• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 142 ページ 「新人とベテラン」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 34 号)

Sagami Ningyo Shibai (Japanese Puppet Show)
(彼らにも──泣きたい時もある)

中井巧朗は絵が上手なのに、キャラが作れない。それが彼の弱点だ──といった場面が出てきました。彼と同じような人も多いでしょうね。このことについて、思ったことがあります。

マンガの登場人物を考えるのは、マンガ家の仕事と決まっている。これは当たり前のことです。同じレベルで当然のこととして、アニメにはキャラクタの原案が ついている。マンガにも、この分業を もっと取り入れて良いと思う。

アニメのコミカライズが近いでしょうね。それに、登場人物の原案を考えた人と、作画の担当者・原作者が別の作品も実際にあります。しかし、大ヒットした例が あまりにもすくない。最近では、コミック版の『魔法少女まどか☆マギカ』くらいでしょうか。

あと、デッサン力は あるのに人物が描けないのは、中井が本質的に人間嫌いだからだと思う。「人物は上手だが、背景は(嫌いだから)描けない」マンガ家のほうが多いはずです。

やられたって気分

『ぱんちらファイト』を読んで、シュージンが興奮している。奥さまの近くで「えっちなマンガ」を読む──という平和な日常です(?)。

当然のように、カヤは気分が悪そう。ただ、結婚相手へのヤキモチに似た怒り方ではなく、ちゃんとしたマンガの批判をしています。カヤの感想は、一般的な女性読者と同じでしょうね。彼女の意見は客観的なので、もっと聞き入れたほうが良いと思う。

カヤの反応からも分かるように、編集部でも大評判の『ぱんちら』は、女性の票が集まりにくい──はずなんですよね。女性の読者が多い(asiamoth 調べ)『初恋限定。』とは大違いです。


「中学生の修学旅行か!」みたいな話で盛り上がっている高木夫婦です。さりげなく、真城くんと言うシュージンがツボでした!

しかし──、そろそろ読者も「ミホ」のことを忘れていそう。それどころか、もしかしたら作者も……。

大場つぐみ:
「アズキミホ……? ちょっとビミョーなキャラになってきたぞ」
小畑健:
「エ~!? 亜豆美保なんて、めちゃくちゃメジャーなキャラじゃないんですかぁ」
大場つぐみ:
「おさげのヤツ?」
小畑健:
「いや、それ加藤」

参考: 鳥山明とは (トリヤマアキラとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

冗談抜きで、大場さんはストーリィ優先でキャラを動かしていると思います。そのため、忘れているというか、「出さないと決めた人物」が大半になると思う。

おじさんが 生きてたら

前のページからサイコーがヘンです。いつもの「顔芸」というレベルを上回っている。亜豆と会えなさすぎて、とうとう「恋愛廃人」になってしまったか……。

サイコーも服部も、読んで状態異常を起こすマンガというのも すごいですね! 明らかに「黒幕」のおかげだけれど──、東の画力があったから成功したとも言える。

七峰透の話でも思ったけれど、「マンガ家とは話を考える人」という視点に立ちすぎている気がします。そうなると、作画の担当者──サイコーや東だけではなく、小畑健さんにも失礼に感じてしまう。

今回のシリーズの落としどころは まだ見えてきませんが、「原作が面白ければ、作画は誰でも構わない」という結論へ向かわないかが心配です。デビュー前の作画志望者が、そう思いこんでしまうのでは?

でも、それが悲しい真実なのかもしれない──。


昔の東が描いた『LOVE ME どう?』というタイトルを聞いて、『魔法少女まどか☆マギカ』のファンとしては「さやかーーーーーっ!」と叫びたくなりました。でもこのネタは、『まど☆マギ』好きでも知っている人は少数だろうな……。

続・pixiv の投稿から『魔法少女まどか☆マギカ』のイラストを紹介 : 亜細亜ノ蛾

ただの エロマンガでも、実用的──もとい、面白い作品は いくらでもあります。シュージンの感想からして、「非実在青少年艶本」として純粋に読んでも、よっぽど つまらなかったのでしょうね。検証のために熟読してみたい。

どうしたら 「ジャンプ」で ウケるか

おそらく『ぱんちら』の話は、東と電話で話していた人物(と協力者?)が考えたのでしょう。

不思議なことに、「東美紀彦に原作者がついた」とは誰も考えていません。サイコーが言うように そうとう研究したという結論になるのは、かなり不自然です。しかも、原作者であるシュージンに向かって その話を言うのはシュールすぎる。

もしも川口たろう が生きていて、「黒幕」のおかげで連載を持ったら、サイコーは どう思っただろう? 自分と同じように、原作者つきで戦っている──と納得できるでしょうか……。


ドラマの開始直前であるため、高浜昇陽の『正義の三肩』が表紙を飾っています。かなり絵が うまくなっていて、師匠の亜城木に近づいている。ちょっと あか抜けていない絵柄なのは、高浜の持ち味ですね。

高浜たちのことをメディア化組とシュージンは呼んでいる。しかし、『PCP』もドラマ CD になっています。『PCP』の熱心なファンは、CD の続編も出ず・アニメ化もないことに、かなり不満を感じているでしょうね。

アニメになってガッカリするよりは、数倍はマシだと思うけれど……(特定の作品を指しているわけではありま、すん)。

ノリノリ ですね

「ペンが入っている」感じの高浜です。ドラマ化の効果でも良いから、1 位を獲って欲しい!

アシスタントとも良好な関係のようで、この「高浜昇陽を応援するブログ」管理人としては、この上なく うれしい状況です(そんなブログだったっけ?)。

そう言えば、もう高浜は二度と、女性のアシスタントを雇わないだろうなぁ……。すくなくとも、男女を同時には働かせないはず。

「『To LOVEる』とは縁遠いトラブル・メーカ」中井巧朗と、「不幸をまき散らす魔性の女」加藤奈津実を同時に雇っていたなんて、それだけで ひとつの伝説です。やっぱり、高浜は すごい!


その中井は、何食わぬ顔で──いや、ピザを食いながら平丸の所で働いている。高浜が知ったら、どう思うだろう。──どうも思わないだろうな。

中井にはピザが必要だけれど、平丸はエサもなくマジメに働いている。かなり成長しましたね! しかも、これだけイヤイヤ描いていて、軽~く 4 位を獲るとは……。このページを やぶりそうになった作家も多いはずです。

平丸一也は、女性向けの絵柄も習得している。『僕には通じない』は、完全に「フ」向けのマンガになっています。たとえば、蒼樹紅が「そっち」の趣味もあって、『僕通』の熱心な読者になったら面白い。

映えるキャラ作り

蒼樹紅の姉・「恵梨子」の存在が急に語られました。吉田の言うことだから、どう聞いても あやしい。本当に実在するのでしょうか?

このページを読んだ時点では、「蒼樹に頼んで変装(ほくろのメイク)してもらう」のかと思いましたが──、そんなことを彼女が引き受けるわけがない。『銀魂』だったら、すでに蒼樹も吉田の手で調教済み(ごくり……)という展開も あり得るけれど。

ということで、何から何まで吉田のウソなのかも。

[2] このページの一番上へ戻る