• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 137 ページ 「巻頭カラーとセンターカラー」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 29 号)

Cielos y campos de la pampa Argentina 11 / Skies and fields from Argentina's pampa 11
(黄色い空は──それほど珍しくない?)

カラー扉のアイデアを提案するシュージンの姿が、課題を提出する学生みたいで面白かった。あるいは、営業職のサラリーマン──という感じです。

マンガ家という職業は、接する人間が ほとんど編集者しかいません。「読者にウケるマンガを描くこと」は、いつの間にか「編集者が受け入れやすいネームを出すこと」に なっていく。「編集者へのプレゼン」みたいになるのも、当然のことですね。

ただし、亜城木夢叶は、あくまでもアニメ化と順位に こだわっている。担当の編集者を喜ばせるだけの原稿なんて、いつまでも描いていられません。

『走れ! 大発タント』を連載する直前の、亜城木コンビと港浦とのやり取りは すさまじかった……! 担当者をだましてまで、自分たちの描きたい作品を描く。それが、サイコーとシュージンです。

そのクセは今でも変わらなくて、今回も服部を引っ掛けている。本当に油断なりませんね、亜城木の 2 人は──。

もう 時間がない

このページのシュージンには、「またスランプか?」と思いました。ここまで「面白くなさそうなトリック」を思いつくのも、ある意味では すごい。

大場つぐみさんのネームが、『バクマン。』のコミックスには毎回 載っています。そのネームには、シリアスな場面でもギャグが書いてあったりする。本編はこんなにも面白いのに、ギャグは──思いっきり「外して」いるのです。──今回のシュージンのアイデアのように。

この絵のタッチと構図からすると、映画『バトル・ロワイアル』に出てきた「あの絵」を思い出しました。もちろん、絵の内容は まったく違うけれど──。


服部のセリフは、そのままネタになる:

服部:
空が黄色? おかしいだろ
荒木飛呂彦 先生:
「……」

扉絵なんだから

服部が珍しく全力で、シュージンにダメ出ししています。小学生が主人公のマンガとは言え、本当に小学生レベルのトリックで、ひどすぎるよなぁ……。

「最高→サイコー」・「秋人→(シュート→)シュージン」とシャレのような あだ名の 2 人だから、「名前で遊ぶ」ことに抵抗がないのかも しれません。

全国の青井くんみどりちゃんは、マンガやクイズで自分の名前を よく見かけて、苦笑するでしょうね。方向性が違うけれど、「御手洗さん」も……(『さよなら絶望先生』ネタ)。


カラーは あくまでも 読者サービスということであれば! ──そろそろ暑くなってきたから、安之城舞がプールへ行く話を描いては どうでしょうか!(サービス サービスゥ!) という冗談は さておき──。

「カラーよりも内容で勝負」だと本当に思います。

たとえば、『家庭教師ヒットマン REBORN!』(長っ)のカラー・イラストは、色使いが素晴らしい! エフェクトも色も派手なのに、まとめ方が上手です。カラーの部分だけ切り取って、スクラップしている。

ところが、『リボーン』のバトル展開は、どうにも好きになれません。『BLEACH』も同じような印象です。この 2 作品は、カラーの格好良さが本編に生かされていれば──と思ってしまう。

今回の亜城木夢叶も、「カラー・ページに こだわりすぎて失敗」も あり得えました。もしもそれで新妻エイジの連載が終了したら、悔やんでも悔やみきれません。

渋くてカッコイイな!

さあ、「仕掛けのある絵」が来ました! しかし、そのことを知っているのは、亜城木と読者だけなので、服部は何も気がつかない。

「扉絵は読者へのサービス」というマンガの常識に縛られていると、一段と盲点が大きくなりますね。編集者であれば、なおさらです。ただ、普通に見れば、誰でも下の日付が気になると思うけれど……。

こだわって 正解だったな…

さて、この「カラー扉の仕掛け」とは、何でしょうか?

まず気になるのは、『十字の呪い』という本のタイトルです。「十字架」ではない。十字(クロス)を加える……? それとも、足りない部分が重要なのでしょうか。

あとは、「10 時 00 分」を指している時計も あやしい。本との関連(「じゅうじ」)を におわせます。秒針が「9」(45 秒)の位置にあるのも気になる。

下の「9 日」「00 分」からして、携帯電話の待ち受け画面に見えます。誰かがマコトを撮影したのでしょうか? マコト自身が(鏡の反射を利用して)撮影したかと最初は思ったけれど、角度的に不可能ですよね。

──と、目についた点は全部「形」だけれど、カラーだから「色」も重要でしょう。フタを開けたままの「スプレー缶」がカギなのか?

また、マコトの髪の毛に入ったハイライトが、やや不自然に見えます。よく見ると、床のカゲなどから「窓(の方向)から光が来ている」ことが分かる。それなのに、窓の外は真っ暗なのです。

本や時計よりも、この光にトリックの香りがする……。

いつものように「ヘタな鉄砲」を撃つだけ撃って、答えは出さずに、来週号を待つことにします。何の気なしに書いたことが答えだったら、面白くないし。

[2] このページの一番上へ戻る