

本人たちは真剣にやっている決闘だが──、まわりから見たら「夜間の すもう稽古」だったりする。中井の張り手は強力そうだけれど、グーで殴らないところを見ると、手加減しているのでしょうね。彼にも良心が残っているのか。


中井の暴走を止めるために、サイコー・シュージン・福田がやってきた! 素晴らしく格好いい絵になっています。

この 3 人が並んだ構図だけを見ると、福田のバイクに全員が乗ってきたみたいに思ってしまう。実際は、亜城木コンビはタクシーで・福田はバイクでやって来て、待ち合わせをしたはずです。想像すると、ちょっとマヌケな感じで面白い。

何 やってんだ

イナカの農作業で鍛え上げた──わけでもない中井に、平丸はコテンパンに されています。ボロボロになっているけれど、なんだか平丸は格好いい。青春してますね。

こんな状況なのに、福田も平丸も、ちゃんと名前を「さん付け」で呼んでいる。いつの間にか「社会人マンガ」になっている本作品らしい場面です。

──まぁ、仕事があるのに駆けつけてくれた彼らを関係ないと言ってしまうのは、ちょっと水くさいぜ、平丸。

ちゃんと 話して みたまえ

感動的なシーンですが、恋もせずという言葉は、中井が言うと「ダウトー!」と感じてしまう。自分で望めば恋愛ができたような口ぶりです。

マンガに青春のすべてを そそいできたという言葉を聞いて、サイコーは心を動かされている。自分も同じだ──、と思ったのでしょう。しかし、彼には、愛しいカノジョも信頼する親友もいる。その時点で、中井とは大違いです。


遊びと言えば、『バクマン。』に出てくる登場人物の ほとんどは、プライベートの時間が想像できません。マンガ家も編集者も、いったい仕事以外の時間は、何をやっているのだろう?

服部の読書や蒼樹の紅茶・雄二郎のアフロなど、彼らが好きそうなことは すぐ分かります。でも、一日中・年中それに かかわっているわけでもないでしょう。──アフロ?

速筆であるはずのエイジは、常にペンを走らせています。彼の場合は、「落書き」ならぬ「楽描き」が趣味なのかも。単行本で何冊分も発表できるくらいの作品が、すでに描き溜めてあったりして。

エイジと中井の差は、才能は もちろんのこととして、マンガが好きかどうかです。ついつい、「カノジョがいたら中井も変わったのでは」と本人同様に思ってしまうけれど、それ以前に、もっと中井はマンガを好きになるべきだと思う。

[2] このページの一番上へ戻る