• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 138 ページ 「迫力とアイディア」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 30 号)

pulque - from the agave cactus, but less processed than mezcal
謎の白い液体──その正体とは?)

安之城舞のデザインは、「亜豆 +カヤ」といった感じです。でも、どちらかと言うと、「カヤ成分」が強い。今回のミノルと舞との会話なんて、シュージン・カヤの「夫婦漫才」そのものですよね。

サイコーも、亜豆のイメージで舞を描きたいところだけれど、ついついカヤの表情を参考にしてしまうのでは? おそらく、「かわいらしく描く時は亜豆・怒っている時はカヤ」という描き分けをしていると見た!

たとえば、扉絵で舞を描く時は、絶対に亜豆を意識しているでしょうね、サイコーは。

カヤや舞に怒っている印象が強いのは、彼女たちがツッコミ役(というか世話焼き)だから──という一面もあります。同じような話が、現在絶賛発売中の『SKET DANCE (19)』にも書かれているので、要チェックなう、です【PR】。

敵じゃなかったん ですか

「連載を終わらせてくれ」と言ってくる雄二郎こそが味方というのも、異常な状況ですよね。作品を終了することが重要なのではなく、最高の状態に仕上げるため──だからです。

延長に延長を重ねて、しだいに面白くなくなった過去の作品のことを思うと、『CROW』のような終わり方は理想的でしょう。作者が完成したと思った時点で、終わる。本来、作品というモノは、そういう閉じ方をするべきです。

亜城木夢叶や福田真太たちは、『CROW』の終了をジャマしているため、なんだか「悪」のように感じてしまう──。

ところが、エイジにとっては最高の刺激剤となっています。このページでも、雄二郎から亜城木の名前を聞いて、より一段とエイジは燃え上がっている。

同じ世代にライバルがいるのは、本当に良い環境です。

しかし、その下の世代──七峰透や白鳥シュンは、どうなったのでしょうか? 作家の真価を問われるのは 2 作目です。この 2 人も、次の作品で真の実力を見せて欲しい。

──まぁ、亜城木先輩は、連載 2 作目の『走れ! 大発タント』で失敗したけれど。

今回の原稿 凄いですよ

エイジの仕事場に続いて、亜城木の仕事場でも、久し振りにアシスタントたちの出番が来ました。3 日間くらい煮込んでもアクが出続けるくらいに個性的な 3 人なのに、最近は すっかりおとなしい。折原も森屋も、マンガ家デビューは あきらめているのかな?

皮肉屋の森屋まで、今回の『PCP』はベタ褒めです。そうとう完成度が高い証拠ですね!

「不幸の嵐を呼ぶ女」という異名で(このブログでは)有名な加藤も、絶賛しています。そう言えば、彼女が復帰してからも、とくに悪いことは起こっていませんね。『PCP』の模倣犯・シュージンのスランプくらいです。

彼女の力は、こんなモンじゃないぞ……!

招待 と 正体を かけてるんだ ろうな

『PCP』の原稿が掲載されました! 今回の『バクマン。』は、久しぶりづくしですね。

Σ(シグマ)から届いたのは、「正体状」でした。このセンスからすると──、シグマの正体は、マコトたちの同級生なのでは? あるいは、小学生向きの「問題」を出しているところからして、学校の先生か──。

いずれにせよ、シグマは同じ学校にいるのでしょう。


自分は、カメラと撮影が大好きで、愛機・Canon EOS 7D を発売直後に入手して以来、ずっと溺愛中なう、です。

Canon EOS 7D でポートレイト撮影するための便利な機材 : 亜細亜ノ蛾

人物の撮影が、とくに面白い。フォト・ブログは まだ作っていませんが、自分が撮影したポートレイトは、下のリンクから見られます。お手すきの時にどうぞ──。

あじもすの画像検索結果 - コスプレCure


──と「自分語り」を急に長々と書いた意図は、「男子が、男子の写真を撮る状況って、そんなに多いのかな?」という疑問からでした。自分の場合は、98 割が女性の撮影です。これまでも、これからも。

しかも「悪ふざけで撮ったオモシロ写真」ではなく、このマコトは格好いい! ミノルは写真のセンスがありますね。それにしても、友だちの部屋で、おそらくポーズも要求して撮るなんて──。

安之城舞:
「(マコトとミノル 仲が良すぎよね…… まさかっ)(腐)」
マコト・ミノル:
「どうしたんだ? 顔が赤いぞ(ぴったりと肩を組みながら)」
安之城舞:
ガチじゃねーか!」

デジカメ なくなったって ……

シグマは、ミノルの落とし物を拾って、さらに教室まで届けてくれたようです。この学校にいる人物なのは、もう間違いありません。

デジカメの中身を勝手に見たのも、持ち主を調べるためと思われます。このように、シグマに関しては「悪いことをする人」とは描かれていません。明智とは違う意味で、PCP のライバル・キャラなのでしょう。

この時点で、シグマの目撃者を捜さないのは、ちょっと引っかかりますね。落とし物を返しに来た姿は、誰かが見ていると思うのですが──。

9 日… 00 分?

PCP と一緒に、読者も「正体状」の謎に踏み込んでいきます。

写真のウラに書いてあるメッセージだけではなく、このページでもこの写真からの「から」に点を打って強調しているところが、最大限にアヤシイ! 自分は、「から」→「空」→空の色がヒント──かと思っていました。

これだけやって「恐怖のナポリタン」(けっきょくオチなし)だったり、普通に「マコトの部屋」でシグマが待っていたりしたら、ちょうウケるんですけど。

シグマ:
「もしもし、あたしシグマさん。ずっとマコト部屋にいたの……いたの……」

ミノルが写真を撮ったのは今朝ということは、その日のうちに、デジカメを拾って→画像をコピー・加工して→カメラを返し→招待状を届ける──仕事が早すぎだろ! シグマは、DTP のプロだな。

なんだか、本当に「マコトの多重人格説」が有力な気もしてきました……。

[2] このページの一番上へ戻る