• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 143 ページ 「お金とリサイクル」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 35・36 合併号)

Flying Dog vs. Tennis Ball
(空を飛ぶ能力! ──が欲しかった)

ダブル服部ーズは、「のんびりと牧場でミルクを絞っていたら、どこからか犬が純金の靴を拾って来た」みたいな、ノンキな話をしています。それは偶然でも何でもないし、むしろ良くない できごとの始まりに思える。

当事者だからこそ、その不可思議さに気がつきません。

読者から見れば、何やらウラで進行していることが丸わかりです。昔の作家や「ジャンプ」編集部を巻き込んだ、大きなプロジェクトが動いている。

すべては、亜城木夢叶を倒すために──。

その線 あると思うんだ

亜城木や既存の作家たちに一番ダメージを与えるのは、「本当に面白いマンガを発表すること」です。

『シンジツの教室』や『有意義な学園生活に必要なそれ』のような「寄せ集め・詰め込みすぎマンガ」ではなく、大人数で作っているメリットを最大限に発揮して、完成度の高い作品を作る──。

響たちが実行している計画は、不正行為では ありません。ギリギリ正攻法だから、やられた側も正々堂々と勝負するしかない。

たとえるならば──、バトルマンガのボスキャラが、努力して伝説の武器を手に入れ・日々の鍛錬を怠らず・民衆の支持を得て、大勢で主人公たちに攻め込んでくるようなものです。勝てるはずがないし、どちらが主人公か分からない。

──というのは おそらく過大評価で、これからだんだんと策略のアラが見え始めるのでしょうね。万全に見える計画ほど、崩れた時の衝撃が大きい。それは『DEATH NOTE』で大いに学習済みです!


新妻エイジが言う使い捨てという言葉も、不吉な展開を思わせる。「ジャンプ」編集部への批判やエイジなりの皮肉──と服部は受け取りましたが、実際は どんな意味で言っていたのでしょうか?

『バクマン。』の中でエイジは、「世界一の名探偵」です。彼のことだから、東や新井たちの持ち込みと雄二郎の様子から、影で動く人間の存在は探り当てたでしょう。リサイクルは いいことです! というセリフにも現れている。

ただ、そこから「東・新井などのマンガ家を、響たちは使い捨てにするつもりではないか」までは読めないと思います。いくら何でも超能力すぎる。だから、何か別の意味で言ったのかな……。

まぁ、完全に超能力者としてエイジを描いているから、これくらいはお見通しかもしれませんね。あるいは、最近のエコロジィ事情について、雑談しただけだったりして。

もう一度練り直す

念には念をねんのねん! というくらいに(?)、響たちはネームに力を入れている。原作者たちだけの自己満足で終わらせず、絶対にモニタを とおすところがポイントです。徹底している。

響や上の者にはマンガを見る目がないから──とも言えるけれど、客観的な意見は常に必要でしょう。「アンケート至上主義」の雑誌で描くなら、とくに重要です。

いまのところ、どこにも欠点が見当たらない!

ご苦労様です

ついに七峰透が登場しました!

──と見て、間違いないですよね……。疑り深い自分だから、まだ「七峰率 98%」くらいに思っている。なにしろ、怪しげな社名の会社で彼の「パパ」が働いていましたからね(父親かどうかすら疑問視)。コミックスが出るまで、この話題は しつこく引っ張りますよ!

バクマン。 #143-1 「お金とリサイクル」 アルバイトとカラスマン : 亜細亜ノ蛾


「社長」が七峰透だとすると、Perk が誤字(しつけぇ!)というくらいにハッキリしていることが、1 つあります。それは──、

小杉の熱血編集ぶりは無意味だった。

編集者と二人三脚で作品を作っていく──なんて、もう完全に七峰は考えていません。いまのロンドンに貴金属店を建てて大もうけを目論むような、せつない夢物語です。そんな時期は、もうとっくに終わっているんだ──。

Togetter - 「FumiHawk氏による『ロンドン暴動』の分析・考察」

彼等 本当にすごいですよ

七峰透という人物は、あまりにもハイスペックすぎる!

新妻エイジは、「『ジャンプ』で天下を取れるほど面白いマンガを描ける」という能力のほかに、「洞察力が するどい」という特長があります。ただ、この点もマンガに生かせるため、マンガ家にふさわしい人物と言える。

七峰の場合は、「斬新なアイデアを生み出す頭脳」と「人を束ねるカリスマ性」・「(親の)資金力」という力を持っています。これらは、プロデューサに向いているでしょう。

それとは別に、「絵が上手」という技能を七峰は身につけています。──このたった 4 文字を手に入れるために、人はどれほど努力が必要か……。たぶん、亜城木を目指して、七峰も必死に努力をしたとは思う。

その才能を手放してしまうのは、非常に惜しい。

どうも自分は、七峰が上手な絵を描けるという点に、引っかかりを感じています。もともと絵の才能に恵まれたサイコーでも、マンガの絵を習得するまでに努力したことを知っている。だから、それを かんたんに捨てられることが信じられないのです。

なぜか今の職務が板に付いている響のように、マンガをもう一度 描きたいとは思わないのでしょうかね、七峰は。


昔の自分は、原作者のことをマンガ家とは認めていませんでした。「マンガ家は、ペンを握っている人のことだろう?」と。

もちろん、いまは違います。大場さんやシュージンのことを、完全にマンガ家だと思っている。

しかし、七峰は──マンガ家と言えるだろうか。自分では話を考えず、絵も描かず、採点すらしない。カリスマ性を生かしたプロデュースすらしていません。「社長」としか言いようがない。

これで成功して東たちが「ジャンプ」の頂点に立ったとしても、「七峰が亜城木夢叶に勝った」とは ならないでしょう。

──いや、AKB48 の成功を考えると、断言が難しいな……。彼女たちの歌唱力や演技力だけで日本のトップアイドルになったとは、誰も思っていないだろうし。

すくなくとも、今回の冒頭で語っていた『少年ジャンプ』という 雑誌で 1 番の マンガ家になるという言葉と、七峰の現在の地位とは、一致していませんね。「1 番の作家を作り出す」と言えるくらいです。

[2] このページの一番上へ戻る