• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 140 ページ 「限界と火の鳥」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 32 号)

rosalind
(新しい星は──いまも生まれ続けている)

今週の「ジャンプ」は、『バクマン。』が表紙でした! ──まぁ、「今週」というか、先週の土曜日に出ていたんですけどね……。

各キャラクタのお面を主要人物たちが かぶっている──という楽しい表紙です。クロウは(売れているから?)納得の完成度ですが、マコトは「コレジャナイ感」が漂っている。屋台でよく見る「ビミョウに似ていない お面」の感じがよく出ていますね。

新妻エイジが着ている浴衣には、マンガの「吹き出し」がデザインされている。これは実際にありそう。海外の有名ブランドが出していても、不思議ではありません。日本で堂々と着られるかどうか──は別として。

エイジなら やりそうな気も

世に出たマンガで 1 番のものを 描くという予告は、シュージンから見ると、エイジには あまり似合わない発言でした。エイジが『CROW』で 1 位を獲り続けたのも、最高の状態で作品を終わらせるため──だとシュージンは思っている。

世間での人気やハヤリに流されず、自分の好きなマンガを描くという自由さが、エイジの魅力だと思っている読者も多いでしょう。自分もそうです。

ただ、初登場の時からエイジは、「ジャンプ」で 1 番の作家になった時の「権限」要求していました。そのあとも、「アシスタントたち」がいる前で、1 番人気の宣言をしている(『バクマン。 (3)』)。あの時には、サイコーもいましたね。

エイジはずっと、No.1 志向が強かった。ただしそれは、「ジャンプ」の中での話です。まさか世界を狙っているとは、亜城木夢叶も自分も思っていなかった──。

「町内で こぢんまり→全国一→世界へ!」という流れは、「ジャンプ」の伝統芸ですけどね。いや、日本の作品には、こういった展開が多い。いわゆる「セカイ系」もその一部と言えるでしょう。


世界中で 1 番のマンガとは、どんな作品なのでしょうか──? 亜城木のアシスタントたちが語り合っています。それぞれの性格がよく出ていて、なかなか面白い。

加藤や折原が挙げた作品名は、おそらく自分の好きな作品でしょうね。ところが森屋は、好きな作品と すごい作品では また違って きますが──と前置きしている。これは確信をついた意見だと思いました。

「ジャンプ」のアンケートでは「面白かったマンガ」を聞いている。年少者が「笑ったマンガ」を選ぶ意外は、「好きなマンガ」に投票するでしょう。

しかし、「1 番すごかったマンガ」を聞いたら、別の答えになるかもしれない。「面白い」「好きだ」「笑えた」──だけではない価値観が、その作品に含まれているかどうかを考えるからです。

──そう考えると、多くの人を魅了しながらいまだに連載が続いているガラスの仮面』は、十分に「すごいマンガ」と言えますね……!


サイコーとカヤの動きがシンクロしていて、なんだか面白かった。この 2 人は、なぜか妙に似ているんですよね。たまに、姉と弟かと思ってしまう。シュージンが長男の 3 人兄弟──と言っても違和感がありません。長く一緒にいるからですね。

シュージンもカヤも、この場に亜豆が増えることを望んでいる。それは、いつのことになるのか──。

その夜 眠れなかった

今回は森屋秀二が良かった! これまでの理屈っぽいクドクドした話し方ではなく、するどく的を射た言葉を発しています。彼と白鳥シュンとの「なかよくケンカ」する姿を、また見てみたい。

森屋の言うような、親から子どもの世代へと語り継いでいくべき作品が、名作マンガです。「世界で一番すごい作品」は、その中に入っていると見て間違いない。

では、「人生の素晴らしさを描いた感動作」や「人の世の悪を訴える問題作」みたいな作品を残すべきかというと──、そうでもありません。単純な娯楽作品だって、人の心を動かせば、いつまでも残るはずです。グリム童話や『桃太郎』を見れば分かる。


作品のランキングづけについては、自分も森屋と同じように疑問を持っています。

雑誌やウェブでの数字だけで作品を語る人がいる。「売れているか どうか」だけで、作品の良し悪しを判断する人も多い。そして、そんなエセ評論家たちの言葉を信じて、手に入れる作品を選ぶ人までいる。

自分の目で見て・頭で味わったほうが、面白いのに。

なんか暗いんだよね

港浦が一段と嫌いになりました。今回の彼は、とくにひどい。初登場のころから人間的に嫌いな人物でしたが、マンガへの情熱を感じさせる場面で、すこしは見直しました。──それも遠い昔の話です。

岩瀬に対して港浦が意見できるようになったことは、編集者としては良い傾向ではある。しかし、「新妻エイジが面白くないと言っていた」ことを、そのまま岩瀬に伝える無神経さが理解できない。そんなことを聞かされて、やる気になる性格かどうかも見抜けないとは……。


いつも強気で上から目線な岩瀬だけに、暗く沈んでいる顔にドキッとしました。正直なところ──、非常に魅力的な表情だと思う(小畑先生、グーです!)。それでも、私も絶対負けない! のころの岩瀬に戻って欲しいです。

バクマン。 #98-3 「握手と手直し」 絶対負けない! と不動の 4 位 : 亜細亜ノ蛾

ホントすごいよ「CROW」は!

港浦編集の失言は止まらない……! 自分の担当している作家に向かって、無関係な作品の話を延々と語っています。これ、何の意味があるんだろう……。

担当替えしないかな──と真剣に願いました。

たとえば、山久編集は岩瀬と相性が良いと思う。相手の良い部分を持ち上げつつ、売れる作品へと誘導するのが上手な山久なら、「作家・秋名愛子」の能力を十二分に引き出せるはずです。

また、蒼樹紅の担当が港浦になっても、デメリットはすくないと見ている。なぜなら、編集者を頼らなくても、蒼樹は自分で道を切り開けるからです。──いざとなれば、平丸や福田の力も借りられるし。


岩瀬の中で美化されているシュージンが笑えます。たしかに、彼女の前では いつも、シュージンは格好良かった。

興味深いことに、カヤに対するジェラシィは、岩瀬の中は ないようです。これは中学生のころからでした。普通に考えれば、すべての不満がカヤのほうへ向かって行っても、おかしくはありません。

岩瀬にとってシュージンは、恋愛の対象というよりも、励まし合い・競い合うライバルだからでしょう。あくまでもシュージンの才能にホレている──ということです。

全てパッとしない

『CROW』に続く作品が すぐに作れたら、苦労はありません。吉田も相田も、自分でそれを分かっていながら、声を張り上げているのでしょうね。

また、読み切りだけ面白い作品を載せてもダメで、連載につなげる必要があります。「1 話限りの面白い短編」を作っても仕方がない。この条件は、マンガの可能性をせまくしていると思う。

「一話完結型の新連載」も、「ジャンプ」では長い間 出ていません。もしかして、『いぬまるだしっ』が最後なのでは?

うすた京介さんの復帰を強く願います……!

「一話完結 = ギャグ」という風潮も、この際だから一新して欲しい。『孤独のグルメ』のような ゆったりした作品や、『アウターゾーン』的なホラー作品など、いくらでも可能性はあります。


かつての超新星──こと七峰透は、どうしているんだろう……。そもそも、今後も「ジャンプ」で作品を描けるのでしょうか? 編集部をさわがせた度合いでは、師匠の亜城木大先生のほうが上だから、大丈夫かな。

七峰と二人三脚で作品を作っていく──という決意を胸にしていた小杉編集が、「次の超新星」を待っている。これがものすごく悲しかった……。

[2] このページの一番上へ戻る