『バクマン。』 132 ページ 「逆立ちと立て直し」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 24 号)

Hmm, they weren't there yesterday
(庭先には──ニワトリが二羽いた)

シュージンは、久しぶりにスランプです。『PCP』の前身である『完全犯罪クラブ』に たどり着くまでにも苦労しましたが、「なんとしても連載を勝ち取る!」と燃えていました。

現在のように「何を書いたら良いのか分からない」という状態は、『走れ! 大発タント』以来です。あのころのシュージンは、とても苦しんでいた。しかし、やるだけの価値はあったと思います。

亜城木夢叶が発表した作品の中で、一番アニメに向いた作品は『タント』でした。ただ、シュージンの苦手なジャンルだから、どうやってもアニメ化はムリだったけれど……。

『PCP』の場合は、ほぼ完全にテレビアニメにはならない。まず、主題からしてスポンサがつきにくいし、模倣犯のせいで絶望的になりました。──そう分かった上で頑張る必要があるから、いっそう苦しい。

また 寝なかったんだ

カヤが起きた時の様子からして、シュージンが普段は となりに寝ているようです。いつも先にカヤが寝てしまうから、てっきりシュージンは別の場所で休むのかと思っていました。

眠る時くらいは、ステキな奥さまと一緒にぐっすり寝たほうが、気分よく仕事ができると思う。いつもはリラックスした状態で原作を書いているシュージンなのに、こんな状況で面白いマンガを描けるはずがありません。


逆立ちして アイディアってと言っているカヤは、そのツッコミ具合が『いぬまるだしっ』(今週は とくに面白かった!)の たまこ先生みたい。

倒立で知恵を絞り出す──といえば、自分の世代には『あばれはっちゃく』の主人公を思い出します。──と言っても、本当に覚えているのは、父ちゃん情けなくて涙が出てくらぁという父親のセリフだけですケド。

あとは、『ツイン・ピークス』のデイル・クーパー特別捜査官が、わざわざ足に器具を取り付けて逆立ちしていた場面が印象深い。いま考えると、かなり危険な行為だよなぁ……。

ようするに、逆立ちをすると頭は活性化されずに、ヘンな人になるということですね。だから、カヤは驚いたのでしょう。

カヤ:
「これ以上 変人になるなんて!」
シュージン:
「──ん?」

時間 ね~~

カヤが名前を出した『ルパン三世』は、ある意味では一番『PCP』の作者が参考にしてはいけない作品でしょう。

この高木夫婦は 2 人とも、追い込まれると良いアイデアが出ませんね。

4 時間経過

ストックしてた 原案のことを、カヤに言われるまで気がつかないとは……。シュージンは、かなり精神的に追い詰められていますね。こうやって死蔵されていく考えが、彼の頭の中にも いくつかあるに違いない。

こんなに視野が狭くなっていたら、ますます良い原作なんて書けないでしょう。たとえば、気分転換のために、カヤと一緒に買い物でも行けば、『PCP』のアイデアにつながりそうです。登場人物たちが好きそうな場所へ行ってみる──とか。

または、雑談でも良いからカヤと話し合うことで、新しい考えが浮かぶのでは。


切羽詰まっているシュージンとは対照的に、ピースサインをしているカヤの姿が面白い。彼女の目線からして、これはダンナ様に向けたものではなく、「読者サービス」でしょうね。

この見開きのページは、「シュージンが苦しんでいる」という重い内容です。それをそのまま描いたら、読者の心まで沈んでしまう。そのため、逆に絵柄を軽くしています。この工夫がなかったら、もっとドンヨリとするでしょうね。

暗い内容にしないためにも──、「舞の水泳大会ビキニ大作戦」を、ぜひとも原稿ごと載せるべきだと思う。ポ■リも、児ポ■リも、あるんだよ!?(あ、このサイトの品格にふさわしくない!)

もう時間的に きついだろ

作者の大場つぐみさんと小畑健さんは、ほとんど会わずに『バクマン。』を作っています。FAX のやり取りで完結している(『キャラマン。』 p.184 によると、小畑さんの仕事場にはファックスがないそうだけれど)。

シュージンは 2 人を見習って、わざわざ仕事場まで来なくても、FAX かメールで原作を送れば良いのでは? さらに、服部の到着も待っていたら、あっという間に時間が過ぎてしまう。ただでさえ時間がないのに、その間はムダになります。

そんなことを言ったら、マンガにならないケド……。

いい出来とまでは 言えないが

明らかにシュージンの頑張りは空回りしていることが、「完全なる第三者」の読者には すぐ分かります。けっきょく、打合せにも参加しなかったし、シュージンは仮眠をするべきでしょう。「#shujin_nero」とハッシュタグ付きでツイートしたくなります。

──そう言えば、上の元ネタになっている言葉は、いまでは違う意味で「寝ろ」と思っている人のほうが多いのだろうなぁ……。

【やじうまWatch】 枝野官房長官の健康を気遣う専用ハッシュタグ「#edano_nero」が登場 ほか -INTERNET Watch

[2] このページの一番上へ戻る