『バクマン。』 130 ページ 「熱と灰」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 22 号)

Yakiniku 焼き肉
(ブログや原稿・肉は──焼きすぎないほうが良い)

前のページでシュージンが急いできた理由は、クラス会に間に合う可能性があったことと、カヤから せかされたこと──の 2 点だけかと思っていました。しかし、この場面を見ると──、

直井いちこのことを、かなり気にしているな……。

シュージンも男だから、アワヨクバな気持ちが、0.01% の千倍くらいは あったのでしょうか(けっこう確率高いな)。

──いや、『バクマン。』ガールズの中でも破壊力バツグンな蒼樹紅と密会や密談をしても、シュージンはグラグラ来ていなかった。そんな彼が、いまさらほかの女性に目がくらむとは思えない。

──とはいえ、結婚してから しばらく時間がたった今ごろって、「ちょうどその時」な気がしますケド(どの時?)。

いずれにせよ、続きは「週刊少年ジャンプ」誌上には載せられないので、『季刊オトナのバクマン。』で!(※季刊: 夏冬のコミケなど)

行かないで 正解だったかも

小さいころに好きだった人が、どんなオトナになったのかは、誰でも興味を持つことでしょう。シュージンも、純粋な好奇心で直井と再会したかったに違いない。

そんな彼の気持ちを知ってか知らでか、サイコーは直井のことを男慣れした 女子大生と評価している。

──ああ、このあたりが真城最高だな、と思った。

まず、シュージンは直井のことを好きだった──とサイコーは知っています。それなのに、悪口とも取れる言い方でシュージンに伝えている。自分の親友が好きだった人のことを、わざわざ悪く言う必要はないと思う。

次に、サイコーと直井が接した時間はごくわずかでした。あの場面だけだと、直井のことは「セクシィな衣装だ」「自分から酒をついできた」という情報しかありません。それだけのことで、シュージンに変なとこで バイトをしている女性と思わせている。

たぶん、もう二度とシュージンと直井は合わないのだから、「ああ 直井さんは キレイになっていたよ」「そっかー やっぱり行けばよかったなー」「「ははは」」──で終わればいいじゃないですか。いくら余裕がないとはいえ、サイコーにはそれができない。


サイコーは、マンガのことに関してはタフすぎる精神力で乗り切るのに、ほかの面では けっこう「構ってちゃん」なんだよなぁ……。かなりシュージンに依存している。

この帰り道でも、思わせぶりな語尾で話したり無言になったりして、サイコーはシュージンのフォローを待っています。この素晴らしいパートナがいなかったら、いまごろサイコーは、どうなっているのだろう……。

そんなグジグジしたサイコーのことが──大好きです!

ほとんど遊んでない じゃん

ここで書いてきた感想は、「サイコーいじり」が 8 割を占めるわけですが(えっ)、このコマも最高だよなぁ。俺達 皆とは 違うんだよな…地獄のミサワ化している。

さて、中高生・大学生時代という一生に一度しか体験できない時期に、遊ぶこと・楽しいことをしなかった人が、面白い話を作れるのでしょうか?

──その答えは、『バクマン。』の作中で示されている。つまり、「作れる」のです。亜城木夢叶も新妻エイジも、人生経験から言えば人並み以下なのに、多くの人を楽しませている。

いま一度、服部の名言を引用しましょう:

人生経験で 人気取れるなら 順位は 作家の歳の順になる

バクマン。 (5)』 p.157

インクだらけの 原稿の上で

『バクマン。』好きで「マンガ読み」を自負しているわりには、名作と呼ばれるマンガに手を出そうとしない自分です。『あしたのジョー』も読んでいないので、このページは良さがさっぱり分からなかった……。

天下の「ジャンプ」で、これほど ほかの出版社(講談社)の作品から引用・改変するなんて、前代未聞なのでは? 「3 ページ」でも『あしたのジョー』と『巨人の星』の名前は出て来ましたが、引用した言葉は坂本龍馬からでした。

まっ白な灰だけが 残る

マンガの主人公ほど本当に自分たちは がんばっているのか──という(メタな)疑問に、サイコーはしっかりと答えている。シュージンは無意識だったかもしれませんが、サイコーの口から言わせたことは大きい。

よく考えたら、シュージン自身が好きなマンガは『ドラゴンボール』です。それなのに、サイコーの好みに合わせて『あしたのジョー』の一場面を借り、アレンジしている。これは、なかなか即興では むずかしいことですよね。

自分は、これだけ毎回毎回『バクマン。』の感想を書いているのに、数話前の展開もすっかり忘れてしまいます。コメント欄で間違いをご指摘いただけると、本当にありがたい。シュージンのように名場面をソラで語るなんて、とてもムリだッ!

──あ、だから「シュージンは秀才で、サイコーもけっこう頭が良い」という設定が生きてくるのかも。まぁ、マンガや小説の登場人物たちは、「一度でも見聞きしたことは、永久に絶対忘れない」という能力者ばかりですケド。

そして、もうとっくに考察され尽くされているだろうことに、いま、気がつきました! もしかして──、サイコーの「真城」という姓は、「まっ白な灰」から来ているとか?(たぶん、50 年前から言われていると思う)

人並みの遊びなんて できない

あまり良い思いはしなかったはずなのに、クラス会行って よかった──とサイコーは言えました。これもシュージンのおかげですね。一緒に苦労と幸せを味わえる相棒がいて、サイコーは何度も救われている。

落ち込んでいる友人が近くにいたら、誰でも励ましたくなります。サイコーとシュージンほど一心同体な仲になってくると、それには甘い言葉はいりません。まだ 夢の途中だと──前を向いて一緒に歩き続けると言えばいいのです。

「ベタ」なシャレは不要だと思うけれども……。

[2] このページの一番上へ戻る