『バクマン。』 131 ページ 「模倣と無意識」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 23 号)

Weekend Love
(人の精神が目に見えたら──話は簡単だ)

今回は、小杉編集が良いことを言っていました。自分が思っていることと下の言葉とは、一字一句違わず同じです。やるな、メガネくん……!

悪いのは本当に 犯罪を犯すバカと 面白半分な 報道の仕方をする TV 局です

これは、当たり前のことであり、あらためて言うまでもない。それなのに、創作物をマネした犯行が起こるたびに、「マンガのせい」「ゲームのせい」と叫ぶ人がいる。

そんな「現実と虚構との見分けがつかない人たち」だから、いまだに「マンガの精」「ゲームの精」を信じているのでしょう。サンタクロースや妖精を信じるのは、子どものうちだけにしないと、見ていて つらいぞ。

亜豆から メール…

久しぶりに登場した亜豆ですが──、こんなにも浮かない表情です。2 人の夢にとって危機的な状態ですから、仕方がないですね。読者からしたら、『PCP』のアニメ化なんて とっくに絶望的だと分かっているけれど──。

こんな時でも、お互いに「業務連絡」みたいな内容のメールをやり取りするなんて、本当に将来は結婚する気があるのか不安になってきます。

いっそのこと、このまま 2 人は「別居結婚」すると良いのでは? ビデオ・チャットで結婚式をして、ハネムーンもお互いに ほかのところへ行く。「おめでた」や育児も別々に済ませて、いつのまにか金婚式(結婚 50 周年)へ──。

シュージン「あいつら未来に生きてんな


サイコーも亜豆も、持っている携帯電話のデザインが、2016 年の話にしては古い気がします。シュージンがスマートフォン(のようなデザイン)を利用しているから、余計に古臭く感じてしまう。

気になって『バクマン。 (3)』あたりを見てみると──、もしかして、この 2 人のケータイは高校生の時から変わっていないのでは !? ほぼ同じデザインです。

DEATH NOTE』では近未来的な携帯電話をいくつも見せてくれた作者だけに、デザインを思いつかなかったとは思えません。自分も同じ携帯電話を 6 年ほど使っているけれど、サイコーと亜豆も物持ちが良いのでしょう。「2 人とも頑固な性格だから」かも。

たとえばラブコメ的に、「2 人で一緒に買った携帯電話」だったら話が広がりそうだけれども──、そんな甘ったるい思い出とは無縁の 2 人なのであった。

真城くんが大丈夫でも

シュージンの方が繊細? と亜豆の言葉にサイコーは驚いているけれど──、それを知らないのはアナタだけです……。

あれほど「気配り上手の高木秋人」と接していて、そこに気がつかないのは、じつにサイコーらしい。さいこーは もっと、シュージンから人付き合いのコツを学ぶべきです。

シュージンも、意外とほかの作家との交流が薄い。でもそれは、サイコーに遠慮しているだけだったりして。あるいは、作中に描かれていないだけで、毎週のようにマンガ家同士の飲み会に参加して、蒼樹紅と仲良くしている──とか。

サイコー:
「(え、そんな会 知らない……)」
カヤ:
「(あたしも……)」
平丸:
「(僕も……)」

「事情通」な顔をした出目田金一(でめた きんいち?)教授は、『PCP』のことを知ったばかりのくせに、的外れな批判している。こういう名を売ることに必死な人たちのせいで、どんどん事実がゆがんでいく。

この教授の名前は、明らかに『DEATH NOTE』の登場人物である出目川仁(でめがわ ひとし)のパロディですね! 「出目」がつく名字に、作者は何か恨みでもあるのでしょうか。

虫の居所の 悪そうな顔

さくら TV での報道によって、あの「非・銀行強盗」は「PCP」の模倣犯であると確定してしまいました。実際には、犯人の意図はどこにあるのか分からないのに……。

そして、やはりテレビ局の人間は、「ジャンプ」の編集部には いっさい連絡をしていませんでした。『PCP』のイメージ・ダウンは まぬがれないため、「販売妨害」や「名誉棄損」に当たりそう。

しかし、佐々木編集長がさくら TV には 直接電話して 怒鳴り散らした──だけで終わっている。「えっ、それだけ !?」と思ってしまいました。

この結果が見えていたから、『PCP』を「悪」としてテレビ局は大々的に出したわけです。悔しいなぁ……。

まずい事 やったかな

出社して早々、編集長に呼び出された服部は、まるで「悪いことをした学生」みたいになっている。このタイミングで話があるとすれば 1 つしかないのに、なんだかノンキに見えました。

相田と小杉の熱気に押されて、港浦は ちぢこまっている。外に出ては岩瀬に怒鳴られ、編集部では部下からも叱られる──。港浦くんの受難の日々は続くのです。

そういえば、服部も港浦も、最近は見せ場がありませんね。もともと港浦の格好いいシーン自体が少ないけれど、たまには亜城木コンビに良いアドバイスをしていました。服部は、また策略の限りを尽くして欲しい。

七峰透という「いままでにない不正スレスレの やり方を試すマンガ家」を出したのだから、その「編集者版」がいても面白そう。

逆に触れない方がいい

全国放送のテレビで報道されるという──けっこうな一大事が起こっているはずですが、服部のほうから編集長(とおそらく相田)に相談する気はなかったようです。編集長がこの場を作らなければ、ずっと個人の考えで服部は動くつもりだった。

──前から思っていましたが、この「社員(編集者)の独断に任せる」という方針は、「普通の会社」として当然のことなのでしょうかね? 出版業界での常識──なのかもしれない。

自分が働いていた職場では、上司と部下を交えたミーティングで、方向性の確認が何度もありました。まったく業種が違うから、一緒には できないけれど。


この場面では、亜城木のことを信頼しすぎている服部に、不安を感じます。たしかに、サイコーとシュージンは、いろんな困難を乗り越えてきました。しかし、今回の騒動は、いままでとは性質が異なると思う。

そこですかさず、服部に釘をさす編集長が見事です。作家のメンタル面を一番に考えているのは、ウラを返せば、「週刊少年ジャンプ」に連載して、精神的に壊れていった作家の多さを物語っているけれど……。

[2] このページの一番上へ戻る