『バクマン。』 132 ページ 「逆立ちと立て直し」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 24 号)

Santa's Entourage
(クリスマスが夏の国でも──サンタは頑張る)

あらすじだけを聞くと面白味のない話でも、演出しだいで楽しくなります。たとえば、今週の「ジャンプ」で言うと──:

──これだけで終わるけれど、どれも面白かった。

つまりは、シュージンが不調でも、サイコーの力でピンチを切り抜けられたはずです。しかし──、「作画が良くなって、順位が上がった」という話は、あまりにも少ない。暗かった『PCP』の絵柄を明るくした時くらいです(『バクマン。 (11)』)。

考えてみると、マンガを読んでいて「おっ、今回の絵は気合いが入っているな―」と気がついたことは、数えるほども ありません。逆に「今回の絵は ひどいな」と思うことは多い。

やはり、マンガには話の力が重要です。

前ほどのキレはない

原作者から手渡された話が面白くない──。これは、作画の担当者であれば、誰もが経験することでしょうね。仕事のために組んでいるコンビであれば、原作に力が足りなくても「仕方ないな」で済ませるしかない。明日のご飯を食べるために、ペンを走らせるのみです。

しかし、亜城木夢叶は違う。

仕事仲間であり、親友同士でもある 2 人だから、相棒の調子が悪いと自分のことのように つらく感じる。今の状況は、2 人とも苦しい──。

「PCP」の人気は…

亜城木夢叶の不調とは対照的に、新妻エイジは票を集めている。双方のジャンルは違うけれど、『PCP』の票が『CROW』へ流れている──という面もあるのでしょうね。

『PCP』を終わらせるためにエイジは頑張っているのか、それとも亜城木への応援なのか、気になるところです。なれなれしく普段は会話をしているのに、肝心のことを雄二郎は聞かない。自分と同じで、「先延ばし精神」の持ち主ですね。

エイジがどこまで 本気か──と雄二郎は考えている。たしかに、エイジの発言と行動は あまりにも常識外れで、真意がつかみにくい。

しかし──、意外にもエイジは、ウソどころか冗談を言ったことも ないのでは? 彼は、いつでも本気です。ということは──。

浮かない顔 してるじゃないか

自分の担当しているマンガは絶好調なのに、編集者が喜ばないのは、たしかに おかしい。服部が不審がるのも分かります。かつては、ウラでいろいろと手を回していた策略家の服部だから、すぐに何かありそうなニオイを かぎ当てる。

「作家の成功を喜ばない編集者」は、本来であれば かなり特殊な状況だけれど──、七峰透と小杉の例もあります。ここの編集部は、みんな秘密を一つ二つは かかえていそう。

現実世界でも、絶対にバラせない秘密を知っている編集者は多いでしょうね。

冨樫先生の担当者:
「じつは先生は、世界の危機を救うために旅立っているのです……」
純真な読者:
「そうなんだ! 先生を信じて待とう!」
オレ:
「(ネトゲのことだよなぁ……)」

そう言えば、嫌いなマンガを 終わらせる 権限のことを知っているのは、今の今まで雄二郎と編集長の二人だけでした。意外と、雄二郎は ちゃんと秘密を守るのですね。

態度は軽いが、口は堅い。──モテ男の必須条件だ!

亜城木くんのファンでも ある

服部の大好きな言葉は、「やる気」と「ライバル」です。そんな彼からすれば、エイジの行動は亜城木夢叶を 奮起させようとしている──と見るでしょうね。

しかし、亜城木夢叶のことを好きだからこそ、ゆるい話を描いているのが許せない──とも思える。エイジは確実に、その感情を持っているはずですよね。

ただ、だからといって、エイジは嫌いなマンガを本当に終わらせるのか。本当にマンガを愛している人間なら、自分の手でマンガを終わらせるのは、自分で書いたマンガだけにするべきでしょう。

──ん? もしかして、エイジが終わらせるのは、自分の作品なのでは……? つまり、『CROW』──と見せかけて、『+NATURAL』を終わらせる気だったりして。そして、『CROW』に全身全霊をこめて描く姿を、亜城木に見せつける──。

最近、岩瀬が出てこないところも あやしいぞ。

更に落ちていく

サイコーがシュージンの原作をボツにするなんて、信じられないような状態ですね……。これは一見すると悪循環を起こす要因の一つに思ってしまいますが、危機を抜け出すための行動と思いたい。

シュージンは、白鳥シュンの作品を手伝っていたころのほうが、いまよりも時間に余裕がありました。あのころは、エイジのように亜城木も 2 作品を描ける可能性が見えましたが、こんなにムラがあってはムリですね。

──すくなくとも、現在の彼らであれば。

今回のピンチですら良い経験にして、シュージンもサイコーも、次の段階へと進んで欲しい。こんなところで終わるような 2 人では ないはずです。

[2] このページの一番上へ戻る