• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 137 ページ 「巻頭カラーとセンターカラー」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 29 号)

Tenkaippin Rahmen and Cha-hang
(天下を獲るには──腹ごしらえから)

新妻エイジの連載終了を止められるのは、サイコーが描くカラー・イラストの出来栄えしだい──という展開になってきました。まさに、主人公とライバルの直接対決ですね! 少年マンガの王道に持っていく展開が、いつも絶妙です。

サイコーの絵は、すでに「小畑健が描き出す絵」と同じレベルに達している。そのため、これ以上の画力の向上は、「絵にも描けない美しさ」になってしまいます(ガチャ。「ジャスラッ■の者ですが──」)。亜城木の原稿を作中に出せなくなるわけですね。

今回のカラーも含めて、今後の『PCP』で「サイコーの画力」を表現するには、構図や効果が決めてになるでしょう。それは、小畑健さんの挑戦でもあり、大場つぐみさんとの勝負でもある。ページの外でも熱い戦いは始まっている──と妄想しました。

『PCP』の新キャラである「Σ(シグマ)」が作中に出てくる時も、最高に格好いい状態で初登場を飾るでしょう。おそらく、「とうとう『PCP』が『CROW』を抜いたか──!?」というタイミングで、シグマが出てくると予想しました。いまから楽しみです。

巻頭カラーか

いつも服部は、亜城木夢叶の気持ちをよく理解している。今回も、サイコーが言い出す前に、『PCP』のカラー・ページを申請していました。

──ということで、巻頭やセンタのカラーは、担当の編集者が申請すると もらえるようですね。てっきり、「人気のマンガと新連載(だけ)が強制的に描かされる」のかと思いました。

逆に、「ウチの○○は筆が遅いので、今回のカラーは遠慮します」という申請も ありそうな気がします。連載マンガの代わりに読み切りが載っていること(「作者急病のため──」)は何度もあるけれど、カラーのページ数がすくない号は、見たことがないから。

ひとつ上がった !

1-4 位を「福田組」が独占する状態まで来ましたね。熱心な読者なら、この 4 作家の つながりも(Wikipedia などで)知っているはずです。

『バクマン。』の世界にある「数字で呼び合う匿名掲示板」では、彼らのグループを なんと呼ぶのだろう? 「福田組」という呼称は、外部の人間は知らないはずです(雄二郎が巻末のページで書いてそうだけど)。「エイジ一派」あたりでしょうか。

もともと 1 位を獲り続けていたマンガは、5 位以下に急落しました。おそらく『ONE PIECE』のはずだから──、いまごろ「空島での回想シーン」だったりして。もしくは、まだルフィとジンベエが魚人島でケンカしているとか!?


『CROW』の連続 1 位が、とうとう 10 週も続きました。本来であれば、エイジの真意は誰にも知られないまま(アフロにすら言わなかった)、「まとめの 10 週分」を描き始めていたはずです。

そんな展開は、『バクマン。』の打切りだよなぁ……。

福田真太が動いてくれたおかげで、エイジを止められる可能性が残りました。もしかすると、これはエイジにとっても良かったかもしれません。「恋愛読切祭」での失敗を見ると──彼には『CROW』のような作品しか描けないのでは?

新妻エイジは次回作でスランプになり、落ちぶれてしまう──。どん底の状態から、亜城木夢叶や福田真太との交流で復活するエイジ──なんていう展開も見てみたい!

迫ってきていて 嬉しいです

使徒を食ってる初号機ごっこ」に興じているエイジが笑えます(違うと思う)。コスプレイヤさんは、このポーズをぜひとも習得して欲しい……!

「雄二郎の主観は当てにならない」という事実が、今回の一連の騒動でハッキリしたはずです。それなのに、この場面では服部も亜城木も、アフロからの伝え聞きをそのまま信じ込んでいる。話半分に聞いておいたほうが良いと思うなぁ……。

巻頭カラー 1 位獲れるか

高浜昇陽の『正義の三肩』は、惜しくも 2 位でした。でも、かなり健闘しましたよね。亜城木の元でアシスタントをしていたころからは、考えられないような成長です。

同じアシスタント仲間の加藤奈津実は、高浜のことを どう思っているのだろう? 『BB ケンイチ』の時にも一緒に働いていたけれど、まったく何もなかった。忘れ物を取りに戻ってきた加藤と、高浜が 2 人きりになって──などもなし。

「ジャンプ」の看板作家の 1 人とも言える存在になった高浜と、空気的な存在の加藤──。いつの間にか、差が開きましたね。

加藤:
「(ちっ、あの時 落としておくべきだったか……!)」

初めてですから ………

キラキラした光に包まれた「キレイな高浜」が面白い。初期の「『AKIRA』に出てきそうな やさぐれ男」っぷりは、なんだったんだよ!

港浦編集が言うとおり、連載 2 年以上での 2 位は、本当にすごい。カラーの回で票も集まりやすいとはいえ、すでに亜城木も抜いている。これは、「一大事」と言っても良い状況です。

いつものように、亜城木コンビは無反応ですケド。

「高浜昇陽の活躍で酒がうまい党」の党員としては、うれしい展開でした! しかし、高浜が言うとおり、上の順位は獲り続けることが肝心です。今後も地道な努力を続けて、高浜には次の天下を獲って欲しい。


いよいよ次は、福田真太がエイジに挑む番です。「福田組」の組長としては、ここは負けられない──!

──という展開ですけど、なんだか次のページを見るまでもなく、結果が読めるなぁ……。「ヤムチャ臭」がする。

『ロードレーサー GIRI』は、「王道マンガ」と言えるでしょう。ふと思ったけれど、たまには「邪道」な展開を仕込んでみるのも面白いのでは?

[2] このページの一番上へ戻る